今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



サンコウチョウ
林内で休息するオス(動画からの切り出し画像)
サンコウチョウ33130628-3_convert_20130628194722

広島でも、サンコウチョウの子育てが始まった。
小さい体に長い尾羽、鳥好きには大人気のサンコウチョウです。

今年は、動画撮影に挑戦。
薄暗い林を飛ぶ姿や、枝止まりの撮影は簡単ではありません。
撮影の苦労話をしてもいい訳にしかなりませんが、一連の撮影の動きを説明します。

見つけたら、
 ①被写体が見えるとこまでまず移動。
  (総重量が重いカメラはたいへんです) 
 ②三脚をほぼ水平部分に固定しカメラを向ける。
  (雲台が傾いたままのの撮影は水平が傾きます。そのため雲台には”お皿”が必須です)
 ③ファインダーをのぞきフレーミング。
 ④被写体をある程度の大きさまでズームアップ。
  (ズームレンズの広角側で被写体を捉え、素早くレンズを望遠側にズームします) 
 ⑤フォーカスリングを回しピントを合わせながら動画スタートボタンを押す。
  (オートフォーカスでは手前の枝などにピントが合ったりします。マニュアルでピント合わせに限ります)
 ⑥雲台を固定
  (こんなときに油圧雲台等でバランスを取ってくとカメラがピタッととまり固定しなくてもよくなります)

この一連の操作を数秒で行わないと、動画スタートと共に画面内の被写体がいなくなります。
このサンコウチョウの撮影でいい勉強が出来ました。
撮影では、失敗ばかりでいざ撮影となっても焦りから、枝かぶり、構図の悪さでNG連発です。
あとで確認すると、もう50cm左に移動しておけば枝もかぶらず撮影できたのにとか・・・
いろいろ反省点が見えました。

この林での撮影はLumix DMC-GH3/CanonNFD50-300mmf4.5+FD1.4xでの撮影を行いました。
今回、GH3のLVFでのマニュアルピント合わせで撮影しました。
LVFは、明るいファインダー画像でピントの山も確認し易く、
ほぼ一発でピントを合わせることが出来ました。
いいカメラです。

その時撮影した動画を、約1分ちょっとで編集しYouTubeに登録しました。
編集時、飛ぶシーンは再生スピードを落としてスローモーション再生を行っています。
ズーミング画像は、編集ソフトのレイアウターでのクロップ機能を使ってズームアップしています。
*動画構成上、巣の撮影を行っていますが、巣までの距離、高さ共十分取っており
 焦点距離1000mm相当のレンズで極力鳥にストレスを与えない様撮影しております。

サンコウチョウの子育て


餌運び中のオス(動画からの切り出し画像)
サンコウチョウ11130628-1_convert_20130628194658

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/07/03 08:02] | # [ 編集 ]


アクアさん、そうでしたか。
遠路ご苦労様でした。
そうですね、片側の尾が半分から先がないのが残念ですね。

[2013/07/03 09:05] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック