今月の見出しの写真はルリモンハナバチ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ハイイロチュウヒNewFD500mmで追う
夕焼け空を飛翔する<NFD500mmでの動画切り出し画像>
ハイイロチュウヒ131104-1_convert_20131108180344


またまた、ハイイロチュウヒの動画の話題です。
今回は、NewFD500mm(画角的に1000mm相当)でのハイイロチュウヒの動画撮影に挑戦です。

前回、Panasonic-GH3にCanonNewFD50-300mmF4.5L+FD1.4xを付け
ハイイロチュウヒの飛ぶ姿を追っかけた。
その時、ズームレンズの遠距離側のピッチがもう少し幅があればゆっくりフォーカスでき、
少しはピンボケも防げるのではと思った。

そこで、このCanonNewFD500mmF4.5Lを見るとNFD50-300mmのズームレンズに比べ遠距離側の30m~∞の
ヘリコイドの送り幅は広い。

ズームレンズの約10mmに対し、約30mmぐらいで3倍ぐらいの振り幅がある。
しかも、フォローフォーカス用リグをつけフォーカス送りがやり易くなっている。
それなら、もっとフォーカスしやすいのではと思い実際の撮影を試みることにした。

実際、500mmを使って見るとファインダーに入れさえすればあとは50-300mmのズームレンズと同じ。
その、NewFD500mmで撮影した動画はこれです。
ピントを確認するために50%スロー、75%スローで編集してあります。
(一部ノーマルなスピードの映像もあります)


NFD500mmでの動画切り出し画像
ハイイロチュウヒ131105-1_convert_20131108180435

NFD500mmでの動画切り出し画像
ハイイロチュウヒ131101-2_convert_20131108180418

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

どうも~

あっ、NFD500mmだ!!
このレンズ実際どうなんですか~
旧L端超望遠では一番の狙い目とふんでるんですけど。。
割と安いですし。ちなみに
旧はちごろ~はEF500mmに余裕で負けてると
思ってますwww
[2013/11/16 11:12] URL | LTA #bKQRleYY [ 編集 ]


LTAさん、こんにちは
このNFD500mmはNFD300mmと並んで蛍石+UDガラスを使って、
ヌケが良くて往年の銘レンズの一つです。
旧ハチゴローってFD800F5.6のハチゴローですか?
これは、UDレンズが1枚しか入っていないので、
あまりシャープなレンズとは言えません。
それに、焦点距離が長すぎてオススメできるレンズではありません。
ちなみにFD600mmF5.6は普通玉なのではっきり言ってダメレンズです。
EFレンズは電子絞りのため開放しか使えないデメリットがあります。
このNFD500mmF4.5Lはお勧めできるレンズです。
[2013/11/16 15:17] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック