今月の見出しの写真はトラツグミ

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



画像処理ソフトウエア
NikCollection_convert_20131130114302.jpg

今回はデジタル写真のフォトレタッチに関する話題です。

デジタル写真を始めCanon-DPP、Adobe-Photoshop、SILKYPIX、そしてAdobe-Lightroomと、
いろいろ現像ソフトを使ってきました。
それぞれ、一長一短があり現在はAdobe Lightroom5.0で落ち着いています。
その他、Nikon-Capture NX2、Capture One 、DxO Optics Pro、Apple-Aperture 3など、
いろいろな現像ソフトが販売されています。
日本語に対応した製品も多くあり、使いこなせればそれは自分にとって強力な助っ人となります。

以前、”Nik-software社”のDfineという、綺麗にノイズ処理をしてくれる有名なソフトウエアーがありました。
そのソフトウエアは、世界中のフォトグラファーが愛用している製品でした。
単品での販売は\13,000-ぐらいだったと思います。
購入しようとお試し版をダウンロードし使って見ましたが、
当時は英語版のみで使い方がちんぷんかんぷん。

外国のワイルド・ライフフォトグラファーのブログを見ていると、
このNik-Softwareを使っているカメラマンが結構見受けられます。
このNik-Softwareの製品が6本そろっている、Nik Software Complete Collectionなるものがあります。
しかし、そのお値段は\78,450-と結構高価。
そこで、アメリカのB&Hで輸入しようと思っていた時期もありました。
それでも高価なソフトウエアになるので諦めていました。

そのNik-Collectionが、なんと$149で販売されている記事を発見しました。
それは、あの米Google社がNik-Software社を買収し、そのソフトウエアの販売を始めたのです。
その価格、実に$149-(日本円で約\15,000)!!
(このソフトウエアは、プラグインソフトウエア*で単体では動作しません)

しかも、そのソフトウエアは日本語対応しているではありませんか。
早速、またお試し版をダウンロードし使ってみると、昔ダウンロードしたDfineとずいぶん違い
結構使い易いソフトウエアとなっていました。
ノイズ処理を実際行うと、Lightroom5で行うノイズ処理に比べ、オート処理で一発で綺麗に処理してくれます。
これら、6種類のソフトウエア全てが私にとって必要ものではありませんが
実際使って見るとシャープやエフェクトなど結構使えるソフトウエアがあります。
それが、\15,000なら値打ちがあるかも。
現在、購入検討中です。

*プラグインソフトウエアとは、Adobe-Photoshop3~6、Adobe-Lightroom3~5、
Adobe-Photoshop Elements 9~11、Apple-Aperture 3.1以降の製品上で動かすことが出来るソフトウエアです。

詳しくは下記のURLへ
Google Nik Collection

テーマ:加工・合成写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック