FC2ブログ

 今月の見出しの写真はヒガンバナ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



かわいいアカちゃん
こんにちは、僕のこと呼びました?
アカネズミ20180702-0734_convert_20180703103148


いや~、ワールドカップサッカーで日本代表惜しかったですね。

寝苦しい早朝、ふと目が覚めテレビをつけると原口の選手の見事なゴールの瞬間でした。
その数分後、何と乾選手のスーパーゴールまで飛び出し、これは勝てる!!と目が覚めました。
あのベルギーを相手に惜しくも敗北しましたが、よくここまでやってくれたと思います。
感動をありがとう!!

この日は、梅雨の合間のお天気になるだろうと朝早く我がフィールドに行って来ました。
一番の目的は、アカちゃんの状況偵察です。

アカちゃんポイントは、すでに駐車スペースもなく多くのカメラマンで賑わっています。
平日だというのに、このカメラマンの数には驚きです。
特に他府県ナンバーの車が目立ちます。

少し時間をおいてこのポイントに再度訪問です。
すると、『野ネズミも出てくるよ!』と。
すると、何とかわいい”アカネズミ”ちゃんが顔を出し、『こんにちは』と言わんばかりに近づいて来るではありませんか。
日中、野ネズミの撮影は簡単ではありません。
今年は野ネズミが多く、このアカネズミやスミスネズミといった野ネズミの姿を見る機会が多いです。
どちらも日本固有種の野ネズミです。
喜んでいるのは私だけではありません。
フクロウやオオコノハズクといったこれらの小動物を餌とするフクロウの仲間も、今年はメタボを気にする年になりそうです。
山の木の実が豊作だったのでしょうね。

これは、アカちゃんどころではありません。
このかわいいアカちゃんを撮影しなきゃと、『ちょっと失礼』と、カメラマンの足元にカメラを向け俯瞰撮影です。
『来たよ!!』との声で地面を見るとアカネズミちゃんの姿はありません。
それは別のアカちゃんのことでした。
同時に現れると、大変です。
『動くな~!』、『あっ、逃げた!!』、『左下に下がった』と、どちらのことを言っているのか訳が分かりません。
近くにいたカメラマンの皆さん、お騒がせしました。
アカちゃん、モデルになってくれてありがとうね。
また会おうね。
今度は動画だな。

頬袋にいっぱい食べ物をくわえ、巣で待つ家族に持ち帰っていました
アカネズミ20180702-0732_convert_20180703103130

誰か僕も撮ってよ!と三つ指ついて
アカネズミ20180702-0750_convert_20180703103204

おまけで別のアカちゃんです
(悩んで落ち込んでいるのではありませんよ。餌となるトカゲやヤマアカガエルを狙っているのです)
アカショウビン20180702-0690_convert_20180703103051


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


春のムツゴロウ
ムツゴロウの戦い
ムツゴロウ20180430-4233_convert_20180504112129

大授搦のもう一つの目的はこのムツゴロウです。
ガタスキーのムツゴロウ漁のシーンも生で見たかったですが、
残念ながら滞在中は見ることができませんでした。

昨年11月バルーン撮影の折、我が人生で初のムツゴロウとの出会いがありました。
それは感動ものでした。
現地の方に聞くと、春には繁殖行動のためもっと激しく戦いがありジャンプも見れるという。
そう聞くと、『見たい、撮りたいと』好奇心旺盛な私の血が騒ぎます。

シギチの撮影を終え、ムツゴロウが近くで見れる場所に。
居ます、居ます。
多くのムツゴロウが、穴から顔を出してはまた穴に戻ります。
しかし、期待した動きが見られません。
秋に撮影した時と動きにあまり違いがありません。
これでは話が違うのでは・・・
カニや他のムツゴロウと出会うと、背びれを立て威嚇はしますがジャンプはしません。
しかも、一回は威嚇しますがそれ以降はおとなしくなります。
結局、ムツゴロウはあまりしつこく戦わないおとなしい性格の動物かもしれませんね。

かろうじて撮れた”ジャンプ”はこのカット
ムツゴロウ20180430-4258_convert_20180504112145

ピンが甘いですが貴重な”飛んでるムツゴロウ”のカット
ムツゴロウ20180430-4096_convert_20180504112106

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


ムツゴロウ
ムツゴロウ公園のトイレ
ムツゴロウ20171104-4523_convert_20171109114838

せっかく有明海に来たんだから、ムツゴロウに会いたい。
かんたんには会えないだろうと、とりあえず”海遊ふれあいパーク ムツゴロウ公園”に行ってみました。
そこのトイレや街灯は、もちろんムツゴロウの形をしていました。
ちょうど潮も引いていたので防波堤から双眼鏡で小さな干潟をのぞきます。
すると、何やら15-20㎝ぐらいの黒っぽいものがポツリポツリと見えます。
『何だこれは?あっ、動いた』
これは、あの有名なムツゴロウに違いないと、あわてて近くに見に行きました。
いるわいるわ。
小さいのや、大きいのやらがいっぱいいます。
ムツゴロウってこんな大きかったんだ。
それに、こんないっぱいいるんだ。
驚きです。
てっきり、トビハゼと同じような5~6cmぐらいと思っていましたが、その大きさにはビックリです。
テレビでは見てましたが、実物を見るのは初めてです。
感激~!!
背びれを立てて威嚇する時の格好が綺麗です。
いっぱい写真を撮ってあげました。
泥が好きなんだ。
どろんこの世界で生きているムツゴロウが愛らしく見えてきました。

友人のHさんは『ムツゴロウって、歯が無いね!』って、言っていましたが、
写真を拡大すると小さな白い歯が数本上あごと下あごにありました。

佐賀の人はこれを食べるんだそうです。
こんなかわいいお魚さんを食べるのって、ちょっとかわいそうですね。

生まれて初めて見た”ムッチャン”、感激でした。
ありがとうね。
来た甲斐がありました。
春は、ジャンプも見れるそうなので来春また行こう。

ムツゴロウ公園のトイレ
ムツゴロウ20171104-4527_convert_20171109114900

ムツゴロウの街灯
ムツゴロウ20171104-4525_convert_20171109114916

これが本物のムツゴロウです
ムツゴロウ20171104-4046_convert_20171109115012

シオマネキの穴の上にトビハゼ
トビハゼ20171104-4230_convert_20171109114953

大きな口を開けお互いに威嚇するムッチャン
ムツゴロウ20171104-4130_convert_20171109115115

歯がないと思ったが白い小さな歯がありました
ムツゴロウ20171104-4121_convert_20171109115053

大きなハサミを持つシオマネキの♂
シオマネキ20171104-4292_convert_20171109115155

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


ドライブレコーダーが捉えた映像
道路左側から小動物が現れる
(動画からの切り出し画像)
ノウサギ320170723-1_convert_20170724131037


先月、我が愛車にドライブレコーダーなるものを装着した記事を載せました。
そのドライブレコーダーが、夜間走行中に貴重な映像をゲットしてくれました。

PM9:45頃、山道の県道を走っていると、道路左側から小動物が道路に出てきたのが見えました。
その走り方から、すぐにノウサギと判りました。
ノウサギに出会うのは3年ぶりです。

夜間、山間の道路を走るといろいろな小動物を見ることができます。
一番多いのはタヌキ、それにアナグマ、テン、イタチ、キツネの順です。
これらの動物は、道路を横断する姿を見かけます。
一方、ノウサギはなかなか見かけることがありません。
そのノウサギは、道路を横断というより車の前を先行し、しばらく併走するように逃げる動きをします。

この本州で、見ることが少ないノウサギですが、彼らを見かけるのはだいたい夜間です。
しかも、その姿を写真に収めるのは至難の業です。
今回、ノウサギを見かけたあと車を走らせていて、
『そうだ、あのノウサギの姿がドライブレコーダーには写っているはず』
そう思い、家に戻りそのドライブレコーダーのメモリカードのデータをパソコンに取り込み確認してみました。
ありました。
その映像には、ヘッドライトに照らされた道路脇からノウサギが現れ、
車から逃げるようにジグザグに走り、数秒後道路わきに消える姿が撮影されていました。

もしもの事故の映像はあまり見たくはありませんが、この様な動物の姿を捉えた映像は楽しめます。
これからも、ドライブレコーダーが捉えた動物たちの様々な映像を集めてみようと考えてます。

車の前を走るノウサギ
(動画からの切り出し画像)
ノウサギ20170723-1_convert_20170724055600

道路脇に逃げ込むノウサギ
(動画からの切り出し画像)
ノウサギ220170723-1_convert_20170724055617

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


五島列島福江島 動物編
カモフラージュ姿のニホンジカ(キュウシュウジカ)
ニホンジカ160925-0643_convert_20161003155258

この福江島では、早朝まだ暗い内に車を走らせていると大瀬崎周辺でニホンジカをよく見かけます。
上り坂なのであまりスピードが出ていないため、シカとぶつかることはありませんがヒヤッとします。

毎日、一日の終わりに荒川温泉という温泉に汗を流しに行くのですが、宿泊地から約10kmあります。
その帰り道、何気なしに話をしながら車外の景色を見ていたら大きな角を持ったオスジカの姿が一瞬見えました。
それは、道路脇で結構近くにいる感じでした。
亀さんに、『バック!バック!シカが居た』と、ゆっくり車をバックしてもらいました。
シカの方も、通り過ぎた車がまた戻って来たため驚いて数メータ逃げるように林側に動きこちらを見ています。
そのシカには立派な角が・・・
しかし、角には草がまとわり付き、『なんちゅう格好してまんねん』と、思わす大阪弁が出ました。
これは一種の鹿のカモフラージュか?
動かずじっとしていると、シカの姿って自然に溶け込んでわからないですね。
野生で生きるための容姿なのでしょうね。

早朝、車を走らせていた時です。
道路に横たわる一匹の動物が見えました。
”ロードキル”です。
亀さんと、『あれは何だ?足が大きいのでウサギか?テンか?それとも見慣れぬ動物か?』。
早速、車をUターンさせ早速現場検証です。
ウサギのようで耳がない!
よく見ると、耳は頭の下に隠れていました。
ノウサギです。
ノウサギのロードキルは初めてお目にかかりました。

ノウサギのロードキルは珍しいです
ノウサギ160818-1360911_convert_20161003155315

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真