FC2ブログ

 今月の見出しの写真はコチョウゲンボウ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ギンザンマシコ
ギンザンマシコ121125-5606_convert_20121201173525

先日、我がフィールドでは滅多に見れないものが現れた。
電話で連絡を受け、早速撮影に出かけた。
我が家からフィールドまでは約80km近くある。車で約1時間半かかる。

到着すると、友人がわざわざ私の到着を待っていてくれて詳しく動きを教えてくれる。
そう言う情報は、撮影する際ひじょうに参考になる。感謝感謝である。

しばらくすると、お気に入りのカンボクにひょこり止まっている。
もう、ほとんど実が残っていない。
この鳥一羽が、この木の実をすべて食い尽くす勢いで食べている。
先日、キレンジャクの記事でカンボクの実はキレンジャクとツグミぐらいしか食べないと書いた。
このギンザンマシコも食べているではないか。
早速、訂正しなければいけない。
それにしてもすごい食欲である。

最初、この鳥を見てこれってギンザンマシコ?と思った。
確かに、大きさも大きくギンザンマシコである。
しかし、この鳥があの北海道のギンザンマシコと同じか?
その疑問は、この鳥のオレンジがかった色合いである。
オスは紅色で幼鳥も薄い紅色。
この固体は、どちらかというとメスだろう。
しかし、ギンザンマシコのメスは、黄緑かかったオリーブ色である。
この固体は、幼鳥と思われるが、メスの幼鳥はオリーブ色が薄く、
こんなにオレンジ色は出ないと思うのだが・・・
それに、体つきも少し小さい。
そのためか、クチバシが少し小さく感じる。
いずれにせよ、ギンザンマシコのメス幼鳥を見たことが無い私には否定する知識も無い。

亜種でコバシギンザンマシコというのがロシアにいる。
Webで検索すると気になる記事があった。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/sakubon0204/view/20121126/1353993445
これは、最近11月22日に北海道新聞に載った記事で天売島で撮られた写真。
この固体と似た色合いに見える。

この固体が、コバシギンザンマシコか普通のギンザンマシコかは私にはわからないが、
ギンザンマシコには違いない。
もちろん、我がフィールドでは初記録。
広島県では、1986年12月30日南原峡で発見されて以来、26年ぶりの記録である。
今日も、確認に行ったが29日朝までは見られたらしいが、もう姿は無かった。

ギンザンマシコ121125-5826_convert_20121126211015

ギンザンマシコ121127-1943_convert_20121201172911

ギンザンマシコ121127-1820_convert_20121201172824


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック