今月の見出しの写真はトラツグミ

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ミノムシ
ミノムシ121123-1099_convert_20121128193721

今回はミノムシの話題です。

散歩していてその道すがら周りをキョロキョロ。
すると、最近ミノムシが非常に少ないと感じます。
以前はもっと葉っぱの落ちた木立にぶら下がっていたように思う。
これは、外来種の『オオミノガヤドリバエ』という大陸型のハエが、
このミノガを食べつくしていると言われてます。
各地の県では絶滅危惧種に選定されているところもあります。

ミノムシは、オオミノガという蛾の幼虫です。
その幼虫は、10月頃から寒い冬を越すため落ち葉などで蓑を作り越冬に備えます。
この蓑は、幼虫が自らの口から吐く丈夫な糸で巻きつけその外側を落ち葉でコーティングしてます。
一種のカモフラージュですね。
それを、適当な小枝に糸を巻きつけ固定します。
このミノムシは、小鳥や鷹などに結構食べられています。
この蓑は、たいへん丈夫で人間の指では引きちぎることは出来ません。
鳥達は、いとも簡単に引きちぎります。すごい力ですね。

このミノガの幼虫は、冬の間は一切外には出ません。冬眠状態になります。
そして、4月下旬頃蓑を破り外に出て羽化します。
と言っても、オスは羽があり飛んでメスを探しますが、メスには羽がありません。
この蓑の中で入り口だけ開けてオスをひきつける臭いを出してひたすらオスを待ちます。
何かむなしい一生ですね。

ミノムシ121123-1243_convert_20121128193654


テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック