今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



秋の夜泣き地蔵
夜泣き地蔵の紅葉20171117-7523_convert_20171119192033

ここは、春と秋には景色は一変します。

数年前、この地を通り過ぎようとしたとき、その光景に目を奪われました。
ちょうど、近くの道の駅でトイレ休憩と思っていたところでした。
地元の人に、『春はしだれ桜、秋は紅葉と一年で二度楽しめる場所ですよ』って、教えてもらいました。
ちょどいいタイミングに毎年は行けていませんが、
今年は見事な満開のしだれ桜と見事に色づいた紅葉を撮影できました。
このお地蔵様を大切にされている地元の方々に感謝です。

春から秋への変化を動画にしました


夜泣き地蔵を彩る紅葉です
夜泣き地蔵の紅葉20171117-7564_convert_20171119192056

テーマ:紅葉の写真 - ジャンル:写真


大授搦の落日
大授搦の落日
大授搦落日20171103-7357_convert_20171107201326

バルーン撮影後、佐賀市東与賀町にある大授搦(だいじゅがらみ)に。
この大授搦は、有明海の北側に位置し、
『水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約』”ラムサール条約”に登録されているところです。

この日の夜は、シチメンソウのライトアップが行われていました。
到着すると、干潟に沈む夕陽が綺麗でした。
そして、落日後のゴールデンアワーの夕焼けも雄大で感動ものでした。
陽が沈み、あたりが暗くなると、道端には東与賀小学校の子供たちが作った手作りの灯篭が灯され、
ランプウエイの道が出来ていました。

夕焼けとシチメンソウ(iPhone7にて撮影)
シチメンソウと20171103-4515_convert_20171107201341

巨大な干潟に広がる夕焼けの空
大授搦夕焼け20171103-7381_convert_20171107201256

シチメンソウのライトアップ
夜のシチメンソウ20171103-7465_convert_20171107205655

シチメンソウを彩る手作りの灯篭と巨人の影
夜のシチメンソウ20171103-7480_convert_20171108073936

テーマ:夜景 - ジャンル:写真


2017佐賀バルーンフェスタ
2017佐賀バルーンフェスタ
佐賀バルーンフェスタ20171103-7039_convert_20171106211738

佐賀バルーンフェスタに行ってきました。
実に5年ぶりの佐賀バルーンフェスタです。

お天気には恵まれ、青空を飛ぶバルーンや川面に写るバルーン撮影も綺麗でした。
しかし、翌日に予定りていた夜間係留(ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン)は、残念ながら強風のため中止。
5年前も強風のため中止でした。
晴れ男にも、風までは効き目がないようです。
又のお楽しみに取っておきましょう。

今回は、”川面に写る熱気球”を何とか撮影することができました。
ものすごいカメラマンの中をかき分け、手を伸ばしライブビュー撮影でシャッターを切りました。
これもデジカメのなせる業。
何とか、フレーミングすることができました。
早朝、ピンクに染まるいわゆる『ビーナスベルト』のグラデーションが綺麗でした。
結局半日の撮影に終わりましたが、楽しい撮影でした。

朝焼けを背景にバルーンが飛ぶ
佐賀バルーンフェスタ20171103-6680_convert_20171106211803

早朝ビーナスベルトに染まる空にバルーンが上がります
佐賀バルーンフェスタ20171103-6653_convert_20171106211824

次々と離陸するバルーン
佐賀バルーンフェスタ20171103-6740_convert_20171106211844

嘉瀬川の川面を色とりどりのバルーンが彩ります
佐賀バルーンフェスタ20171103-6832_convert_20171106211900

川の水際は大勢のカメラマンで埋め尽くされています
佐賀バルーンフェスタ20171103-6721_convert_20171107065245

子供たちに人気のバルーンファンタジア
佐賀バルーンフェスタ20171103-6987_convert_20171106211920

こんなバルーンが実際飛びます
佐賀バルーンフェスタ20171103-7026_convert_20171106212205

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真


遠征地での一コマ
満開のキバナコスモス畑
花の海20171009-6243_convert_20171011125535

ヒヨドリの渡り撮影は午前中に終わります。
今年は、日中の気温が28℃以上になり秋とは思えないぐらい暑さです。

夕方、陽が傾いたころ、
山陽小野田市にある西日本最大級のシステム農場”花の海”に行こうという話になりました。
そこにはフジバカマが植えられて、アサギマダラもいるかも。
それと、コスモスもいっぱい咲いていて綺麗かもと、行くことになりました。

コスモスはキバナコスモスが満開でしたが、ピンクや白のコスモスは咲き始めでポツリポツリ。
さすが西日本最大級のシステム農場です。
大きなトラクターがいっぱいありました。
その中で、トラクターから給水の水が逆光で光り輝いている光景が眼に止まりました。
あまり見慣れない光景に、コスモスどころではありません。
どのような露出で撮るか悩みます。
迷っていても始まりません。
いろいろ露出を変え、あとは現像で頑張ってみようと撮影しました。

フジバカマもピンクや白いのが多く植えられていましたが、肝心のアサギマダラはまだ来ていないようでした。
コスモスの小道には、エノコログサがキラキラと美しかったです。

暑かったですが、いいものを見せていただきました。
連れて行ってくださったCさんありがとうございました。
帰りは、20数年ぶりに訪れた”みちしお”で貝汁頂き、この日の締めとなりました。
さすが”名物の貝汁”、美味しかったです。
また行きたいですね。

翌日、寝ていると深夜に友人から電話が入りました。
『霧が出ているので市内の山に撮りに行くよ』
『行っといで!』
私は、霧なら橋に架かる霧の方が撮りたい。
そう思って電話を切り、また寝ました。
早朝、マジックアワーの時間帯。
橋の撮影地には、薄っすらと程よい霧が立ち込めナトリウム灯から降り注ぐ光が幻想的でした。

フジバカマは結構ありましたがアサギマダラはまだ先のようです
フジバカマ20171009-6244_convert_20171011130922

水やりの光景
花の海20171009-6292_convert_20171011125605

光り輝くエノコログサ
エノコログサ20171009-6260_convert_20171011125833

霧の周防大橋
霧の周防大橋20171010-6307_convert_20171014150417

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真


キノコのシーズンです
倒木にキノコがいっぱい生えています
ツキヨタケ20171001-4395_convert_20171005220808

秋といえばキノコのシーズンです。
キノコに興味はありませんが、一部のキノコには興味があります。
それは、光るキノコです。
光るキノコといえば、シイノトモシビタケが有名ですがこの辺りでは見かけません。
次に、ツキヨタケもロマンチックな名を持つ光るキノコですがどこにあるやら。

先日、地方新聞にこの”ツキヨタケ”が撮影され載っているのを見けました。
その記事には、撮影は午後11時25分とあります。
真夜中、真っ暗な森に一人で入るのはあまりにも無謀すぎます。
山には、ツキノワグマのが食べ物を求めて徘徊しています。
そこに出くわすと、まずいことになります。

この記事を見て、友人と電話で『明るいうちに探して撮影してみようよ』
そう言っていたものの、私は現地には行きませんでした。
そこに、友人から、『ツキヨタケ見つけたよ!』と吉報が入りました。
二人いれば、夜の森で大きな声で会話してればクマさんも近寄っては来ないだろう。

この日は、月明かりのある日でお月様が落ちるのはAM1時。
そんな遅くまでは待てません。
陽が沈み、辺りが暗くなってきた時間で早速めぼしいキノコを初露光です。
ツキヨタケの撮影は生まれて初めてです。
しかし、被写体を見ても、肉眼では光っているのは見えません。
露光を終え、撮影画像を見ると『光ってないじゃん!!』
『間違ったか』
そうこうしていると、友人がその画像を拡大して確認すると、
キノコは薄っすら緑色に光っているではありませんか。
思っていた以上に光は弱く、感度を思いっきり上げるか、
もっと明るいレンズで撮影しなければなりません。

満点の星とのコラボがベストですが、今宵は月夜でこの露出です。
空は昼間のように明るくなります。
初めての撮影でしたが”光るキノコ”撮影に、友人共々感動し帰途につきました。

このキノコの仲間で夜になると不気味な緑色に光っているのものがいます
ツキヨタケ20171001-4688_convert_20171005220115

その名は”月夜茸”
ツキヨタケ20171001-4674_convert_20171005220056

暗い森に薄っすらと光を放ちます
ツキヨタケ20171001-2_convert_20171005220018

肉眼では少し白いかな?っていう感じですが長時間露光するとこんなに光っています
ツキヨタケ20171001-4667_convert_20171005220038

テーマ:夜景 - ジャンル:写真