今月の見出しの写真はルリモンハナバチ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



冬の干拓地
モズ121229-8556_convert_20121229210149

前回に続き、ハイイロチュウヒの撮影に出かけた。
しかし、目的のハイイロチュウヒのオスはお出ましにならず空振りの終わった。

早朝、草原にはモズが出迎えてくれた。
遠くは、朝もやが薄っすらかかり、20年前の干拓地の雰囲気が漂う。
昔は、この様な風景は当たり前の様に撮影できた。
しかし、最近はやたらと人工物が背景に入る。

一羽のチュウヒが横切る。
双眼鏡でそのチュウヒを見ると、何と大陸型の様である。
体が小さくオスのように見える。
幼鳥にしては虹彩が黄色い。
成鳥のオスは顔は黒くなるが、メスのような色合いの顔のオスもいるようである。
その点はあまり詳しくないので、オス、メス、幼鳥、成鳥の断定しないほうがいいだろう。
最近やたらと大陸型が目に付く。
以前は、こんなチュウヒは滅多にお目にかからなかった。
最近、国内型の普通のチュウヒがだんだん少なくなって来たようにも感じる。

チュウヒのねぐらポイントでご帰還を待っていると、遠くからひらひら飛ぶ猛禽の姿発見。
確認すると、それは一羽のコミミズクであった。
ここに、コミミズクが入っていることは聞いてはいたが姿が見れるとはラッキー。
久しぶりのコミミズクの出会いに感謝、感謝。

大陸型チュウヒ
チュウヒ121229-8757_convert_20121229220824

コミミズク
コミミズク121229-8884_convert_20121229210051


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック