今月の見出しの写真はクロツラヘラサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



動画編集ソフトウエア
DaVinciResolve(左側)・EdiusPro9(右側)
動画編集ソフト20180124-4908_convert_20180201103224

1月は”あけおめ”記事から全く更新ができませんでした。
これと言って撮影にも行かず、記事にする話題も見当たらずでさぼっていました。
友人から、”心配メール”や”大丈夫?電話”がかかり、心配していただきありがとうございました。
本人は、風邪を一度引きましたが至って元気です。
また、更新のないブログを多くの方々に訪問いただきありがとうございます。

と、言うことで今年は動画に力を入れるための第一弾。
私が使っている動画ソフトの紹介です。
今現在、上記2つの動画編集ソフトを使っています。
使っていると言うよりか、持っていますと言ったほうが正しいレベルです。

この2種の動画編集ソフト、アマチュアの私が使うのも難しく現在日々勉強中です。
中でも、DavinciResolveなるソフトウエア映画製作にも使われているすごいソフトウエアなのです。
BlackMagic社が出しているのですが、昨年の4月までは約\120,000もした代物です。
しかし、シェアーアップを図るため約\35,000ぐらいに値下げしました。
これは、無償版もあり結構な処理ができるのですが、ノイズ処理やいろいろな機能を使いたく、
思い切って有償版を購入した次第です。
これならと、昨年夏に購入しましたがマニュアルもなく、
使い方が全く分からずYOUTUBEの分からない英語のTips等でひたすらセルフトレーニングです。

このソフト、何がいいかというと静止画で使っているあの”ADOBE-Lightroom”や”Photoshop"のような機能が満載なのです。
このような操作は、動画の世界ではグレーディングと呼ばれ、色味、コントラスト、ハイライト/ダーク補正、シャープネス、
ノイズ補正と、静止画の現像処理のような補正ができるのです。
いわば”動画用Photoshop”のようなソフトなのです。

画像の現像を楽しんでいる私にとって、もってこいのソフトなのです。
未だ、かじった程度の知識しかありませんが、どうにか動画の色味調整が思った通りできるレベルになりました。
Photoshopもそうですが、この優秀なソフトウエアを使うには自分には”もったいなさ”があります。
しかし、日々勉強して少しでも使いこなせるようにしたいと思っています。

余談ですが、私のパソコンは4コア8スレッド6700Kの6世代CPUですが、これでも全くスムーズな処理ができず、
最低でも6コア12スレッド級で7世代以上のCPUを使ったパソコンが必要となります。
まだ、そこまでは手を出せません。

ダビンチリゾルブのカラー調整画面です
DaVinciResolve1420180128-2018012816214381_convert_20180201103106.jpg

ノードと呼ばれる各処理を連結させ画を調整します
(Photoshopでいうレイヤー機能のようなものです)
DaVinciResolve1420180128-2018012817232738_convert_20180201103139.jpg

プライマリーホイール項目で色味やコントラストを調整します
DaVinciResolve1420180128-2018012817203109_convert_20180201103119.jpg

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ


あけましておめでとうございます
ハヤブサ(背景合成写真です)
年賀20170319-_convert_20180104093334

皆さん、あけましておめでとうございます。
昨年は、多くの方に訪問いただきありがとうございました。
気ままな更新ですが、今年もいろいろな話題を記事にしたいと思っています。

昨年春に、4k動画を撮影できるPanasonic-GH5を入手し4k動画といろいろ試行錯誤し撮影しましたが、
4k動画となると、データ量が半端なく大きく我がパソコンでは編集どころかスムーズな再生すらできません。
それに、動画の世界も奥が深く難しいものがあります。
今年は、もっと動画に力を入れ撮影しようと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


サンカノゴイ
抜き足、差し足、忍び足・・・
サンカノゴイ20171205-6711_convert_20171207184153
長年鳥を見ていますが、まだまだ見ていない鳥も多くいます。
その一つがこのサンカノゴイです。
体長は、70cmとコサギよりも大きくチュウサギぐらいある大型のサギの仲間です。
葦原がある湿地に、生息しているようですが数はあまり多くない水鳥です。
結構姿を現すと聞いて、友人と行ってみることにしました。

その日のお天気はまずまずでしたが、時間とともに北風が強くなり時折小雪も舞う典型的な冬型のお天気でした。
二人とも、寒さで鼻水をすすりながらの撮影です。

サンカノゴイは、忍者のような鳥で全身アシ模様の衣をまとい、動かないとその存在がわかりません。
自然界での生き物のカモフラージュは、半端ではありませんね。
池の中の魚を狙って、アシの間を大きな足で(ちょっとした親父ギャグです)ゆっくり、ゆっくりと動きます。
葦原の中は小魚の隠れ家となっており、彼らにとってはいい漁場なのです。
このサンカノゴイ、この日は3羽同時に見れるラッキーな日でした。

カメラのファインダー越しで探していると、急に右側からサンカノゴイの姿が飛び込んできました。
すかさず、その姿をフォローしシャッターを切ります。
もちろん、私は人がいいので『サンカノゴイが飛んでいる!!』と、近くにいた皆さんにも教えたあげます。
しかし、このサンカノゴイ、背景のアシと同化し、飛んでいる姿をなかなか発見できません。
結局、友人たちは不時着寸前に姿が見えた様でした。

してやったり!!と、早速画像を確認すると真っ白け。
何じゃこれは!!
あ~、何と”ss1/500、f5.6”で撮影しております。
これじゃ、2段もオーバーで真っ白けの画像になっていました。
『誰や、カメラを触ったのは』と、人のせいにしたかったのですが、そこは大人の私です。
気を取り直して、『まぁ、無かったことにしよう。飛んでいる姿は見なかったことにしよう』と、
悔やまないことにしました。

そして家に帰り、その画像を必死で深夜まで現像する一人の老人がいました。
その甲斐あって、どうですこの綺麗な画像。
さすがデジタルです。
フィルムなら当然ゴミ箱行きですが、ダイナミックレンジが広いデジタルです。
2段階のオーバーでも画像は出てます。
皆さんも、このカットはと思う画像は少々露出をミスっていてもあきらめなでください。
但し、Rawでの撮影での話ですよ。

その画像を、Lightroomで現像した画像をよく見ると、『すごい!まるで黄金の鳳凰』
お前さんはこんな綺麗な鳥だったんだ。
トリミングしまくっていますが、我がおんぼろ機材にも、『でかしたたぞ!!』と、言ってやりました。

水面すれすれに飛行するサンカノゴイ
サンカノゴイ20171205-7116_convert_20171207184234

背中は金メッキ?と思うほど綺麗な黄金色のカッパを身にまとっています
サンカノゴイ20171205-7125_convert_20171207184250

獲物を探す姿は忍びのごとく
サンカノゴイ20171205-6848_convert_20171207184217

上空をハヤブサが飛んでも『アッシは何処にいるのでしょうか?』と擬態します
サンカノゴイ20171205-7192_convert_20171207184312

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


タカサゴモズの動画撮影
タカサゴモズ
(動画からの切り取り画像)
タカサゴモズ20171209-12_convert_20171211074008

この日は、遠方から友人が来るのでちょっとお付き合いです。
このタカサゴ君、アシ原の際を行ったり来たりでエサを探します。
そのエサはというと、大きなものはカヤネズミ、ウシガエル、小さなものは昆虫のクモやバッタといったものを捕っています。

この日も、朝からセイタカアワダチソウやアカメガシの木の上に止まりエサを探していました。
すると、奥の田んぼをめがけて飛んで行きました。
これは、もっと奥まで行くかもしれないと後を追いました。
その思いは的中しました。
彼は、低空で奥の草地まで飛んで行き、餌探しをしています。
これならと、今まで見たことのないスチエーションで動画撮影させてくれました。
柔らかな朝陽が彼を浮き上がらせ、綺麗な撮影ができました。

その時の動画をまとめてみました。
今回の動画は、Panasonic Lumix DC-GH5にCanon EF600mm F4Ⅱを付け4k撮影です。
マウントアダプターにはAputure DECの”Vari-ND Version DEC Adapter”を使い光量調節して撮影してあります。
さすがのEFレンズです。
”これぞ4k”といった、最高の描写をしてくれました。
今回は、カラーグレーディングを”DavinciResolve14”で行い、その映像を最近購入した”EdiusPro9”で動画編集してみました。
BGMも入れ4分足らずの動画ですので是非YouTubeで大きな映像でご覧ください。

タカサゴモズ動画



(動画からの切り取り画像)
タカサゴモズ20171209-3_convert_20171211073940

(動画からの切り取り画像)
タカサゴモズ20171209-21_convert_20171211074110

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


冬枯れの彩り
ツルウメモドキ
ツルウメモドキ20171127-7717_convert_20171207190420

冬枯れのフィールドでひときわ目立つカンボクの赤い果実。
それともう一つオレンジ色の果実がところどころで見かけます。

以前にもキレンジャク撮影のおり、このオレンジ色の果実に群がるキレンジャクを撮影しています。
それがツルウメモドキの果実です。
ツルウメモドキの果実は、実を包んでいる殻が黄色く中の実が赤い綺麗な果実ですね。
遠目ではこの殻の黄色と、実の赤がまじりあってオレンジ色に見えるのです。
紅葉が終わり、木々は葉を落としモノトーンの世界にひときわ彩を与えてくれます。
この色が鳥たちを誘惑しします。
そして、鳥たちはその果実を食べ、中の種は糞として遠くに運ばれ植物分布を広げます。

キレンジャクを求めフィールドを探索していると、自らもその小さく綺麗な果実の誘惑にカメラを向けました。
決して、その果実を食べたりはしていませんよ。

ツルウメモドキ20171127-7685_convert_20171211070241

ツルウメモドキ20171127-7772_convert_20171211070325

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真