今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



熱赤外線センサー完成


友人に頼まれていた熱赤外線センサー(焦電センサー)が完成しました。
自然界に生息する動物を、無人カメラで自動撮影するためのセンサーです。

重い腰を上げ、製作に取り掛かりやっとこさ完成。
と言っても、このセンサーの心臓部はPanasonic製モーションセンサー(NaPiOn)である。
最近、身近なところで使われてます。
人がいないとテレビが勝手に消えるとか、
トイレに入ると自動的に照明がついて便器のふたが開くとかに使われている高級センサーなのです。

このセンサーは、優れもので4℃の温度差を検知すると信号がオンとなる。
従来の焦電センサーはセンサーからの出力を何千倍もの増幅器で信号を増幅しなければいけなかった。
そのため、多くの回路が必要でした。
しかし、このナピオンは価格は高いがそういった周辺回路が不要で、
出力信号がそのまま使える優れもののセンサーです。
感度もよく、5m以上は感知できる。

今回作成した焦電センサーを機に、工作意欲に火がつきました。
今後は、この焦電センサーをより小型にした物を製作をしようと思っています。
これは、以前このブログで紹介した1チップマイクロコンピュータを使った、
小型で電池も組み込んだセンサーを作って見ようと考えてます。
電気回路は簡単で済み、回路図は出来ていますがマイクロコンピュータのプログラムを組む必要があり、
色々な方のネット情報を元に現在勉強中です。

仕様は
 大きさ ;本体は20mmx50mm(単4乾電池2個分ぐらい)
      電池を別ケースで一体化にする
 電源  ;3V 単4乾電池2本または単3乾電池2本またはCR2032のコイン電池使用
 重量  ;100g以下(電池を含む)
 完成予定;2013年3月末

カメラのホットシュー(ストロボをつけるところです)に取り付け、
カメラが狙っている方角にセンサーを仕掛けるための物です。
これが完成すると、センサーの角度やカメラの位置を気にせず、
カメラの撮影設置=センサーの設置場所となります。
乞うご期待を!

工作中の画像です
IMG_1849_convert_20130313191800.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コメント
センサー
どうもありがとうございました。この春が楽しみです。ところで先日お話を聞かせて頂きましたがよく理解できていません。しかしどうやらさらにスゴイものを作られているのだと言うことだけはわかりました。今度は対象物にレンズを向けてくれるセンサーをお願いします(笑)。
[2013/03/18 21:45] URL | まさおぢちゃん #OpxzSC/2 [ 編集 ]


まさおぢちゃん、センサー撮影は難しいですよ。
と言ってもデジカメになってその場で確認し位置修正もすぐに出来ますからね。
火器管制レーダーならぬ被写体管制レーダー照射ですか?
そのようなレーダー照射したら、動物界からクレームがつきますよ。
大事なデジカメにフン攻撃で迎撃されるかも・・・
[2013/03/18 22:20] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック