FC2ブログ

 今月の見出しの写真はコチョウゲンボウ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ペルセウス座流星群
ペルセウス座流星群
ペルセウス流星130812-2129_convert_20130813103317

友人のUさんと、北広島町の自然調査報告書について打ち合わせをしていた時、
ペルセウス座流星群の観察会が行われると一枚のチラシを見せてくれた。
このペルセウス流星は、この11日~13日がもっとも多くの流星が見れるとテレビでも紹介していた。
チャンスがあれば撮影したいと思っていた矢先、この観察会の話である。

家に居ても、夜でも連日30℃近い気温でこの流星の撮影で標高が高いところに行けば気持ちがいいし、
運よく流星が見れて写真にでも撮れればそれに越したことはない。

早速、夜に備えカメラのバッテリーを充電しいざ暗闇の高原へ。
午後18時、この日は土星の輪っかももぅすぐ見えなくなる*ということで土星の観察会も行われ参加しました。
(*これは土星の自転軸が約29年に2度太陽と垂直になるため見難くなる。15年に一度しかない現象です)
現地の観察会では、用意された50倍の天体望遠鏡で小さな土星を捉えた。
参加した地元の子供達も、”ちっちゃいな””綺麗に輪っかが見える!”"ウワァ~!”と感激もさまざま。
大人達は、皆さん大感激でした。
その時にも、流星が・・・
『あっ、流れた』との声を聞き空を見上げても、もう遅し!
見れた人も、とても願い事が出来る時間の猶予もない。
皆さんから、さまざまな願いを聞いていたら流星も大変だもんね。
それが、流星の思う壺かもね。

その後、私達は高原の小高い丘に陣取り流星撮影です。
夜10時、気温は車載温度計で20℃。
下界では、考えられない気温です。
半袖では少し肌寒く感じます。
しかし、この連日の猛暑です。
この肌寒い感じが、かえって気持ち良く感じました。

カメラをセットし、夜空を見上げる。
しかし、どの方角を見ていいのかもわからず、
取り合えず北方向からペルセウス座のある北東方向の空を中心に撮影開始です。
しばらくすると、少し明るい流星が北極星付近から北西に向かって流れる流星を見事捉えました。

星野写真の経験は、無しに等しい私です。
もちろん撮影知識もありません。
3年前、あの竹田城の雲海を求め深夜登城した際、
同じ広島の尾道からお越しの方から、深夜に星の撮影の仕方を教わった。
写真歴40年の私ですが、長時間露光の知識は持っていたつもりでした。
しかし、思ってみないデジカメ時代の星の撮り方をその方から聞き、
すごいショックと受けたと同時にすごく興味が湧いてきました。
それは、初めて耳にする『コンポジット合成』です。
『コンポジット合成』とは、同じ位置から撮影した複数枚の写真を合成するのです。
その”合成”は”比較明合成”といってより明るい部分を置き換え、
複数枚の写真を一枚の写真にする合成方法なのです。
その説明は、ネットでも色々な説明や撮影方法が紹介されていますので興味がある方は検索して見てください。

実際、これらの星野写真は1000枚近い写真を一挙に合成し作成されたりします。
下の写真は、中途半端な27分間/71枚の写真をコンポジット比較明合成したものです。
一枚ずつ確認すればこの中に2つの流星が写っていました。
しかし、明るさが足らないため残念ながらこの画像では確認できません。
星円の中心に北極星があります。

今回の撮影は、900枚ぐらい同じポジションで撮影しタイムラプスで動画にともくろんでいましたが、
そのもくろみもすぐに挫折。
それは、構えた方向に流星がなかなか現れず、気が短く根気もない私です、
すぐに流星が現れた方角にカメラを向けたくなってしまったのです。
本来の目的は、ペルセウス座流星を捉えることです。
タイムラプス動画はまた機会のお楽しみとしました。

共通データ 撮影:Canon EOS5Dmk3/Bower(SAMYANG)24mm F1.4
        ss:20s/F2露光 ISO800

コンポジット比較明合成(71枚合成/撮影時間27分間)
コンポジット比較明合成130812-2_convert_20130813122902

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック