今月の見出しの写真はチュウサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



五島列島福江島 動物編
カモフラージュ姿のニホンジカ(キュウシュウジカ)
ニホンジカ160925-0643_convert_20161003155258

この福江島では、早朝まだ暗い内に車を走らせていると大瀬崎周辺でニホンジカをよく見かけます。
上り坂なのであまりスピードが出ていないため、シカとぶつかることはありませんがヒヤッとします。

毎日、一日の終わりに荒川温泉という温泉に汗を流しに行くのですが、宿泊地から約10kmあります。
その帰り道、何気なしに話をしながら車外の景色を見ていたら大きな角を持ったオスジカの姿が一瞬見えました。
それは、道路脇で結構近くにいる感じでした。
亀さんに、『バック!バック!シカが居た』と、ゆっくり車をバックしてもらいました。
シカの方も、通り過ぎた車がまた戻って来たため驚いて数メータ逃げるように林側に動きこちらを見ています。
そのシカには立派な角が・・・
しかし、角には草がまとわり付き、『なんちゅう格好してまんねん』と、思わす大阪弁が出ました。
これは一種の鹿のカモフラージュか?
動かずじっとしていると、シカの姿って自然に溶け込んでわからないですね。
野生で生きるための容姿なのでしょうね。

早朝、車を走らせていた時です。
道路に横たわる一匹の動物が見えました。
”ロードキル”です。
亀さんと、『あれは何だ?足が大きいのでウサギか?テンか?それとも見慣れぬ動物か?』。
早速、車をUターンさせ早速現場検証です。
ウサギのようで耳がない!
よく見ると、耳は頭の下に隠れていました。
ノウサギです。
ノウサギのロードキルは初めてお目にかかりました。

ノウサギのロードキルは珍しいです
ノウサギ160818-1360911_convert_20161003155315

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


ムサ君 ”開眼!”
やっと大きな目が見えました
ムササビ160606-2600_convert_20160608085340

いつものように、ムサ君が見える場所に陣取りこの日は朝食を食べていました。
すると、ス~と巣穴から顔を出したムサ君。
双眼鏡で見ると、眼が・・・
あわてて、カメラをセットし撮影です。
眼にはキャッチライトも入り、やっとムササビらしい表情を捉えることができました。
夜はもっと眼を大きく見開きもっとかわいい表情を見せるのですが、
彼にとっては今からおやすみという時間なので御の字です。

ムササビ160606-2593_convert_20160608085324

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


ムササビ君
起きたてでまだおねむの顔はあまり可愛いとは言えません
ムササビ160517-2007_convert_20160520092814

フィールドを訪れた日、今年はあの節穴にはテンではなくムササビが入っているという。
『それはムササビではなくモモンガでしょ』
僕は、過去にこの付近で夜間モモンガを撮影したことがあったからです。
この場所の標高は約900m。
ムササビも居る環境ではあるもののモモンガの環境でもあります。
そこで、夕方車を止めスマートホンでインターネットを見ていた時でした。
ふと、この穴を見ると黒い穴の部分が見えません。
と、言うことは何者かが顔を出しているのかと双眼鏡で確認すると居ました。
それは、モモンガではなくムササビ君でした。
あわててカメラを取り撮影したのはいいがシャッタースピードが・・・
画は真っ黒でしたが、何とかLightroomの手を借り見える写真にしたのが上の写真です。
テンが入っていた巣穴にムササビ。
危険はないのでしょうか。

それにしても、寝起きなのでしょうか眼が薄目になっているので可愛くない顔でした。

顔を出したテン(昨年撮影の写真です)
テン150522-0870_convert_20160520092726

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


ロードキル
道路に横たわるホンドテン
テン160411-2645_convert_20160415072007

撮影に行こうと、まだ薄暗いうちから家を出ました。
県道や国道を走って行くと、道路中央に何か落ちています。
近づくにつれ、それは動物だとわかりました。
ここ中国地方では、少し入った山間の道路ではこのような動物の轢死(れきし)体をよく見かけます。
これは、野生動物に対する交通事故で”ロードキル”と呼ばれています。
その犠牲の多くは、”タヌキ”が多いですが、今回は”ホンドテン”でした。

この時期のテンは、まだ顔には白い毛でおおわれ、冬毛の様相を呈しています。
テンは、山間部に結構生息しており、このような道路はテンの生活圏には必ず存在します。
テンは夜行性です。
暗くなる夕刻から早朝にかけ、エサを求め活動します。
そのため、夜間スピードを上げた車にひかれるケースが後を絶ちません。
私も、夜間に北広島からの帰り道、道路際や道路を横切るタヌキ、アナグマ、
そしてテンの姿をみかけることがあります。
車も制限速度を守り、ハイビーム走行すればこのような小動物の存在は確認できます。
ハイビームにすることで、相手もこちらが近づいてくることを知り側溝や山中に逃げていきます。
野生動物とは言え、車でひいてしまうと気持ちのいいものではありません。
それがもとで、大きな事故にもつながりかねません。
夜間走行は、十分注意して運転しましょう。

AM5:40頃道路に横たわる一匹のテン
テン160411-2644_convert_20160415071952

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


宮島
厳島神社の社殿屋根には薄っすらと雪が
厳島神社160301-7250_convert_20160303160420


久しぶりのブログ更新です。
更新しないブログに、多くの方に訪問いただいきありがとうございます。

昨夜から雪がちらついていました。
『このまま雪が積もれば明日は宮島の撮影に』と意気込んでいましたが、朝起きてがっかり。
思ったほど積もってはおらず宮島行は諦めです。
ゆっくりと朝食をとっていて窓に目を向けると、外はすごい雪が舞っていました。
あわてて、家を飛び出し宮島へ。

出足が遅れましたが、宮島に到着してまたがっかり。
積雪は屋根に薄っすらだけ。
道にもなく、肝心の大鳥居には全く雪が残っていません。
この寒さ、さすがの観光客も少なめです。
気を取り直し、被写体探しです。
すると、潮が引いた海岸線に鹿が突合せをしているのを発見。
鹿の突合せは、本来繁殖期の秋に行られる行動ですが若いオス2頭が何度も突き合わせていました。
早速海岸に降り、厳島神社社殿を入れての宮島らしい撮影です。

少しでも鳥の撮影と思っていましたが、鳥影は少なく収穫なし。
公園を徘徊していると、立派な角を持った一頭のオス鹿に出会いました。
この時期、多くの鹿が角を切られていますがこの鹿は角切を免れたようです。
立ち姿も堂々としており、いい被写体でした。


立派な角をもったオス鹿
シカ160222-_convert_20160303160319

動物の撮影は目線で撮影すると迫力が出ます
シカ160301-_convert_20160303160351

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真