今月の見出しの写真はトラツグミ

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



モリアオガエル(Forest Green Tree Frog)
モリアオガエルと卵(動画からの切り出し画像)
モリアオガエルP1070331130616-1_convert_20130618142404

この梅雨時の季節には、一度はこのモリアオガエルが産卵する池を訪れる。
ここは、ネコの額ほどの小さな池。
カメラも結構寄せられ、比較的近くでの撮影が出来るお気に入りの場所である。
昨年は時期を外してしまい、すでに産卵を終えモリアオガエルの姿がなかった。
今年訪れると、その場所は開発されブルドーザーで道を広げ、
肝心のモリアオガエルの小さな池がもっと小さくなっている。
まるで少し大きな水溜りのような池になっている。
しかし、生き物はけな気です。
少し残った水溜まり上に数個の卵が産みつけられていました。

モリアオガエルが産み付けられた卵塊はよく見かけることもあると思います。
しかし、その親のカエルは目にすることが少ないと思います。
このモリアオガエルは、オス4~7cm、メスが大きく6~8cmあります。
大きなメスを初めて林内で見たとき、『何と大きなアマガエル』と思いました。
体の色は、おなじみのニホンアマガエルと同じような色合いです。
但し、水中にいるときの色はあの覚める様な緑色ではなくくすんだウグイス色をしています。
地上に出て、体が乾くとあの新緑のような鮮やかな緑色に変化します。
これも、自然界で身を守るために体の色を変えカモフラージュしているのでしょうね。
背中に褐色の斑点がある固体とない固体が居ます。
これは個体差のようです。
緑色したカエルは、ニホンアマガエルともう一つシュレーゲルアオガエルという種類がいます。
アマガエルが皆さんご存知の小さなカエルで、シュレーゲルアオガエルはモリアオガエルほどではありませんが
体長3~5cmと比較的良く似たカエルです。
見分け方は、目にあります。
シュレーゲルアオガエルの目の虹彩は真っ黒で、モリアオガエルは瞳の回りの虹彩は赤っぽいのが特徴です。

撮影していると、こんな小さな池にもアカハライモリが水中を泳ぎまくっている。
このアカハライモリは、モリアオガエルの卵が孵化し水面に落下するのを待ち構え、
その幼生を餌としています。
モリアオガエルの天敵の一つです。
でもご心配なく。
一つの卵塊からは約500以上のモリアオガエルの幼生が誕生します。
これらの捕食によって絶滅することはありません。

アカハライモリがモリアオガエルのオスにちょっかいを出しているシーンです(動画からの切り出し画像)
モリアオガエルP1070355130616-1_convert_20130618145928

一匹のメスに群がるオス達(動画からの切り出し画像)
モリアオガエル130616-1_convert_20130617194057

動かないと何処に居るのかわかりません(動画からの切り出し画像)
モリアオガエルP1070319130616-1_convert_20130618154513

オスが来るのを待っているようなメス
モリアオガエル130616-1070418_convert_20130617193902

テーマ:生き物の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック