今月の見出しの写真はハギ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



キジ
”セーフ”ではありません母衣打ち(ほろうち)の動作です
キジ130422-9748_convert_20130426175200

友人から、『キジが出ているよ』と連絡を頂く。

春の柔らかな日差しで草原に居るキジを撮りたい。
日頃から、そう思ってはいるが警戒心の強いキジはそう簡単には撮らせてくれません。

この撮影場所は、私が住んでいる同じ市内で家から車で20-30分ところである。
この時期、オスのキジは縄張り宣言のためとメスを獲得するためにいわゆる”母衣打ち(ほろうち)”をする。
その際、大声で『ケーン』と力強く鳴く。
この場所でも、あちらこちらからこの声が聞こえる。
春の風物詩の一つでもある。

キジのオスは、見事な色彩とその模様から昔から剥製に使われていた。
その剥製は、少しはあの金属光沢の色彩は残っているが目の周りに赤い肉腫はあせて実物とは異なり、
あまり綺麗とは思わない。
それに比べ、自然に生きているキジは見事な色彩である。
このキジは、狩猟鳥であり日本の国鳥でもある。
体が大きく、あまり飛べないので狩猟の対象となっているのであろう。
一方、愛鳥週間などには各地でキジの放鳥が行われるなど、我が日本国はわからない国である。

キジは、外敵が近づいてもなかなか飛ばない。
足元で急にキジが飛び出しびっくりすることがある。
最近、畦や河川の草むらはヘビ避けもあって、エンジン草刈機で綺麗に刈っている光景をよく見る。
この草刈中、逃げないキジが高速で回転する草刈刃の犠牲になることも少なくないと聞く。
その場所には、ニワトリの卵ぐらいの大きさの卵だけが・・・

歩くときは姿勢を低く
キジ130422-9639_convert_20130426175430

母衣打ちの際は、まず”気をつけ(直立不動)”姿勢から
キジ130422-9876_convert_20130426175211

母衣打ちを正面動画で


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック