FC2ブログ

 今月の見出しの写真はバルーンフェスタ(佐賀県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



CD/DVDドライブが壊れた
DELLXPS8910のCD/DVDドライブ
ブルーレイドライブ20181113-5386_convert_20181113120333

ブルーレイディスクにデータを書き込み中突然エラーが発生。
その後、新しいメディアを入れても”書き込み可能なメディアを入れてください”となる。
正常なら、メディア装着したらメディアを読み込むため前面のアクセスLEDが点滅する。
しかし、どんなメディアを入れても一回LEDは点灯するが読んでいる様子ありません。
このドライブが壊れたままでは、PCのOS起動できなくなるとリカバリーも出来ません。

私の使っているPCはDELL社のXPS8910。
CD/DVDドライブはブルーレイも書けるマルチドライブで厚さ9.5mmの超薄型タイプです。
ノートPCなどに使われているドライブです。
もう保証は切れているので、アマゾンでドライブを購入し自分で交換することにしました。
これぐらいの作業は、大した作業ではありません。
元々ついていたドライブは韓国のLG製。
もう、販売も修了しています。
今回代替えで選んだのは、Panasonic製のドライブです。
ドライブをPCから取り外し前面のベゼルを交換するだけです。
作業時間は30分もかかりませんでした。

パソコン内部から接続されているケーブルを外しレバーを下げて前面に抜くだけです
ブルーレイドライブ20181113-5367_convert_20181113120239

壊れたCD/DVDドライブと交換品のドライブです
ブルーレイドライブ20181113-5369_convert_20181113120316

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ


Windows10 スポットライト
立ち上がる天の川(2016年5月撮影:北広島町八幡)
天の川160518-1268_convert_20181006090232

台風が25号が通過中です。
ここ広島も風が強く吹いています。

ハヤブサのいいカットが撮れないで落ち込んでいる私に、ちょっとうれしいことがありました。

パソコンを立ち上げるとパスワードの要求画面に世界各国の綺麗な風景が表示されます。
これは”スポットライト”と言って起動時のパスワード要求画面や、
離席等でパソコンがロックされた時に表示される”ロック画面”に表示される写真です。
パスワードを設定していない方は見る機会がありません。
この背景写真はランダムにわかります。
見とれてしまう風景が多く、外国の風景が多いです。

5日、いつものようにパソコンを立ち上げると、何か見慣れた写真が表示しています。
見てすぐに、『この写真、僕が撮影した写真だ。何で表示されているの?』と不思議な感じでした。
いつものようにパスワードを入れ使っていると、ふと何故僕の撮影した写真が表示されたんだろうと気になり、
パソコンを再起動してみた。
やはり、僕が撮影した北広島町の八幡の天の川が背景に出てくるではありませんか。
写真をくまなく調べるも、やはり僕の写真で間違いありません。
そこで、パソコンのディスクに保存されているマイクロソフトのスポットライトなる画像を調べてみると、
僕の写真がありました。
どうも、この写真”ISTOK(ゲッティーイメージズ)”と言う、写真・映像のストックフォト社においてある写真を、
マイクロソフトが購入しWindows10のスポットライト画像に入れてきたようです。

僕の写真が販売され、その写真を自分が目の当たりすることは滅多にありません。
こんな形で自分の写真が見れ、その写真が世界中の方に見ていただけるということは、
非常に光栄でありなりよりもうれしいことです。
ちなみに、私に入って来るロイヤリティは残念ながらたったの数十円なのです。

思わずその時のパソコンの画面をスマートフォンで撮影しました
上の写真がオリジナルです
ロック画面18100520181005-5294_convert_20181005164830

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真


MIDIコントローラーでLightroomの操作
MIDIコントローラー”WORLDE_EasyControl_9”
(注:スイッチはPhotoshopにて着色してあります)


今回は、MIDIコントローラーの続編です。
取り合えず3種類x9個のボリュームやスライダー、スイッチでLightroomの主要コマンドをアサインしたがやはり物足りない。
このままだと、何のために安価な国産のKORG:KORG USB MIDIコントローラー NANO KONTROL2を購入せず、
多くのスイッチがアサインできるこの製品を購入したのかわかりません。

そこで、中国杭州にあるこのメーカーから取説をダウンロードしてみました。
当然、中国語と英語の取説しかありません。
早速英語版をダウンロードし見てみると、実にそっけない取説です。
その中に、”EASYCONTROL softwareEditor”なるものを使ってセッティングができるとあります。

そのエディターをダウンロードし実行させてみました。
しかし、そのエディターなるものの説明書もなく使い方がわかりません。
不親切な対応には困ったものです。
日本の製品では考えられません。
こんな不親切なサポートだから、このMIDIコントローラーは日本では売れていないのでしょう。

そこでくじけてはいけません。
お盆で、しばらくこの設定について何もしていなかったですが、やはり気になります。

ある日目覚めた時ひらめきました。
やっとのことで、コントローラに各スイッチの設定方法がわかりました。
その後、MIDI2Lrで各ボリュームや、スライダー、スイッチの割り当てを行います。
各BANK(SCENE)の設定は下記のように割り当てます。。
  Bank1(SCENE1) = 現像で使うベーシックなコマンドの割り当て
  Bank2(SCENE2) = HSL関係の各色の彩度調整を中心としたコマンドの割り当て
  Bank3(SCENE3) = HSL関係の各色の輝度調整を中心としたコマンドの割り当て
  Bank4(SCENE4) = HSL関係の各色の色相調整を中心としたコマンドの割り当て

ボルームやスライダーはLightroomの各パラメータの数値変更に用い、
その列のスイッチはその数値のリセットとすることにしました。
設定したコマンドは110種に及びましたが、主なキーにはその色に対応したカラーラベルを貼り、
わかりやすいよう工夫しました。
しばらくこの設定で使用し、また追加や変更箇所があれば修正したいと思います。

これらの”MIDIコントローラーでLightroomの操作”については、
下記のブログを参照し貴重な情報をいただきました。
TPB
studio9
非常に参考になり、ありがとうございました。
興味がある方はご覧ください。

各種スイッチのコントロールナンバーはこのようになっています
WORLDE_EasyControl_920170810-9_convert_20170810205501.jpg

EASYCONTROL softwareEditorの画面
Editor1_convert_20170810205614.jpg

MIDI2Lrによる各スイッチの割り当て
MIDI2Lr20170808-_convert_20170818133617.jpg

各スイッチとLightroomのコマンドのアサイン表
*2017年8月20日現在のものです
MIDI設定リストjpg

カラーラベルをスイッチに貼り、操作をわかりやすくして完成です
WORLDE_EasyControl_920170818-4218_convert_20170818125234.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


Lightroomコントローラー
WORLDE EasyControl 9


スローな台風が過ぎ去り、またもや各地に被害が発生しました。
被害にあわれた方々には、この場をお借りしてお見舞い申し上げます。

鳥枯れの季節です。
こんな時は情報収集と、ネット検索していたところちょっと気になるものを見つけました。
それは、MIDIコントローラーを使いLightroomで直感的に現像パラメーターコントロールするといった記事でした。

『MIDIコントローラーって何だ?』と思われるカラも多いと思いますが、
それはMIDI/Musical Instrument Digital Interface規格を利用した電子楽器の演奏や、
MIDI規格を利用した諸機器の制御に用いる入力機器なのです。
USB接続で使います。
主に作曲や演奏に用いるデジタル入力機器というものです。
そのコントローラーは、複数のボルームつまみやスライダー、スイッチが付いた装置なのですが、
ピアノ鍵盤もついたものもあります。
これで作曲でもするの?
いいえ、そんなことは私にはできません。
そのコントローラつまりハードウエアを流用しようということです。

今回私が購入したのは、上の写真の物で中華製の”WORLDE EasyControl 9”というものです。
世の中”nanoKONTROL-B SLIM-LINE USB CONTROLLER”という、
日本のコルグ/KORG社のMIDIコントローラーを使われている方がい多いようです。
価格も、KORG社のMIDIコントローラーの方が安価なのですが、
私は、あえてこの中華製のコントローラーを選びました。
それはボリュム、スライダー、スイッチが切り替えで各4x9x3種類/計108通りの設定ができるからです。

そのMIDIコントロラーをどうやってADOBE-Lightroomに接続するのかというと、
MIDI2Lr”というプログラムがありそれをLightroomにプラグインするのです。
プラグインとはプログラムを他のプログラと連結させることです。
そのプログラムは、無償で提供されています。

そこまではよかったのですが、実際物を購入していざMIDI2Lrを使い設定を試みるも、
バンク(SCENE)の切り替えがどのようにおかなえばいいのか全く分かりません。
現在、9種類のボリューム、スライダー、スイッチの計27通りの設定しかできません。
現在、バンク(SCENE)切り替え方を悪戦苦闘中です。


各種ボリューム、スライダ、スイッチが並んでいます
WORLDE_EasyControl_920170809-4046_convert_20170809090732.jpg

MIDI2LrでLightroomの現像パラメーターをアサインして行きます
MIDI2Lr_convert_20170809135533.jpg

ほとんどの操作が直感的にアナログ操作できます
Lightroom操作120170809-4043_convert_20170809090555

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


HDDが認識しません!!
このHDD(4TB)が認識しません
内蔵HDD20170605-3953_convert_20170605222235

無事グラフィックボードの入れ替えを終えたPCです。
しかし、起動すると内蔵HDDの1台が見えなくなっています。

またPCのカバーを開け確認すると、一台のHDDのS-ATAケーブルが抜けていました。
『私としたことが・・・』と、思ってそのコネクターをつけるとコネクターがぐらぐらで差しても外れてきます。
よく見ると、HDD側のS-ATAコネクタのプラスチックが折れています。
そのHDDは、昨年購入した東芝製4TBのHDDです。
中身は、過去の撮影した動画ファイルやコンポジットデータが約2.5TBも入っています。
そのデータをあきらめる訳にはいきません。
撮影したソースデータのバックアップはありますが、編集した動画のバックアップはありません。
そのデータをあきらめる訳にはいきません。
HDD側のコネクターなので、このままでは高価なHDDそのものがゴミ箱行きです。

さて、どうするか。
毎日、頭からそのことが離れません。

そこで、思い切ってS-ATAケーブルをHDDに直付けすることを考えました。
別途S-ATAケーブルを購入し、その片側先端を切ってその中の線を直接HDDにハンダ付けするのです。

HDD側のコネクタ端子は7ピンです。
ピンとピンの隙間は1mmもありません。
私のハンダごてで、そんな細かな作業は結構な技術伴います。
最悪失敗しても、やり直せばいい。
そう思い、実行することにしました。

年と共に、手元も見難くなり細かな作業が苦痛です。
ルーペを使い、拡大しながらの作業です。
何とか無事7本の線をハンダ付けすることができました。

そのケーブルを直付けしたHDDの実装です。
ケーブルの中の細い線は単線です。
あまりケーブルにストレスをかけると、線が折れて断線する恐れがあります。
HDDを取り付け、ケーブルをタイラップで動かないよう固定します。

電源を入れ確認です。
無事HDDが認識し、ファイルアクセスも正常です。
しばらくはこのままこのHDDを使い続けることにします。

このコネクタが破損しました(赤丸)
破損したSATAコネクター20170605-3956_convert_20170606084302

S-ATAケーブルの片側を切断し中の線を取り出します
SATAケーブルのハンダ付け20170605-3950_convert_20170605222252

このようにコネクターに直接ハンダ付けします(後ピンで申し訳ありません)
SATAケーブルのハンダ付け20170605-3958_convert_20170605222307

テーマ:デスクトップパソコン - ジャンル:コンピュータ