FC2ブログ

 今月の見出しの写真はツバメ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



榾木(ホダギ)のある光景
ホダギ林に舞うお姫様たち
(9枚比較明合成)
190728-_convert_20190802082031.jpg

今年はヒメボタル撮影は出来ないかもと思っていた頃、友人から吉報の電話がありました。
それは結構な榾木(ホダギ)がある林にお姫様が居ると言う。

7月が終わろうとした頃、ワクワクさせながら車を走らせていると突然の豪雨。
フロントガラスに打ちつける大粒の雨。
ワイパーも効かず、時々道路に溜まった水溜りにタイヤも浮きハンドルを取られる。
交通量が少ないお陰で、事故も起こさず現地入りです。
半端ない豪雨、怖かったです。

18時半過ぎ、現地は雨も上がり空が明るくなってきました。
早速カメラのセットです。

ここはお姫様が活動する20時ごろには、真っ暗闇になります。
車を置いている道路さえ、どこに車があるのか全く分からないほどの暗さです。
あまり道路の端を歩くと、側溝にはまりそうになります。
また、今使っているソニー製のカメラはシャッター音がものすごく静かなため、
何処にカメラを設置してあるのかまったくわからず、林の中を歩き回ることが出来ません。

僕のヒメボタルの処理の仕方は、あまり重ねることなく数匹でまとめる方法を取ります。
これは、漆黒の森でハルゼミやヒグラシが鳴く中、
神秘的な光を放して飛ぶ小さな生き物の世界を表現したいからです。
その為、ヒメボタルが写っている一コマ一コマを重ねたり外したりと様々なヒメボタルの光跡を重ね合わせ
気に入った画面構成になるまで幾通りも作品を作ります。

初めての場所で、今年最後のお姫様たちの撮影でした。

ホダギ林に舞うお姫様たち
(9枚比較明合成)


テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真


FE 200-600mm F5.6-6.3 G レンズテスト
ツバメ


先日、Sonyから新しく発売されたレンズを手に入れました。
そのレンズのテスト撮影に35℃の炎天下の中行って来ました。

今年はツバメの数が少ないです。

さて今回テストするレンズはSony FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSです。
インナーズームのレンズでF5.6-6.3と少し暗いですが、
その重さ2225gと高齢者の手持ち撮影には持って来いのレンズです。

さてその実力は
①AFスピード
 FE100-400mmGMに比べ遅いと言われていますが、AFスピードの差はあまり感じません。
 最短~∞ではちょっと遅いかなと感じですが、以前使っていたC社のフォーカススピードより断然速いです。
 AFボタンを押すなり瞬時にピントが合います。
②画質(シャープネス・色合い)
 ED レンズ5枚も使ったレンズです。見事なシャープ感でした。
 コントラストも申し分なく、色合いも素晴らしいレンズです。
③ボケ
 後ボケはソフトで、二線ボケも見られずレンズ枚数の多いズームにしては綺麗なボケでした。
④2225gとはいえα9+BG(バッテリーグリップ)付きなので総重量3KGを超える重さです。
 さすがに炎天下の中の手持ち撮影は疲れました。
⑤操作性
 600mmのレンズを手持ちで高速で変則的に飛ぶツバメ撮影は半端なく大変でした。
 600mmの焦点距離で15m先のツバメをファインダーに捉え続けるのは大変難しいものがあります。
 焦点距離を400-500mmぐらいに設定して被写体を捉えるのが精いっぱいでした。
 その点、このレンズのズームリングは適度なトルクがあり、少し指が当たっても簡単には回りません。
 反面フォーカスリングは指一本で軽く回ります。
 フードもカチッとロックされその他の作りもすばらしと思います。

猛暑のため1時間ぐらいの撮影でしたが、このレンズは期待を裏切らない素晴らしいレンズでした。
F値が6.3というハンディーがありますが、ISO感度を少し高めに設定する必要があります。
そこはSonyのボデーとLightroomに頑張ってもらうしかありません。

撮影データ:α9/FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS/ss1/2000~1/5000/絞り開放/ISO2000

AFも速く正確です
(焦点距離500mm)
(500mm)190731-908031_convert_20190731213516.jpg

等倍切り取り画像
(焦点距離448mm)
190731-908224_convert_20190801094928.jpg

背景のボケも綺麗です
(焦点距離600mm)
(600mm)190731-907842_convert_20190731213624.jpg

今日のベストショット(ノートリミング画像)
(焦点距離547mm)
(547mm)190731-908414_convert_20190731213540.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


広島みなと 夢 花火大会 2019
広島みなと 夢 花火大会 2019
4枚比較明合成
_夢_花火大会_(4)190727-711066_convert_20190728133401

昨日の27日。
広島の宇品港で開催された広島みなと 夢 花火大会 2019の撮影に友人と行って来ました。
私的には、2016年以来3年振りの撮影になります。

相変わらず、の写真になりますが混雑もなく落ち着いて撮影出来ました。
花火からは相当離れているため、花火の音はすごく遅れてやって来ますが、
ご近所から聞こえる、かわいい3歳の僕ちゃんとパパやママとの会話がいいBGMとなり楽しかったです。
また、その家庭から漂う焼肉の美味しそうな臭いが刺激的でした。
ごちそうさまでした。

広島みなと 夢 花火大会 2019
3枚比較明合成
_夢_花火大会_(3)190727-710958_convert_20190728133346

広島みなと 夢 花火大会 2019
1枚撮り
_夢_花火大会_190727-711177_convert_20190728133818

広島みなと 夢 花火大会 2019
1枚撮り
_夢_花火大会_190727-711224_convert_20190728133633

広島みなと 夢 花火大会 2019
1枚撮り
_夢_花火大会_190727-711176_convert_20190728133526


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真


フイルムスキャナー
NikonSUPER COOLSCAN 4000 ED


中国地方は梅雨入りが遅くなったためか、なかなか明けません。
毎日、スマホには雨雲が接近中のメッセージが絶えません。
今日にでも明けそうなのですが、天気はまだ不安定です。
そこでネットなどを見ていると、物欲を刺激する物が見つかったりします。

2015年9月このブログ内で、我がフィルムスキャナー(NikonSUPER COOLSCAN 4000 ED)が壊れた記事を書きました。

ネットオークションなど見ていると、もう使わなくなったフィルムスキャナーを販売している方を見かけます。
現行ののPCのOS(オペレーティングシステム)はWindows10です。
フィルムスキャナーが動いていたのは、遥か昔のWindows-XPまでの時代で現在のWindows10では動かすことが出来ません。
それで、結構比較的安価な値段でオークションサイトなどで売り出されています。
私のフィルムスキャナーが壊れて4年経ちます。
今更フィルムを取り込むことがある?
もう、かさばるフィルムを捨てようか?と何度も考えましたが、
我が写真人生、思い出の半数以上がこれらのフィルムに残っています。
取り込むか、取り込まないか、それはスキャナーを買って動かしてから考えればいいこと。
自問自答してましたが、つい勢いでポチッてしまいました。
現在のPCは、この COOLSCAN 4000 EDのインタフェースであるIEEE 1394の基盤が入っていません。
その基盤は数千円と比較的安価なのでそれも揃えていざインストールです。
以前持っていたWindows7,8,10用のスキャナードライバーを入れ、正常にスキャナーを認識することが出来ました
購入したスキャナーは、無事綺麗にフィルムを読み取ることが確認出来ました。

フィルムの処分は相当先になりそうです。

別途NikonCoolscan4000ED用IEEE 1394インターフェースを購入しPCにインストールしました
IEEE_1394_PCie190723-5994_convert_20190723144301.jpg

Windows10で正常にドライバーを更新することが出来スキャナーが正常に認識しました
Nikon_CoolScan4000EDドライバー190723-6004_convert_20190723144339

1994年のフィルムが正常にNikon-Scanでスキャニングできました
Nikon_Scan4190723-6009_convert_20190723144352


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


オオコノハズク
珍しくセミの幼虫を雛に持ってきたオオコノハズク


久しぶりの夜の撮影です。

とある巣箱に、モモンガが入っており、夜の7時35分ごろ巣箱からご出勤するという。
皆さん、その姿を捉えようと2時間前から定位置にカメラを構えておられる方もいた。
その時間が刻々と近づく。
秒読みに入ったころ、近くにあるコノハズクがエサをもって巣箱にとりつく。
そして、何とそのコノハズクが我々にいる方向に飛んできて近くの枝にとまった。
ほとんどの人はそのコノハズクを見ていたと思う。
『あっ、出た』。
その声にモモンガの巣箱方向に目をやると、モモンガが無情にも谷下に消え去るところでした。
せっかく、僕も含め皆さんモモンガの飛び出しを撮ろうと息を凝らし待っていたのに・・・
あと数秒だった。
残念!
皆さん、コノハズクとモモンガの飛び出しの絶妙なコンビネーションに、
残念よりこんなことがあるんだという『あっけ』に取られていました。

気持ちを切り替え、次はオオコノハズクの撮影です。
このオオコノハ、聞いていた止まり木に止まらず遠くの枝から巣箱に直接入って来ます。
簡単な撮影ではありません。
そこで、遠くの止まり木を少ない照明で目いっぱい感度をあげての撮影です。

翌朝、写真家のMさんが何と昼間のオオコノハを見つけて頂きました。
すごい執念に頭が下がります。

ヤマフジの茂みの中に我が子を見守るオオコノハズクの姿がありました
190712-906185_convert_20190720201621.jpg


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真