FC2ブログ

 今月の見出しの写真はコチョウゲンボウ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



若武者 クマタカ
若武者 クマタカ
クマタカjr081003-2284_convert_20121023223058

関西在住の折、友人から警戒心が極端に薄いクマタカの若がいるとの情報が入る。
しかし、その場所は島根県。片道370kmはある。
幼鳥は比較的警戒心が薄い。しかし、いくら警戒心が薄いからといっても相手はクマタカである。
行く価値があるか?悩む。
この若は、そこらの幼鳥とは違い人をまったく恐れず結構近くで撮影できるという。
こんなチャンスはあまりない。
『後悔するなら行ってから後悔したほうがいい』そう思って、深夜中国自動車道を西へ車を走らせた。

明け方、現地に着くと友人のMさんがすでに到着していて今までの状況を聞いた。
2人で探していると、遠くの木に1羽の鳥が止まっているのが見えた。
双眼鏡でもそれが何の鳥かもわからないくらい遠かった。
近くまで車で移動し確認すると、このクマタカの若であった。
この若武者、その年生まれではなく2年目を迎えていると言う。
クマタカの繁殖は、子育ての関係なのか2年おきの繁殖が普通である。
その間、幼鳥は親から餌をもらい餌の捕り方を覚える。
したがって、この若様もしばらくするとこの親の縄張りから追い出されることになるだろう。

しばらくして、その若武者は飛び去り遠くの杉林に消えた。
すると、遠く方のスギ林から上半身を出しているのが見えた。
早速、移動し少し離れた場所から撮影開始。
1時間半近く撮影していたその時、突然若武者は止まっていた木から落ちるように下に降下した。
下は道路だ。早速、500mm片手に若武者が降りた付近まで走った。
すると、若武者は道路脇の白線の上に居た。
こちらを気にすることもなく、じっと地面を見て何やら探している。
トカゲか何かが居たのであろう。
早速、農機具倉庫脇から手持ち撮影。
若といっても顔はすでに黒く、虹彩は少し青みがかった灰色。
それにしても精悍な顔立ちだ。大きさから雌の若であろう。
5分ぐらい何かを探していたが、あきらめた感じで山側の林に飛んだ。
もうだめか。
そう思って道路に出て山側に目をやると、若武者は何とこちらを向いて仁王立ちしているではないか。
その距離約15m。鋭い眼光、精悍な顔立ち、その姿は野武士と言われるゆえんである。
思っていたより足が長い。地面に目をやり、きょろきょろと何かを探している様子。
こちらをまったく気にしている様子はない。
ゆっくりとレンズを向け、警戒させないよう一枚、少し近づきまた一枚とシャッターを切った。
興奮と動揺で、レンズを持つ手が震える。
撮影中は呼吸も止めるため息苦い。
永年野鳥撮影しているがこんなチャンスは初めてだ。

スギの木立から顔を覗かせる若武者
クマタカ081003-7447_convert_20121025175807

何かを狙って急降下する若武者
クマタカ081003-7499_convert_20121025175832

仁王立ちの若武者
クマタカjr081003-2329_convert_20121023222202


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント
今晩は。
やっさん、今晩は。
やっさんの心臓の音まで写ってる写真ですね。
こんなチャンスは一生に一度ですかね次のチャンスは心臓の音までは写らない落ち着いて撮れますよ(笑い)
[2012/10/25 20:33] URL | 亀です。 #o0CHowrs [ 編集 ]


亀さん、亀さんだったらその時の僕の心臓のパクパク感わかるでしょ。
それに、撮影中は呼吸もせず時々深呼吸ですよ。こんな機会があるから長続きできるのでしょうね。
[2012/10/25 21:48] URL | やっさん #- [ 編集 ]

はじめまして
初めてコメントします。S県のイヌワシ山ではお会いしてると思いますが。クマタカのこの距離の撮影、すばらしい。私もクマタカ追いかけてますが飛び回ることばかりでなかなか近くでのとまりが見れません。私も関西ですが場所がわかれば島根まででも今すぐ飛んで行きます。知りたいなぁ。
[2012/10/26 06:26] URL | m #wLMIWoss [ 編集 ]


mさん、当ブログに訪問いただいてありがとうございます。クマタカは猛禽の中でも特に魅力ある鳥ですよね。
私も大好きです。しかし撮影はたいへん難しいですね。見つけるのもたいへんです。
mさんもいつかはこんなチャンスが訪れますよ。それに、この話は数年前の話です。
たいへん申し訳ありませんが、クマタカに限らず野鳥の撮影場所は基本的には公開いたしません。
あしからず。
[2012/10/26 19:36] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック