FC2ブログ

 今月の見出しの写真はヒヨドリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



海の道化師
Harlequin Duck
シノリガモ140120-4348_convert_20140120203052

一羽のオスが舞い込んだ。
こんなところに!!どうしたの?
ひょっとして、あの、ご近所の”と○べ○さん”が出張先から連れ帰ったのか?
と、と○べ○さんのブログを見て一瞬そう思った。
やりかねないカモ!!

冗談はさて置き、本題に・・・
やっさんがカモ?と、言われるだろうな。

英名『Harlequin Duck/ハーレクイン・ダック』、和名『シノリガモ』、漢字では『晨鴨』と書く。
和名の由来は、調べてもいろいろな説があり、これといった由来が見つからなかった。

30年ぐらい前のこと、
NHKの『自然のアルバム』だったと思うのですが、東北地方にある栗駒山のシノリガモを紹介していた。
水鳥があまり好きでない私ですが、このシノリガモはなぜか記憶に残っている。
映像を見て、印象的な顔つきと特徴ある体の模様。
何故、顔と腰に丸い白点?絵の具の筆でさっと描いたような白い線。
それも、横に縦に斜めにと。
神様は、何故このような色合いにしたのだろうか。
何か理由があるに違いない。
地味だが派手、といった感じだ。
それに、海ガモなのに本州北・中部の山間の渓谷で少数だが繁殖している。
不思議なカモである。

このカモとの最初の出会いは、転勤していた2006年、北関東のハヤブサを見に行った時であった。
湾内の、波間に漂う二羽のカモを発見。
その距離、200m以上はあっただろうか。
かすかに見えるその姿は、この特徴あるシノリガモのオスとメスであった。
撮影には距離がありすぎ、諦めたが、
”いつかどこかでチャンスが”と思っていた。
その”チャンス”が・・・

海ガモで潜水し貝や藻を食べています
シノリガモ140120-4392_convert_20140120203113

休憩は岩礁
シノリガモ140120-4593_convert_20140120203139

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

いくら好きな私でも…(^^;
ほいじゃが、やっさんがアボセット以外で水鳥撮影するとは…
[2014/01/23 07:56] URL | ともべい #- [ 編集 ]


ともべいさん、そうでしょう。
私が水鳥?そう来ると思っていました。
水鳥ではあと何種類か好きなのがおりまして、機会あればと、思っています。
[2014/01/23 15:24] URL | やっさん #- [ 編集 ]


先日、こちらでも出ましたが・・・
あいにく所用で駆けつけられず。ρ(・・、)
見損ねました。
翌日は仕事だし、「釣りバカ日誌」のようにはいきませんから、残念です。
[2014/01/24 13:49] URL | dekochan #XVgCdbeE [ 編集 ]


dekochanさん、この子はそちらの個体です。
残念なことに一泊二日の滞在でした。
またの出会いを期待したいと思います。
[2014/01/24 14:18] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック