FC2ブログ

 今月の見出しの写真はキレンジャク(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



タイヤチェーンの装着義務化!
この写真は愛車の納車後、その日に友人と八ヶ岳の雪道を走りに行ったときの懐かしい写真です
ピカピカの新車を納車してすぐに雪道走行するなんて馬鹿な私です
タイヤチェーン070210-7005_convert_20181214163822

先日10日、国土交通省が『タイヤのチェーン装着が義務化』というアナウンスがありました。
と、言っても雪道で必ずチェーン装着を義務化する話ではありません

特定の指定された国道や高速道路で、
大雪特別警報や大雪緊急発表が行われるようなものすごい降雪がある場合
のことです。
しかも、全国13区間(国道6区間、高速道路7区間)での規制です。
この規制区間以外は、今まで通りスタッドレス等の冬用タイヤでの走行ができるので安心してください。

何だ、この広島では関係ない話だと思って見てみると、
何と”国道54号線”、高速道路は”浜田自動車道”が入っているではありませんか。
大雪では滅多に通らないとはいえ、可能性がゼロではありません。
出雲や松江、鳥取に出向いた際、帰りに大雪に見舞われないとは限りません。

そこで、今の車のタイヤチェーンをやっとこさ購入することとなりました。
我が愛車、通常も積雪ぐらいならノーマルタイヤ(マッド&スノー)でも走行可能なのですが、
チェーン規制ががかかると、チェーンがないと走行させてもらえません。
場合によっては、罰則もあり得ます。
しかも、急にタイヤチェーン必要になっても大きなタイヤなのでその辺の車用品店では在庫もありません。
そこで、石川県からの通販での購入となりました。

これさえ車に積んでおけばちょっとは安心して運転できます。
皆さんも、備えあれば安心ですよ。

チェーン装着を義務化する道路
タイヤチェーン規制181214-_convert_20181214171848

石川県白山市の販売店から送って頂いたタイヤチェーンです
タイヤチェーン181214-5470_convert_20181214163841

中はこんなチェーンです
タイヤチェーン181214-5471_convert_20181214163856

テーマ:最近の出来事。。 - ジャンル:ライフ


写真集 ”飛翔”
写真集 ”飛翔”野生の瞬間
写真集181212-5455_convert_20181212095828

一冊の写真集が販売されました。
しかし、これは私が作った写真集ではありません。
写真家の”真木広造”さんの新作写真集です。
150種類におよぶ野鳥の飛翔シーンをまとめられた写真集です。

我が息子が小学生のころ、撮影してきた写真をプリントして見せていた時のことです。
『お父さん、鳥は飛ぶんよ!止まっている写真ばかりじゃだめよ!』って言われました。
その言葉はいまだに忘れません。
それから私は、野鳥の飛んでいる姿を真剣に撮影するようになりました。
当時の超望遠レンズやカメラは、オートフォーカス機能や手振れ防止などついていません。
その為、止まっている野鳥でもブレてしまいます。
しかも、高速で飛行する飛んでいる鳥を捉えるのはもっと大変です。

この写真集は、めったに見れないいわゆる”珍鳥”の飛翔シーンもとらえられています。
ヒヨドリの渡りの際に来られたとき撮影されたシーンもありました。
おすすめの写真集です。

アマゾンでも購入できます。
こちらです”飛翔”写真集

*写真集の中身の撮影は真木広造さんに許可を頂いて撮影しております。

中の写真をちょっとだけ
写真集181212-5454_convert_20181212095934

巻末にはインデックスもあります
写真集181212-5453_convert_20181212095854

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


冬到来
お山は冬景色
冬のフィールド181210-714719_convert_20181211133552

先日の8日、北のフィールドに出かけました。
途中からちらほら白いものが降ってきました。
今冬初の雪です。
それに喜ぶのもつかの間。
進むにつれ横殴り雪。
吹雪状態です。
これでは、撮影どころではありません
行き交う車もなく、道路は真っ白です。
この日は、友人の家にお邪魔し久しぶりの談笑。

お天気になりそうなので、先日の北のフィールドにまた出直しです。
鳥が少ない。
鳥の鳴き声も聞こえません。
今年はどうなっているのでしょうか。
山を見ると、上部には砂糖をふりかけたような霧氷。
中間部は冬山の色合い。
見事なコントラストで綺麗でした。

霧氷の木々とカメラマン
霧氷とカメラマン181210714792_convert_20181211133607

コブシの冬芽
コブシ181210714775_convert_20181211133649

カンボクにも霧氷
カンボクの実181210714760_convert_20181211133732

ススキも凍る
ススキ181210-714748_convert_20181211133704


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真


ハイイロチュウヒ
広大な田んぼを徘徊するハイイロチュウヒ♂
ハイイロチュウヒ181124-713590_convert_20181129085344

せっかくミカンの国に来たんだから、これは撮ってかえらにゃ・・・

それはこのハイイロチュウヒ。
それもオスの成鳥。
以前は、阿知須干拓や笠岡干拓でチュウヒとともに毎年見られたハイイロチュウヒ。
開発に伴う環境の変化で、餌となる小鳥やネズミの減少に伴い、今では見ることが出来ません。
そういう意味では、この地で見られるのが羨ましい限りです。
と言っても、この地は広大な田んぼが広がる田園地帯です。
彼の行動は、それはそれは理解できない行動をとります。
そこは、ハイイロチュウヒをライフワークにしている友人の亀さん。
長年のデーターと、現地の道路を知り尽くしている亀さんです。
名前は”亀さん”ですが、広い田園地帯をコマネズミのように走り周りターゲットを探します。
恐らく前世は猛禽だったのでしょう。
現地のカメラマンとお話ししても、『あの亀さんの後をついていけばいいのよ!』と、言われます。
『しかし、いつも巻かれる』とも、言っておられました。
僕も、何回か見失い、電話してました。
それに、今回僕のナビがいうことを効かず、時々ご機嫌斜めで動かなくなります。
土地勘のない私です。
ナビが動かないと、何処を走っているのか、時々わからなくなります。
(家の戻り、調べると原因判明。自走パルス信号をカットするスイッチが接触不良を起こしてました)

亀さんをはじめ、現地の方々のお陰で何とか目的のものもゲット出来ました。
たいへんお世話になり、ありがとうございました。

-追伸-
ミカンが美味しかったです。
近畿地方や九州地方、それに我が中国地方で作られたミカンといろいろ食べましたが、
やはりこの地のミカンが一番美味しく感じました。

ハイイロチュウヒ20181125-724781_convert_20181129085229

ハイイロチュウヒ181125-713775_convert_20181129085206

ハイイロチュウヒ181125-724854_convert_20181129085144

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コチョウゲンボウ
コチョウゲンボウ♂
コチョウゲンボウ20181124-713304_convert_20181127073630

先日、ミカンを買いにお隣の県に遠征してきました。
現地では、友人の亀さんに巨大なJAの野菜販売所に連れて行ってもらい美味しいミカンが手に入りました。
凄い人出でしたが、驚きのJA販売所でした。
そこで、綺麗なコチョウゲンボウのオスが居るというので撮らせていただきました。

このコチョウゲンボウは4年前ぐらいから毎年この場所に越冬に来ているようです。
名前はついていないので、勝手にテイ君と名乗らせてください。
このテイ君、あまり警戒心がありません。
通常なら、50m離れていても車から降りると飛んで行ってしまいます。
なかなか、近寄らせてくれません。
しかし、このテイ君は車が横に止まって人が外に出ても飛びません。
我々のようなカメラマンが近くでカメラを構えても動じません。
撮影していて、コチョウゲンボウの瞳孔が見れるような距離での撮影は初めてです。
現地のカメラマンさんの人気者です。

そこでは、もう一つの出会いがありました。
それは、お会いしたかった香川のFKさんにお会い出来たことです。
しかも、翌日僕のためにわざわざ作られたハヤブサの写真集を持って来ていただきました。
その写真集は、私が思っていた以上の素晴らしい写真でつづられ、
FKさんのハヤブサへの愛情が伝わって来る素晴らしい写真集でした。
最後のページにハヤブサと本人のツーショット写真があり、その若き日のFKさんのうれしそうな笑顔と、
その写真に添えられた奥様のハヤブサへのちょぴり嫉妬のコメントが印象的でした。
いい写真集を見せていただきありがとうございました。
いい刺激になりました。

コチョウゲンボウ20181125-714036_convert_20181127073722

コチョウゲンボウ20181125-724630_convert_20181127073802

コチョウゲンボウ20181125-714371_convert_20181127073744

コチョウゲンボウ20181124-713493_convert_20181127073701

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真