今月の見出しの写真はチュウサギ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



F35B ライトニングⅡ Part3
R/W20への着陸


今回は、またまた懲りずに戦闘機の話題です。

この日は、もうF-35Bは飛ばないな。
あきらめかけていた時でした。
格納庫から数名の兵士が出て、奥の格納テントに歩いていきます。
PM3:30。
格納テント奥の、少なくても3機のF-35Bの翼のストロボライトが点滅を始めました。
『おっ、やっと飛ぶのか?』
それから、30分一機、二機とゆっくり滑走路に出て行きました。
その姿を撮影していると、また一機、二機と計4機のF-35Bが離陸します。
離陸は、通常通りR/W02への離陸です。
その後、ハリアーも4機滑走路上に現れ次々と離陸して行きました。

その後、風が南向きとなり、陸上自衛隊機からR/W20への着陸リクエスト。
しばらくし、全機R/W20の着陸となりました。
ヤッター、このままだと戻って来るF-35BはR/W20降りする。
すなわち、我々がいる方向から滑走路に侵入してきます。
夕陽に照らされた機体が目の前を通過するのです。

残念ながらこの日のF-35Bは、全機ノーマル着陸で降りてしまいました。

しかし、今日は夕陽を浴び綺麗な機体を見ることができました。


後輪から白煙が上がるノーマル着陸CTOL(Conventional Take-Off and Landing)
F-35B20170216-9841_convert_20170223201832.jpg

順光で見るカーボン複合材で作られた綺麗な機体
F-35B927120170216-_convert_20170223201854.jpg

パイロットが装着するヘルメットはF-35専用でヘッドマウントディスプレイシステムを装備しています。
ちなみにそのシステム一機40万ドル(約4500万円)もするそうです

F-35B972120170216-_convert_20170223201910.jpg

ローパスで通過する鈍く輝く機体
F-35B20170216-_convert_20170223201753.jpg

テーマ:航空機 - ジャンル:写真


F-35B ライトニング Part2
F-35は普通に飛んでもベーパーが出ます


F-35Bの垂直離着陸を見たい。
そう思って、先日また岩国基地に行ってきました。
到着すると、現地の方から『朝早く、もう3機飛んで行ったよ』。
なら、戻ってくるはずです。
その時をと、あわててカメラをセットします。
しばらくすると、上空を2機の機体が通過しました。
確認すると、F-35です。
その内の1機がゆっくりと低空で降りてきました。
見ると、コックピット後方のリフトファンの扉を上げているではありませんか。
これは、ひょとすると垂直着陸するのか?
当たりでした。
滑走路東側にF-35用に特別なパッドが作られています。
ヘリポートのような感じです。
コンクリートに直接ジェット排気を当てるため、特別に分厚いコンクリートの発着場が作られているのです。

ゆっくりと機体の向きを回しゆっくりゆっくり降下します。
ビデオ撮りしたかったのですが急なことだったのでもう間に合いません。
最新鋭の戦闘機だけに正面顔もいいフォルムです。
あのような構造で、よく機体のバランスを保ち垂直離着陸できるものだと感心します。

戻ってきた8号機が垂直着陸を見せてくれました
F-35B20170202-6508_convert_20170203151344.jpg

ジェット排気口が折れ曲がり下を向いています
F-35B20170202-6548_convert_20170203151359.jpg

ハリアーより静かに感じました
F-35B20170202-6591_convert_20170203151411.jpg

後ろから見ると”空飛ぶマンタ”です
F-35B20170202-6687_convert_20170203153027.jpg

10名で手洗い洗車中です
F-35Bの洗車20170131-5803_convert_20170203151433

テーマ:航空機 - ジャンル:写真


F-35B ライトニング
F-35B Lightning


先月の18日、山口県岩国基地にアメリカ海兵隊のF-35Bライトニングが配備されました。
連日、多くのマスコミや飛行機屋さんたちで今か今かと待ち望んでいた戦闘機です。
その後、計10機が岩国基地に飛来しました。
現在配備されているF/A-18ホーネット12機とAV-8Bハリアー攻撃機8機と、夏までに合計20機と入れ替わります。
アメリカ国外では初の実戦配備となります。

このF-35Bは垂直離着陸ができ、しかもレーダーに感知されにくいステルス機なのです。
先月の30日から本格的な訓練が始まったと聞き、早速岩国基地に撮影に行ってきました。
この日は晴天で暖かく、陽炎出まくりで午前中の撮影したカットはほぼ全滅。
しかも、F-35Bは見れたのですが、残念ながら垂直離着陸はせず通常の離着陸でした。

翼が短く軽い機体のような感じがします
F-35B20170131-5559_convert_20170202173304.jpg

機体の色合いが地味です
F-35B20170131-5603_convert_20170202173315.jpg

なかなかコックピットが見えません
F-35B20170131-5477_convert_20170202173252.jpg

テーマ:航空機 - ジャンル:写真


岩国基地フレンドシップ2016 Fー16 ファルコン
太平洋空軍F-16戦闘機
F-16160505-7347_convert_20160511142719.jpg

岩国基地フレンドシップ2016の話題も、この記事で最後となります。

この米国空軍F-16の飛び物はいつも期待を裏切りません。
今年は、一度は特別観覧席からと大枚をはたいて入りました。
しかし、場内に入るのも遅いし地上展示撮影などでこの特別観覧席に入ったときはすでに遅し。
滑走路の最前列には、場所取りされており人っ子一人入るスペースもありません。
しかも、その最前列で椅子の上に立たれれば後ろの方は全く滑走路が見えなくなります。
それでも、隙間から500mmで切り取り、フレームアウトしていますがこんな距離での撮影は滅多にできません。

澄み切った青空の中、このF-16だけは機体両脇からベーパーが発生していました。
他の戦闘機とはスピードが違うのでしょう。

今回は、この機体の重厚な質感と綺麗なフォルムを強調し現像してみました。

コックピット左側の140個(一部不鮮明なので139個かも)のマークは何のマークでしょう
F-16160505-8526_convert_20160510214154.jpg

黄色の色だけを残しモノクロ化してみました
F-16160505-_convert_20160510214114.jpg

遠くですがベイパーが出ています
F-16160504-6362_convert_20160510214057.jpg

この日はベイパーが出にくい日でした
F-16160505-8975_convert_20160510214210.jpg

テーマ:航空機 - ジャンル:写真


岩国基地フレンドシップ2016 AV-8Bハリアー
AV-8B ハリアー
AV-8Bハリアー160505-_convert_20160510213907

岩国基地にはF/A-18以外にAV-8Bという戦闘機が配備されています。
ここ岩国では毎日のように訓練飛行しています。
日頃の訓練では、垂直離着陸はせず普通の戦闘機と同様に滑走路を滑走し離着陸します。
垂直離着陸をすると結構燃料を消費するようですね。
この機種も老朽化のため、そのうち見られなくかもしれません。

正面顔は精悍に見えます
AV-8Bハリアー160505-8025_convert_20160510213928

後方から見た目はU・F・Oか?
AV-8Bハリアー160505-8143_convert_20160510213943

見るからに重そうな機体です
AV-8Bハリアー160505-9558_convert_20160510214001

テーマ:航空機 - ジャンル:写真