今月の見出しの写真はヒヨドリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



コマドリ
コマドリ(オス)
コマドリ130420-9296_convert_20130423073946

この時期、コマドリが各地の山間の林や都市公園を通過し北上します。
繁殖のため、越冬地の数千キロ離れた東南アジアからこの日本に渡ってきているのです。
コマドリは、日本三鳴鳥と言われ姿もさえずりも綺麗な小鳥です。

鳥の撮影を始めた30年前には、奈良と三重の県境にある大台ケ原にも多くのコマドリが見れました。
しかし、近年コマドリの姿は見られないと聞いています。
大台ケ原では、クマザサが生い茂る原生林のあちらこちらから
あの独特な『ヒン、カラカララ~』という心地よいさえずるが聞こえました。
原生林で見るコマドリは、周りの雰囲気から格段と美しく見えます。
しかし、声はすれどなかなか姿を見ることは出来ません。
ここ、中国地方ではコルリは比較的見ることが出来ますが、
コマドリが見られるところは非常に少なく残念です。

写真を見ていただいて気づかれると思いますが、この小鳥足が長いのです。
これは、彼らは林の中の縦横無人に歩いて餌を探します。
そのため、少しのアップダウンにも耐えれるよう長く進化しているのです。
コルリやノゴマも、同じように足が長く地上で餌を取りやすくなっています。
コマドリのオスは写真のように頭部は鮮やかなオレンジ色で美しい鳥です。
一方、メスは頭部から背中にかけてはくすんだオレンジで、
胸やお腹の色もくすんだグレーで地味な色合いです。
これは、地上営巣をする鳥なので巣の中で抱卵中など
外敵からわかりにくい地味な色合いとなっているからです。

コマドリ(メス)フイルムから取り込み
コマドリメス020512-033_convert_20130423082159

コマドリ(オス)
コマドリ130420-9315_convert_20130423074051

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック