今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



GH3の専用超望遠レンズ
FD-マイクロフォーサーズ用アダプター
アダプター130323-1887_convert_20130323210332

先日購入したLumixGH3には純正の長玉の望遠レンズがありません。
そこで、最近いろいろな種類があるマウントアダプターでEOS-EFレンズを接続するのもいいが、
EFレンズは電子絞り、マニュアルでは絞りが動かせません。
動画となるとシャッタースピードは1/30~1/125秒で撮影する必要があります。
それには絞りにより露出を制御する必要があります。
そこで、長年休眠していたCanonNew FD500mm F4.5Lが活躍できるのではと思い、
このFD用マウントアダプターを購入しました。

CanonNew FD500mm F4.5Lは1981年12月、
当時¥460,000で発売されたレンズです。
蛍石とUDガラスを採用した高性能大口径超望遠レンズです。
重量は何と2610g。
友人から譲り受け、マウントを自作改造してNikonF4やPentax645につけて
撮影していました。
このレンズ、いいレンズですが30年以上も前のレンズで手放しても安い価格にしかなりません。
それなら、『いつかは使える!』と思い、今まで大切に保存していました。
もちろん、カビもなくクモリもない綺麗な状態です。
先日購入した、GH3にマウントアダプターを介して接続し、
超望遠レンズとして復活させることにしました。
もちろん、5m~∞にピントがきます。
実焦点距離500mmですがGH3では2倍の1000mmF4.5の超望遠レンズになります。
オートフォーカスは効かないのでマニュアルフォーカスになります。
20年前は、皆さんマニュアルフォーカスで撮影していました。
今も、EFレンズでもオートフーカスが効かない場面ではマニュアルでフォーカスしています。
出来ない話ではありません。
止まり物ではマニュアルフォーカスでも全く問題ありませんんが、
飛びものには難しいものがあります。
そこは努力です。
昔取った杵柄、がんばり次第で何とかなるのではと思っています。

試しに、皆さんがよくやるお月様の撮影をして見ました。
3月28日21:00満月でした。
ISO200とISO3200で撮影したものです。
両写真はベランダからの手持ち撮影です。(但し、物干し竿に乗せての手持ち撮影です)
トリミングなし/RAW-DataをLightRoom4.3で現像)

マウントアダプターの接続部です
GH3/500mm130323-1883_convert_20130323210301

GH3-CanonNewFD500mmF4.5Lの全体像です
GH3-500mm130325-1892_convert_20130325213434.jpg

3/28満月撮影(ISO200ss1/100・F4.5にて撮影)
GH3-FD500mmISO200130328-1010060_convert_20130328211727.jpg

3/28満月撮影(ISO3200ss1/2000・F4.5にて撮影)
GH3-FD500mmISO3200130328-1010080_convert_20130328211735.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック