今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



コルリ
梢でさえずるコルリの雄
コルリ130517-2612_convert_20130518102050

最近は、緑の中の紅一点の写真でしかも花とかの植物が多いのでちょっと野鳥の話題を。
写真は、最近撮影した新緑のコルリです。

コルリは、夏鳥として本州の中部以北に渡来します。
静岡県側の富士山の2合目から5合目にかけてこのコルリが多く、
早朝3時半ごろからの大合唱は圧巻です。
しかし、我々が到着する7時半ごろには静まり返りなかなか見つけることが出来ません
恐らく、コルリたちはその時間は餌捕りで忙しいのでしょう。
我がフィールドでも、西日本にありながらコルリが渡来し繁殖しています。
雄は写真の様に青くきれいな鳥ですが、メスはオリーブ褐色で地味な鳥です。

この山では、1980年代にはコルリはその声もせず生息は確認されいませんでした。
しかし、1990年代に入り生息が確認されて以来今日まで毎年生息が確認されています。
コルリは、体長14cmとスズメと同じような大きさですが、
声はすれど姿が見えずでなかなか見ることが出来ません。
それは、彼らはクマザサが茂った山の斜面を好みなかなか姿を現さないためである。
コマドリと同じように、地上で虫などを採取するため足が長く、山の斜面を歩くには適した体型となっています。
渡りの時期の、春や秋には都市公園などで通過固体を見かけ撮影されることが多いです。

お気に入りのソングポストでさえずるコルリのオス
コルリ130517-2533_convert_20130518102031

コルリ130517-2671_convert_20130518102101

コルリ130517-2819_convert_20130518102111

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント
今晩は。
やっさん、今晩は。
新緑のコルリ良いですね。
此方の方は今年コルリ少ない見たいです?
確かに此方の方も以前はコルリ居ませんでしたが広島と同じ様に199x年代から確認されて年により増減が有りますが毎年確認できます。
[2013/05/21 20:21] URL | 亀です。 #o0CHowrs [ 編集 ]


亀さん、コメントありがとうございます。
温暖化の影響で今後減少するのではと心配してます。
また、落葉広葉樹の林も減少しているのも原因かも知れないですね。
反面、こちらはコマドリの生息できる山がなく、
亀さんのコマドリうらやましい限りです。
[2013/05/21 20:43] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック