今月の見出しの写真はトラツグミ

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ハヤブサ
ハヤブサ031025-980308003_convert_20121028222511

長く写真を撮り続けていると、
自分の写真人生で、ある転機を向かえる出来事に遭遇する。
その転機とは、私の場合まず第一弾は1980年代の風景写真から野鳥写真への変化。
そして、1990年代マニュアルフォーカスからオートフォーカスへの進化。
同じく、1990年代にパソコンの導入とプリンターでの自家プリントへの挑戦。
2000年代を迎え、銀塩カメラからデジタルカメラに。
このように、時代とともに我が写真人生もいろいろ変化しました。

今回のお話は、その中のマニュアルフォーカスからオートフォーカスへの進化の話しである。

きっかけとなる写真が上のハヤブサの写真である。
これは1991年3月に撮影した日本海で撮影したハヤブサの写真である。
この時、撮影した機材はNikonのマニュアルフォーカスレンズである。
当然、ピント合わせは手動。
レンズのヘリコイドをグリグリ回し、ファインダーでピントが合った瞬間にシャッターを切る。
今でこそオートフォーカスは当たり前。
しかし、一昔前はピントは自分で合わすのが当たり前であった。
この時のハヤブサは、比較的ゆっくり飛んでいたが私から遠ざかるように飛んでいた。
この写真のカットを撮影した際、何枚か連続撮影したが結果は全てピンボケ。
当時はまだフィルム撮影だったため、他のカットは当然ゴミ箱行きである。
余談ですが、当時のフィルム撮影ではフィルム代+現像代で一カット約¥50かかりました。
それが何枚もゴミ箱に・・・
そうです、私のピント送りが追いついていないのである。
左手でヘリコイドを回す→自分の目でピントを確認する→右手の人差し指でシャッターボタンを押す。
この一連の動作が、ハヤブサの飛ぶスピードについて行けていないのです。
へたくそ~!と言われればそうかもしれません。
その当時、この一連の写真を見てすごいショックを受けた。
それから、野鳥写真は、いくら腕を鍛えても人間技には限界がある。
まして、撮影能力の無い私にはこれ以上の撮影は無理だ。
これからは、オートフォーカスの時代かな、とつくづく感じた。
よし、オートフォーカスレンズにしよう。
そう決心した私は、
1992年、当時ギューンギューンと動く機械式オートフォーカス機構しかなかったNikonから別れを告げ、
ウルトラソニックモーター採用のCanonのEFレンズに変更する決意をしたのである。

-追伸-
オートフォーカスが進化した今日でも、
今だにこの様な紺碧の海バックに飛ぶハヤブサの背面にピントが合いません。
Canonさん何とかしてよ!って言いたいですね。
それとも、ハヤブサの背面は”ステルス仕様”でピントは合わないようになっているのか?
ひょっとして、今の最新鋭の1DXならピントが合うのか?
ダメダメ、そのようなことを考えても、今の私はあのような高価なカメラは買えません。
そういうシーンに出くわした際は、昔取った杵柄でひたすらヘリコイドを回し続けます。

美しい日本海を背景に見張るハヤブサ
ハヤブサ120825-940313_convert_20120828085101


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント
お早う御座います。
やっさん、お早う御座います。
私も似た様な経路をへてます当時はNikonを使ってた方が大半で私はCanonのFD600で色にじみに悩まされFD500にしてから写真が変わりましたその後オートフーカスに、丁度そのころ私もハヤブサ撮影に没頭しているころです飛んでいる写真が撮れる様に成って関心しましたよ、その後デジタルになり導入は人より遅くデジタルは未だにちんぷんかんぷん最近思うにNikonの方がデジタルはCanonを追い越した見たいな気がして変えたら又写真が変わるでしょうかね?
[2012/10/30 07:12] URL | 亀です。 #o0CHowrs [ 編集 ]


亀さん、おはようございます。
この前、山口県のハヤブサ撮影の折、FD600を持っておられら方にお会いしました。
懐かしいレンズですね。
今の、蛍石やED、SDといった高級なレンズが何故必要なのかは、この様なにじみを経験しないとわからないでしょうね。
ニコンですか?ニコンもカメラ作りはキャノンより優れているのは認めます。
デジタル技術はどっこいどっこいかな。まだ、このデジカメは発展途上中と思います。
これからももっといいカメラが各社から出てくると思いますよ。

[2012/10/30 07:58] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック