今月の見出しの写真はハギ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



冬の使者 コミミズク 河川敷編
寝床から顔を出したコミミズク
コミミズク070321-9673_convert_20130116162447

茨城県の利根川流域の河川敷。
毎年のように多くのコミミズクが飛来する。
しかも、ここのコミミズクは比較的まだ陽が高い時間帯に行動する。

コミミズクは、草が密集している場所で寝ている場合が多い。
それまで西日本で多く撮影していた私は、このコミミズクの寝床を見たことがなかった。

昼前、現地に着くとすでに多くのカメラマンがいた。
友人と立ち話で賑わっていた時、一羽のコミミズクが顔を出した。
そこは、イヌを散歩させる方もおられるため、そのイヌの存在に驚いたコミミズクが目を覚ました。
その時間は、12時過ぎ、みんな昼食中であった。
その、一羽のコミミズクに多くのカメラマンが殺到したのは言うまでもない。
私もその一人ではあるが・・・
そのカメラマン達は、一応コミミズクとの距離をある程度取り、遠巻きに撮影している。
少しでも前で撮影しようとすると、横から後ろから注意する声が飛んでくる。
しばらくして、撮り飽きると一人また一人とその場から移動し出す。
それは、飛び出しを撮影するため少し離れた土手沿いに移動するのである。

コミミズクはお目覚め後、活動を始める前に必ず身震いをする。
人間でいう背伸びみたいな行動を取るのである。
そして、寝床から歩いて出て行く。
その後、しばらく安全を確かめ近くの杭に飛びつく。
不用意に飛び出すと、飛び出しざま強敵ノスリの襲撃にあう。
ノスリの一撃で致命傷となる場合があるので注意が必要である。
そこからが彼らの活動開始である。

身震いするコミミズク
コミミズク070321-9786_convert_20130116162459

『もう起きる時間かい』と空を眺め
コミミズク070321-9802_convert_20130118161436

周囲の安全を確かめ
コミミズク070321-9956_convert_20130116162516

杭に止まるコミミズク(訳あって顔はお見せ出来ません。あしからず)
コミミズク070321-9995_convert_20130116162546


テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック