FC2ブログ

 今月の見出しの写真はヒヨドリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ヒヨドリの渡り -宮島編-
広島湾内を渡るヒヨドリたち


どうも仕事が休みとなるとお天気に恵まれません。
女房からは、『日頃の行いが悪いから!』と言われてます。

ある朝、朝起きて新聞を取りに玄関口に出ると、何と雲一つない快晴。
昨夜の天気予報に騙されました。
さて、どうする。
そうだ、久しぶりに宮島から渡るヒヨドリを撮りに行こう。
前回この地で撮影したのは2012年10月でした。
もう7年も経っていました。
そこには、家からは車で20分ぐらいで行けます。
早速支度し現地に向かいます。

空は雲一つない青空が広がっています。
釣りのおじさんは数人居られますが、カメラマンは私だけです。
正面から太陽の光が容赦なく照りつけます。
これでは眩しすぎるので、サングラスを取りに車に戻ったその時でした。
ヒヨドリたちの鳴き声が聞こえてきました。
振り向くとヒヨドリたちが正面に上陸です。
よしよしと、サングラスをかけカメラの所に戻ろうとしたとき、キィッ、キィッ、キィッ、キィッとけたたましい鳴き声が。
その方向を見ると、何とハヤブサが獲物を捕らえ僕に向かって飛んで来るではありませんか。
しかし、カメラは20m先の堤防の上。
『見なかったことにしよう』と、自分に言い聞かせヒヨドリ撮影を続けました。
その後ハヤブサが獲物を運ぶ姿を見ることがありませんでした。
『またチャンスはある!きっとある!』

大きなコンテナ船の横を行くヒヨドリたち
190929-906115_convert_20190930074127.jpg

大型船が行き交う湾内をヒヨドリたちが渡ります
190929-906164_convert_20190930074201.jpg

7年前と同じエントツの上部には待ち構えるハヤブサの姿がありました
190929-906057_convert_20190930074519.jpg

ここではヒヨドリたちのほとんどは海面すれすれを飛行します
190929-906237_convert_20190930074234.jpg


きらめく水面を背景に飛ぶヒヨドリたち
190929-905940_convert_20190930074056.jpg

渡りきると近くの山を目指し西へと渡っていきます
190929-906374_convert_20190930074305.jpg

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


サギが居る光景
チュウダイサギ


朝陽が昇る頃、潮が引きはじめサギたちが波打ち際に一羽また一羽とやって来ます。
朝陽が波打ち際を照らし、水面はオレンジ色や黄金色へと刻々と変化します。
その中に、サギたちが小魚を狙って採餌する光景が見られます。

そんな時、橋の主塔にハヤブサが上がり狩りの準備をします。
近くの林には、ヒヨドリたちが仲間の集まりを待つように山の周辺を飛び始めます。
あと一時間足らずで、ヒヨドリたちの生死をかけた渡りが始まります。


潮が引くのを待っているサギたち
190925-903598_convert_20191005135004.jpg

黄金に輝く波打ち際で
190925-903685_convert_20191005134931.jpg

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ハヤブサ
ハヤブサ♀


ここ山口湾にはハヤブサの夫婦がいます。
このハヤブサ夫婦、我々カメラマン以上にヒヨドリを待ちわびています。

今年のハヤブサ夫婦は、昨年とメスが入れ替わったようです。
その特徴は
 メス;斑点の明瞭差や濃さから少し若くいメスのようです。
    体つきはメスにしては少し小柄です。
    喉の部分に黒い線状の班があるのが特徴です。
    出撃は橋の主塔上部から飛び出し、ヒヨドリたちの後方から侵入します。
    狩りはすこぶる上手でほとんど成功します。
    気が強いのか我々カメラマンに威嚇することもあります。
 オス;斑点の細さや濃さ、ハヤブサひげから昨年と同じと思われます。
    メスよりすこし年配の感じします。
    9月末まで田で狩りをしていたのか姿が見れれなかったですが、
    メスを怖がってか橋桁からの出撃が多いです。
    狩りは下手で、失敗が多いのでカメラマンからは気に入られています。 

このハヤブサ夫婦、夫婦仲はあまりよくありません。

今年はどんなドラマを見せてくれるのか楽しみです。

ハヤブサ♂
190925-905574_convert_20191001131749.jpg

ハヤブサのペアー
190925-905193_convert_20191001131825.jpg

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ヒヨドリの渡り
秋空の中をヒヨドリたちが渡ります


さぁ、待ちに待ったヒヨドリの渡りが始まりました。
まだ陽射しも強く、日中は暑い日が続きますがヒヨドリたちはこの時期に西の地を目指し群れで渡りを始めます。

今年も懲りずに山口湾に撮影に出かけました。
今年は昨年に比べ機材が変わっています。
そうです、最強のSONY-A9とFE200-600mmズームで彼らを撮影します。
軽量でコンパクトなため、三脚は全く使いません。
全ての撮影は手持ちで行います。

地元の写友の方々と、機材の話やお馬鹿な話で盛り上がりながらの撮影です。
さみしがり屋で小心者の私は、これがないと撮影した気分になれません。

悪天候の翌日にはこのような大きな群れを見ることが出来ます
190925-904059_convert_20190930070003.jpg

よく澄んだ青空を行くヒヨドリたち
190925-903765_convert_20190930065938.jpg

もちろんここは安全ではありません
天敵のハヤブサがヒヨドリたちに襲いかかります
190924-902667_convert_20190930065917.jpg

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


秋の光景
うろこ雲が広がる山口湾
A73/SIGMA14-24mm F2.8 DG DN


この日の朝は秋らしいうろこ雲が広がりました。

SIGMA14-24mm F2.8のレンズを手に入れ、これで広大な風景を撮影したいと思いちょっと遠征。
思惑はドンピシャでした。
お気に入りの風景に、秋らしいうろこ雲が広がり絶好の撮影となりました。
また、山口県の友人も新しいNikonレンズを手に入れたというので、早速夜は星撮りにデビューしてもらいました。
9月も下旬になると天の川も早々に立ち上がって出てきます。
しかし、この地は空港や町の光が天の川を薄くし、難しい撮影でした。
あとはLightroomに頑張てもらおうと少しだけ撮影しました。
一方の友人は、星撮影デビューでこんな薄い天の川で恐らく現像に手こずっているのではないかと思います。
ちょっと時期が悪かったですね。
また来春、光害が少ない場所で綺麗な天の川撮影しましょうね。

トワイライトタイムに昇る月
A73/SIGMA14-24mm F2.8 DG DN
190925-712219_convert_20190928062211.jpg

周防大橋に立ち上がる天の川
A73/SIGMA14-24mm F2.8 DG DN
190924-712165_convert_20190928062413.jpg

秋の天の川
A73/SIGMA14-24mm F2.8 DG DN
190924-712183_convert_20190928062325.jpg

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真