今月の見出しの写真はハギ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



アカショウビン
ヤマモミジの背景で (2012年撮影 鳥取県)
アカショウビン120721-9327_convert_20130614194549

アカショウビンにはブナの林が良く似合う。
一昨年、他の鳥目当てでこの鳥取県のとある場所を訪れた。
朝、アカショウビンの声で目を覚ます。
近くに谷川が流れ、そこの餌捕りにやってきたのであろう。
その場所は、山間深くい所だが、良く整備された明るい林である。
こんな明るい林には、アカショウビンは来ないだろうと思った。
来ても、飛び回るだけで撮影なんか出来ないと諦めていた。
しかし、昨年そんなマイナス思考的思いが見事に外れなんと目の前に止まってくれるではないか。
しかも、オスメスペアーで。

このブナ林は、比較的に真っ直ぐ伸びたブナで、
広島県の県北にあるブナとは、少し種類が違うのではないかと思う。
この地も、豪雪地帯なので多くの雪が積もる。
しかし、このブナ林は比較的真っ直ぐなため途中雪で折れることが少ない。
そのため、生き生きとした生木ばかりで立ち枯れたブナが見当たらない。
そこに、やって来たアカショウビン。
目線の先には、直径5cmぐらいの節穴が・・・
そこに、めぼしを付けたのである。
しかし、そこは林道横、カメラマンが多くウロウロしている場所である。
果たして、無事に繁殖なんかできるのだろうか?
今までの経験から察すると、その内諦めてどこか違うところで繁殖するだろうと思った。
その後、その思いも見事に外れ無事繁殖した。
うれしい誤算であった。
個体差の違いだろうか、繁殖木が少ないのか。
多くのカメラマンが、毎日大砲を向け無事繁殖できるのは珍しい。
こんな感じで、他の場所もアカショビンの撮影できると思っているカメラマンが多くいる。
それは大きな間違いで、普通は警戒しまくり結果的に巣を放棄する羽目になる。
”ここだけ特別”と思っていただきたい。
今年も、またこのペアーが訪れていると聞く。
また、この地の遠征も楽しみである。
撮影目的だが、遠方の友人達にも逢える楽しみもある。

アカショウビンのメス
アカショウビン120721-9151_convert_20130614194617

目線で撮影できることはなかなかない
アカショウビン120725-9531_convert_20130614194603

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック