FC2ブログ

 今月の見出しの写真はコチョウゲンボウ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



何だこの鳥?
冬羽から夏羽に換羽中のユリカモメたちです
ユリカモメ130330-1010142_convert_20130330162702

4月に入りました。

今回は珍鳥のカモメ探し!
ではありません。

家の近くの浜辺で、LUMIX-GH3/NewFD500mmF4.5での
静止画のテスト撮影です。

あわよくば、オスプレイでもと思っていましたが沖縄に帰ったとのことで、
一羽も飛んでは来ませんでした。
そこで、被写体はユリカモメ、ハシボソガラス、ツグミ、カルガモさんたちです。

マイクロフォーサーズ/NewFD500mm(画角的には1000mmになります)の撮影では、
レンズとボデーを含め約3000gと軽量なことで持っていても全く苦にならなかったです。

撮影した感じは、ボデー側がひじょうに軽くブレまくりでした。
もう少しボデーが重いとバランスが取れてブレにくくなると思います。
それには、縦位置グリップを付け、バッテリー2個積みがいいかも。
それに、縦位置グリップ厚み分ボデーの高さが増し、左肩にボデーを載せることができます。
カメラ全体のホールドも出来、ブレ防止になると思います。
今回、このボデーはせっかくの軽量システムなので、
縦位置グリップは見送りかと思っていましたがやはり必要な様です。

GH3の有機ELファインダーの味は?
野菜ではありません。
しかし、有機ELは英語では『organic electroluminescence 』と言います。
有機野菜は『organic vegetables』です。
同じオーガニックでも食べ物ではありません。
詳しいことは私にも分かりませんが、
有機化合物から成る発光ダイオード(LED)で構成されている発光体とのことです。
液晶以上に、今後期待されているディスプレイです。
光学ファインダーより少し暗めですが、思っていたより応答スピードが速く、
慣れればピントの山もわかります。

このNewFD500mm、ヘリコイド(ピントリング)部のグリスも程好く抜け?、
指1本で軽く回ります。
手持ち撮影には持って来いなのです。
1000mmの超望遠です、被写体をファインダーに入れるのがたいへんです。
被写体がファインダーに入れば、
あとは一本指のUSM(Ultrasonic Motorならぬuni Simple Middlefinger)と
カンピュータとの連動です。
それと、もう一つ重要なのは思い切りです。
そうです、最後はシャッターを押す決断力です!!
そこはO型。生まれ持った大ざっぱな性格が物を言います。

今回の撮影は、すべて手持ち撮影で掲載した写真はノートリミング画像です。
機会があれば、三脚付きで動画も撮影しブログで紹介できればと思っています。

ユリカモメの飛翔
ユリカモメ130330-1010161_convert_20130330162716

防波堤で休むカルガモ
カルガモ130330-1010197_convert_20130330162621

ハシボソガラス
ハシボソガラス130330-1010173_convert_20130330162740

もうすぐ旅立ちのツグミ
ツグミ130330-1010219_convert_20130330162642

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック