今月の見出しの写真はハギ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



里山の秋
里山のヒガンバナ
里山の秋20170921-3719_convert_20170921172414

昨日の朝は、気持ちがいい秋晴れでした。
空は高く、青空にすじ雲が広がります。
日差しは強かったですが、時折吹く風は冷たく、秋を感じる気候でした。

里山の田んぼのに脇には、真っ赤に彩るヒガンバナが満開です。
こんな日こそ、ヒガンバナ撮影日和です。

毎年、訪れるこの場所。
といっても、我が家から車で10分です。
川向うに、綺麗なヒガンバナが咲くところがあり、毎年気になっています。
しかし、どこを探してもそこに行く道がありません。
どうも、民家の軒先を通るしかありません。
そうこうしていると、ちょうどその家の奥様が出てこられ、撮影をお願いしてみました。
聞くと、やはりそこは私有地。
その家の庭先のような場所でした。
奥様に案内され、待望の撮影場所に。
いい景色を撮影させていただき、ありがとうございました。

里山の秋20170921-3775_convert_20170921222305

里山の秋20170921-3757_convert_20170921172426

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真


彼岸花
ヒガンバナ
ヒガンバナ20170919-3706_convert_20170920080508

暑い夏でしたが、いつのまにか季節は秋。
朝晩、めっきり涼しくなり過ごしやすくなりました。

近くの川土手に、もうヒガンバナが咲いています。
今年はちょっと早いのかな?
例年なら、五島列島福江島に出かけている頃ですが今年はパスです。

その川土手には、白いヒガンバナが何か所かに見られます。
なかなか見れない白花ヒガンバナですが、家からこんな近くに咲いているとは幸運です。
背景を暗く落とすと花が浮かび上がりますが、暗いイメージになります。
そこで、今年の撮影は白花をハイキー調に撮影してみました。

ちなみに、白花ヒガンバナの花言葉は
            『思うのはあなた一人』
           『また逢う日を楽しみに』

                               だそうです。
白花ヒガンバナ
ヒガンバナ20170919-3693_convert_20170920080532

4K動画より切り出し画像
ヒガンバナ20170919-17_convert_20170920084946


ヒガンバナ20170919-3688_convert_20170920080545

4K動画より切り出し画像
ヒガンバナ20170919-19_convert_20170920085037

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


赤蕎麦のお花畑
赤蕎麦の赤い花が満開でした
赤蕎麦のお花畑20170908-9965_convert_20170910092919

昨年は行きそびれた赤蕎麦の撮影。
今年は、ちょっと早めに満開と聞いて行ってみました。

未だ暗い早朝に到着するも、すでに5台もの車が停車しておりカメラを構えている方もおられます。
皆さん、朝焼けと赤蕎麦のコラボレーションを狙っての撮影です。
カメラには、高価なハーフNDを付けて色づく夜明けを待ち構えておられます。
しかし、この日の朝焼けは私を含め皆さんの期待には副ってくれませんでした。

気を取り直し、少し離れた高木さんの赤蕎麦畑の撮影に行きかけたら。
ちょうど高木さんが出てこられ、少しお話をお聞きしました。
今年は、少し早い目に植えられたそうで今が満開となっていました。
肥料も多く与えたとのことで、育ちもよく立派な赤蕎麦畑となっていました。
赤蕎麦といえばお隣の島根県吉賀が有名ですが、今ではその赤蕎麦の育ちも悪く見るに忍びない状態です。
それを見たTさんが、それではこの地にと高価な赤蕎麦を植えられたようです。
今では、この北広島八幡地区ではあちらこちらで赤蕎麦の畑が見られます。
これからも北広島町の名物として赤蕎麦を育てていただきたいものです。

高嶺ルビーの花
赤蕎麦のお花畑20170908-0029_convert_20170910093003

アカソバの花が咲く光景
赤蕎麦のお花畑20170908-9989_convert_20170910093029



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真


ルリモンハナバチ
ハーブ(ローズマリー)の花で吸蜜するルリモンハナバチ
ルリモンハナバチ20170901-3202_convert_20170902102635

久しぶりの更新です。
今回の話題は昆虫です。

8月、昨年撮影した青いハチ(ルリモンハナバチ)を、今年も今か今かと待ち構えていました。
しかし、現地を訪れると斜面一面に咲いていたキバナコスモスは一輪もなく、斜面の土が堀返されていました。
おそらくイノシシの仕業でしょう。
これでは、ハチたちはやっては来ません。
今年は撮影できないと諦めていた時でした。
そこに、友人から吉報が入りました。
『ルリモンハナバチが居るよ』
早速、私は現地に出向きました。

彼は、何とハーブの花に飛来していました。
これは、あの”脱法ハーブを吸引しているのか?”
いいえ、この花は”ローズマリー”というハーブでいい香りがする小さく可憐な花の蜜を吸っていました。

花が小さいためか、その動きは速く、ピントが合った瞬間画面から消えてしまいます。
一緒に撮影されていたカメラマンさん達も四苦八苦です。
昨年のキバナコスモスに止まるルリちゃんと大違いです。
結局、『数打ちゃ当たる』方式で歩留まりが悪い撮影となりましたが、
何とかピントが合ったコマもありました。

綺麗なハチですがその口は鍵爪のような鋭い形をしています
鋭い形をしていますが構造は蜜を吸うためにストロー状になっています
ルリモンハナバチ20170901-3286_convert_20170902102709

翅をバタつかせなかなか止まってくれません
ルリモンハナバチ20170901-3335_convert_20170902102758

飛んでいるシーンをがんばりましたがピントは甘くなります
ルリモンハナバチ20170901-3431_convert_20170902102826

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真


MIDIコントローラーでLightroomの操作
MIDIコントローラー”WORLDE_EasyControl_9”
(注:スイッチはPhotoshopにて着色してあります)


今回は、MIDIコントローラーの続編です。
取り合えず3種類x9個のボリュームやスライダー、スイッチでLightroomの主要コマンドをアサインしたがやはり物足りない。
このままだと、何のために安価な国産のKORG:KORG USB MIDIコントローラー NANO KONTROL2を購入せず、
多くのスイッチがアサインできるこの製品を購入したのかわかりません。

そこで、中国杭州にあるこのメーカーから取説をダウンロードしてみました。
当然、中国語と英語の取説しかありません。
早速英語版をダウンロードし見てみると、実にそっけない取説です。
その中に、”EASYCONTROL softwareEditor”なるものを使ってセッティングができるとあります。

そのエディターをダウンロードし実行させてみました。
しかし、そのエディターなるものの説明書もなく使い方がわかりません。
不親切な対応には困ったものです。
日本の製品では考えられません。
こんな不親切なサポートだから、このMIDIコントローラーは日本では売れていないのでしょう。

そこでくじけてはいけません。
お盆で、しばらくこの設定について何もしていなかったですが、やはり気になります。

ある日目覚めた時ひらめきました。
やっとのことで、コントローラに各スイッチの設定方法がわかりました。
その後、MIDI2Lrで各ボリュームや、スライダー、スイッチの割り当てを行います。
各BANK(SCENE)の設定は下記のように割り当てます。。
  Bank1(SCENE1) = 現像で使うベーシックなコマンドの割り当て
  Bank2(SCENE2) = HSL関係の各色の彩度調整を中心としたコマンドの割り当て
  Bank3(SCENE3) = HSL関係の各色の輝度調整を中心としたコマンドの割り当て
  Bank4(SCENE4) = HSL関係の各色の色相調整を中心としたコマンドの割り当て

ボルームやスライダーはLightroomの各パラメータの数値変更に用い、
その列のスイッチはその数値のリセットとすることにしました。
設定したコマンドは110種に及びましたが、主なキーにはその色に対応したカラーラベルを貼り、
わかりやすいよう工夫しました。
しばらくこの設定で使用し、また追加や変更箇所があれば修正したいと思います。

これらの”MIDIコントローラーでLightroomの操作”については、
下記のブログを参照し貴重な情報をいただきました。
TPB
studio9
非常に参考になり、ありがとうございました。
興味がある方はご覧ください。

各種スイッチのコントロールナンバーはこのようになっています
WORLDE_EasyControl_920170810-9_convert_20170810205501.jpg

EASYCONTROL softwareEditorの画面
Editor1_convert_20170810205614.jpg

MIDI2Lrによる各スイッチの割り当て
MIDI2Lr20170808-_convert_20170818133617.jpg

各スイッチとLightroomのコマンドのアサイン表
*2017年8月20日現在のものです
MIDI設定リストjpg

カラーラベルをスイッチに貼り、操作をわかりやすくして完成です
WORLDE_EasyControl_920170818-4218_convert_20170818125234.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真