今月の見出しの写真はハギ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



五島列島渡りの旅 Part7
高いアンテナから周囲を見渡すハヤブサ
ハヤブサ130922-3149_convert_20131002100049

今回は、ここ大瀬崎の住人『ハヤブサ』の登場です。

大瀬山にある、高いアンテナから周囲をうかがうハヤブサがいました。
この、大瀬崎の岬を縄張りにしているハヤブサです。
毎日、早朝まだ薄暗い時間から雌雄で活動しており、狩りに出ては戻ってきます。

9月25日AM6:50、東の空から一羽のハヤブサが飛来しました。
ハヤブサ大好き人間の私にとって、見逃す訳にはいきません。
ファインダで捉えたハヤブサは幼鳥でした。
恐らく、今年巣立った彼らの子供でしょう。
すると、アンテナに止まっていたハヤブサの一羽が迎撃体制をとり、一撃し見事侵入者を追い払いました。
ハヤブサの縄張りに侵入する者のほとんどが、そのペアから生まれた幼鳥が多いようです。
ハヤブサは、この時期今年生まれの幼鳥を縄張りから追い出す時期でもあります。
それは、子孫繁栄のための行為です。
我が子を独立させ、他のハヤブサの間に子孫を伝える行為でもあります。
しかし、幼鳥は今まで餌を運んでくれた親に甘えるように再三戻って来ます。
そこで、親は子供のために心を鬼にし必要に追い出しにかかります。
そうして、巣立った幼鳥たちは親の縄張りを離れ別の縄張りを持ち独立するのです。

自然界では、相手を求めてさまよういわゆる『あぶれ』もいます。
時として、別の強い侵入者に相方と縄張りとが奪われることもあります。
それは、強いものが生き残るすべなのでしょう。
自然界で、その種が存続するためにも必要なのでしょう。

撮影:EOS-5Dmk3/EF600mmF4.0L-Ⅱ

突如現れた若いメス
ハヤブサ130925-5767_convert_20131002100110

突如スクランブルし一撃を加える
ハヤブサ130925-5784_convert_20131002100121

縄張りの外まで追い払う
ハヤブサ130925-5793_convert_20131002100132

翼をたたみスピードを上げる
ハヤブサ130923-3964_convert_20131002103149

翼を折りたたみスピードをコントロール
ハヤブサ130923-3967

展望台横を水平飛行
ハヤブサ130928-7892_convert_20131002100158

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック