今月の見出しの写真はハギ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



MIDIコントローラーでLightroomの操作
MIDIコントローラー”WORLDE_EasyControl_9”
(注:スイッチはPhotoshopにて着色してあります)


今回は、MIDIコントローラーの続編です。
取り合えず3種類x9個のボリュームやスライダー、スイッチでLightroomの主要コマンドをアサインしたがやはり物足りない。
このままだと、何のために安価な国産のKORG:KORG USB MIDIコントローラー NANO KONTROL2を購入せず、
多くのスイッチがアサインできるこの製品を購入したのかわかりません。

そこで、中国杭州にあるこのメーカーから取説をダウンロードしてみました。
当然、中国語と英語の取説しかありません。
早速英語版をダウンロードし見てみると、実にそっけない取説です。
その中に、”EASYCONTROL softwareEditor”なるものを使ってセッティングができるとあります。

そのエディターをダウンロードし実行させてみました。
しかし、そのエディターなるものの説明書もなく使い方がわかりません。
不親切な対応には困ったものです。
日本の製品では考えられません。
こんな不親切なサポートだから、このMIDIコントローラーは日本では売れていないのでしょう。

そこでくじけてはいけません。
お盆で、しばらくこの設定について何もしていなかったですが、やはり気になります。

ある日目覚めた時ひらめきました。
やっとのことで、コントローラに各スイッチの設定方法がわかりました。
その後、MIDI2Lrで各ボリュームや、スライダー、スイッチの割り当てを行います。
各BANK(SCENE)の設定は下記のように割り当てます。。
  Bank1(SCENE1) = 現像で使うベーシックなコマンドの割り当て
  Bank2(SCENE2) = HSL関係の各色の彩度調整を中心としたコマンドの割り当て
  Bank3(SCENE3) = HSL関係の各色の輝度調整を中心としたコマンドの割り当て
  Bank4(SCENE4) = HSL関係の各色の色相調整を中心としたコマンドの割り当て

ボルームやスライダーはLightroomの各パラメータの数値変更に用い、
その列のスイッチはその数値のリセットとすることにしました。
設定したコマンドは110種に及びましたが、主なキーにはその色に対応したカラーラベルを貼り、
わかりやすいよう工夫しました。
しばらくこの設定で使用し、また追加や変更箇所があれば修正したいと思います。

これらの”MIDIコントローラーでLightroomの操作”については、
下記のブログを参照し貴重な情報をいただきました。
TPB
studio9
非常に参考になり、ありがとうございました。
興味がある方はご覧ください。

各種スイッチのコントロールナンバーはこのようになっています
WORLDE_EasyControl_920170810-9_convert_20170810205501.jpg

EASYCONTROL softwareEditorの画面
Editor1_convert_20170810205614.jpg

MIDI2Lrによる各スイッチの割り当て
MIDI2Lr20170808-_convert_20170818133617.jpg

各スイッチとLightroomのコマンドのアサイン表
*2017年8月20日現在のものです
MIDI設定リストjpg

カラーラベルをスイッチに貼り、操作をわかりやすくして完成です
WORLDE_EasyControl_920170818-4218_convert_20170818125234.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


Lightroomコントローラー
WORLDE EasyControl 9


スローな台風が過ぎ去り、またもや各地に被害が発生しました。
被害にあわれた方々には、この場をお借りしてお見舞い申し上げます。

鳥枯れの季節です。
こんな時は情報収集と、ネット検索していたところちょっと気になるものを見つけました。
それは、MIDIコントローラーを使いLightroomで直感的に現像パラメーターコントロールするといった記事でした。

『MIDIコントローラーって何だ?』と思われるカラも多いと思いますが、
それはMIDI/Musical Instrument Digital Interface規格を利用した電子楽器の演奏や、
MIDI規格を利用した諸機器の制御に用いる入力機器なのです。
USB接続で使います。
主に作曲や演奏に用いるデジタル入力機器というものです。
そのコントローラーは、複数のボルームつまみやスライダー、スイッチが付いた装置なのですが、
ピアノ鍵盤もついたものもあります。
これで作曲でもするの?
いいえ、そんなことは私にはできません。
そのコントローラつまりハードウエアを流用しようということです。

今回私が購入したのは、上の写真の物で中華製の”WORLDE EasyControl 9”というものです。
世の中”nanoKONTROL-B SLIM-LINE USB CONTROLLER”という、
日本のコルグ/KORG社のMIDIコントローラーを使われている方がい多いようです。
価格も、KORG社のMIDIコントローラーの方が安価なのですが、
私は、あえてこの中華製のコントローラーを選びました。
それはボリュム、スライダー、スイッチが切り替えで各4x9x3種類/計108通りの設定ができるからです。

そのMIDIコントロラーをどうやってADOBE-Lightroomに接続するのかというと、
MIDI2Lr”というプログラムがありそれをLightroomにプラグインするのです。
プラグインとはプログラムを他のプログラと連結させることです。
そのプログラムは、無償で提供されています。

そこまではよかったのですが、実際物を購入していざMIDI2Lrを使い設定を試みるも、
バンク(SCENE)の切り替えがどのようにおかなえばいいのか全く分かりません。
現在、9種類のボリューム、スライダー、スイッチの計27通りの設定しかできません。
現在、バンク(SCENE)切り替え方を悪戦苦闘中です。


各種ボリューム、スライダ、スイッチが並んでいます
WORLDE_EasyControl_920170809-4046_convert_20170809090732.jpg

MIDI2LrでLightroomの現像パラメーターをアサインして行きます
MIDI2Lr_convert_20170809135533.jpg

ほとんどの操作が直感的にアナログ操作できます
Lightroom操作120170809-4043_convert_20170809090555

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


HDDが認識しません!!
このHDD(4TB)が認識しません
内蔵HDD20170605-3953_convert_20170605222235

無事グラフィックボードの入れ替えを終えたPCです。
しかし、起動すると内蔵HDDの1台が見えなくなっています。

またPCのカバーを開け確認すると、一台のHDDのS-ATAケーブルが抜けていました。
『私としたことが・・・』と、思ってそのコネクターをつけるとコネクターがぐらぐらで差しても外れてきます。
よく見ると、HDD側のS-ATAコネクタのプラスチックが折れています。
そのHDDは、昨年購入した東芝製4TBのHDDです。
中身は、過去の撮影した動画ファイルやコンポジットデータが約2.5TBも入っています。
そのデータをあきらめる訳にはいきません。
撮影したソースデータのバックアップはありますが、編集した動画のバックアップはありません。
そのデータをあきらめる訳にはいきません。
HDD側のコネクターなので、このままでは高価なHDDそのものがゴミ箱行きです。

さて、どうするか。
毎日、頭からそのことが離れません。

そこで、思い切ってS-ATAケーブルをHDDに直付けすることを考えました。
別途S-ATAケーブルを購入し、その片側先端を切ってその中の線を直接HDDにハンダ付けするのです。

HDD側のコネクタ端子は7ピンです。
ピンとピンの隙間は1mmもありません。
私のハンダごてで、そんな細かな作業は結構な技術伴います。
最悪失敗しても、やり直せばいい。
そう思い、実行することにしました。

年と共に、手元も見難くなり細かな作業が苦痛です。
ルーペを使い、拡大しながらの作業です。
何とか無事7本の線をハンダ付けすることができました。

そのケーブルを直付けしたHDDの実装です。
ケーブルの中の細い線は単線です。
あまりケーブルにストレスをかけると、線が折れて断線する恐れがあります。
HDDを取り付け、ケーブルをタイラップで動かないよう固定します。

電源を入れ確認です。
無事HDDが認識し、ファイルアクセスも正常です。
しばらくはこのままこのHDDを使い続けることにします。

このコネクタが破損しました(赤丸)
破損したSATAコネクター20170605-3956_convert_20170606084302

S-ATAケーブルの片側を切断し中の線を取り出します
SATAケーブルのハンダ付け20170605-3950_convert_20170605222252

このようにコネクターに直接ハンダ付けします(後ピンで申し訳ありません)
SATAケーブルのハンダ付け20170605-3958_convert_20170605222307

テーマ:デスクトップパソコン - ジャンル:コンピュータ


グラフィックボードの交換
今回購入したグラフィックボード(Geforce GTX-1070)
グラフィックボード20170604-3926_convert_20170605222101

ここ広島も、本日梅雨入りしました。
今まで、比較的乾燥した気候でしたが、
これからは梅雨らしい気候になって行くのでしょうね。

最近、4K動画を撮影しています。
と、言ってもYOUTUBEなどの投稿用で撮影しているのではありません。
Stock-Photoの素材映像撮影のためです。

それに伴い、4K動画の編集ソフトが必要になります。
僕の持っているEdius-Neoでは2Kしか扱えません。
4Kが扱えるEdiusPro8の購入も検討しましたが、Proが扱うソフトなので結構なお値段がします。
Edius-Pro8はグラフィックボード上のGPUは使わずメインのCPUの能力に依存するそうです。

そこで、米国のBlackMajgicDesign社の”DavinciResolve12”なるものを見つけました。
それは、カラーグレーディング(色調整)に適した動画編集ソフトでしかも無償なのです。
早速ダウンロードしてみました。
この”DavinciResolve12”、無償なのに結構な機能があります。
これ一つで、動画編集ができそうな優秀なソフトなのです。
まだ、操作でわからないことが多く、これから一つ一つ勉強しながら習得していこうと思っています。

4K動画の編集となると、高速なCPU、膨大なメモリー必要です。
しかも、この”DavinciResolve12”は高速なグラフィック用CPU(GPU)とグラフィックメモリーが必要なのです。

私のPCは、昨年秋にアップグレードしCorei7-6700K/MEM:24GB+GeforceGTX960/2GBと、
結構な性能があります。
2Kの映像編集などはこれで十分な性能です。
しかし、実際4K動画を”DavinciResolve12”で動かしてみると、カクカク、ガクガクでまともに動きません。
これでは、まともな編集はできません。
そこで、思い切ってグラフィックボードのアップグレードを行うことにしました。
本当は、NVIDIA® Quadroが欲しかったのですが、Quadroとなると価格が高く手が出ません。
そこで、考えたあげく”GeForce GTX 1070”にしました。
このグラフィックボードはゲーム用PCなどに用いられる高速なグラフィック基盤です。
購入したグラフィックボードは、思った以上に大きく実装するとPCのシャーシーに干渉するアクシデントもありましたが
シャーシーの一部を切り落とし何とか実装することができました。

結果は、カラーグレーディングすると4K/30Pは全く問題なく再生できるのですが、
4K/60Pとなると少しコマ落ちインジケーターが赤くなり20~50フレームの再生となります。
CPUの処理が追い付いていないかもしれませんね。
しかし、以前と比べ物にならないぐらい処理ができるようになりました。

おそらく現状CPU(4コア/8スレッド)ではこれ以上の処理は無理かもしれないですね。
とりあえず、4K/30Pの編集/カラーグレーディングを目指して頑張ります。

将来、Edius-Pro8にするか、このDavinciResolve12を使うか、迷うところでもあります。
DavinciResolve12の操作も未だかじった程度なので、もう少し使いこなせるまで頑張ってみることにします。

ところが、作業を終えPCを立ち上げると思わぬアクシデントが発生です・・・
-続く-

今までのグラフィックボードです(GeforceGTX960/2GB)
グラフィックボード20170604-3948_convert_20170605222200

グラフィックボードの入れ替えです
グラフィックボード20170604-3936_convert_20170605222134

テーマ:デスクトップパソコン - ジャンル:コンピュータ


ノートパソコンのHDD換装
サムスン製250GBSSD


年が明けてもうはや半月になります。
今日は、全国的に寒波到来で大荒れのお天気ですね。
ここ広島でも朝が明けると雪景色でした。
今日は大学入試センター試験の日ですね。
毎年思うのですが、センター試験の日は全国的に大荒れのお天気になります。
センター入試の日程を、少しずらすとかの考慮をすればどれだけ受験生や関係者の方々が助かるか。
日程を変更するのはそんなに大変なのでしょかね。

さて、今日の話題(今年一発目の話題ですね)はパソコンです。
先日、しばらく使っていないVAIOノートパソコンをたまには通電しなきゃと立ち上げました。
相変わらず、遅い立ち上がりです。
それに、しばらく起動していいないためウインドウズアップデートがいっぱい更新されますます遅く感じました。
このVAIOのパソコン、遠征の時しか使うことがないノートパソコンですが、
遠征時は撮影データの保存で必要なパソコンです。
購入は4年前ですが、内蔵のHDDが遅く少しイライラ感があります。
そこで、この遅いHDDを安価になったSSD (Solid State Drive/ソリッドステートドライブ) に交換して
サクサク動かそうとと考えました。

昨年、SSD内蔵のディスクトップPCに買い替え、すっかりSSDの魅力を感じている私です。
ノートパソコンのOS(Windows10)部分だけなので、120GBか250GBもあれば十分です。
このサイズのSSDなら比較的安価に入手できます。
と、いうことで早速ノートパソコンのHDD→SSD入れ替え作業をしました。

購入したのは、定評あるSAMSUNG電子製の250GB-SSDです。
安価なのでスピードはそんなに速くはありませんが、HDDに比べれば比較にならないほど速いアクセスができます。
HDDの丸ごとコピー(SSDに付属していたソフトウエアーで実施)に30分程度かかりましたが、
無事HDD→SSD換装を実施できました。
結果は、なんでもサクサク動き起動からシャットダウンも含めパソコンがものすごく早くなりました。
これで、持って行くのが楽しくなりました。

ベンチマークテスト値
数値以上の速さを感じます
ベンチマーク比較20170113-_convert_20170114091754

データ移行ソフトが添付されています
SSD付属品20170113-3701_convert_20170114091817
換装中の画像です
左側がオリジナルのHDD/右側がSSDです
Note-PCの背面20170113-3705_convert_20170114091907

HDD→SSD換装ができました
換装完了20170113-3708_convert_20170114091711

テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ