今月の見出しの写真はトラツグミ

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



イカリモンガ
イカリモンガ (動画から切り出し画像)
イカリモンガ130701-1_convert_20130702083311

先日、キャノンからEOS70Dが発表されました。
APCセンサーサイズで2020万画素と高画素になりました。
デュアルピクセルCMOS-AFとやらでライブビューとか動画でのフォーカスが高速になったとか。
しかし、動画性能は今までと同じFHD1080/30p止まり。
何故、キャノンともあろうものがFHD1080/60pを出さないのか、出し惜しみもいいとこですね。
1DCとかの4Kカメラやシネマ用カメラがあるからでしょうか。

7月に入り、蝶やトンボでもと撮影に出かけました。
撮影中、オレンジの綺麗な蝶を発見!
早速、動画撮影。
この蝶、あまり動きがない。
名前もわからず、とり合えず綺麗な蝶なので撮影。

蝶の知識はまったくない私です。
家に帰って早速ネット検索です。
すると、蝶の図鑑にはいくら探しても出てこない。
探し方が悪いのか?それとも珍蝶か?
いろいろな蝶の写真を探すと、ありました。
その名は『イカリモンガ』といいます。
えっ!ガ?
これが"ガ”か? "チョウ"ではないの?
驚きです。
観察中も、撮影中もこれは”蝶”と思って撮影していました。
信じられません。

蝶と蛾の違いは、
は昼間活動し翅を立てて止まります。
は夜間活動し翅は開いて止まります。
この写真の翅は立っています。
よくよく調べると、この蛾は『蝶そっくりの行動を取るで、と間違えられる』と述べられている。
これが蛾である理由
一番の根拠は触角の先端が尖っている。
の触角は、多くは尖っているくし状となっている。
の触角の先端は膨らんだこん棒のような形状になっている。
>そういわれるとこれは尖っている
の仲間には昼間活動するものもいる。
>そういう蛾がいるんだ。
は翅を立てる。
>綺麗な蝶でミドリシジミの仲間は、止まると蛾のようにすぐに翅を広げるものもいる。
この蛾、後で考えると蝶が良くやる”翅を閉じたり開いたりする動き”をしません。
自分が蛾であることがばれないよう、かたくなに翅を閉じているのかも知れないですね。

蝶や蛾の世界も面白いですね。
これを”蛾”と決めた学者が偉いのか、
ひょっとしたら『間違って分類したものの、いまさら訂正できなく蛾のままの分類となっているのでは』
と勘繰りたくなります。
鳥の世界においても、今年更新された『日本鳥類目録』で、
DNA鑑定の結果”ハヤブサはインコやスズメの仲間”とされています。
”人は見かけで判断してはいけません”といいますが動物の世界も同じですね。
奥深いものを感じます。

このイカリモンガの触角は先端が尖がっています(動画からの切り出し画像/AdobeCS5.0にて合成)
イカリモンガ130701-3_convert_20130702185826

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック