今月の見出しの写真はゲンジボタル(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



雄ジロ?と雌ジロ?
春らしい色合いの背景で
オジロビタキ140303-8065_convert_20140306075748

見出しのタイトルはオスジロと読むのではなくオジロと読みます。
従って、雌ジロはメジロと読みます。

オジロ君は、久しぶりの撮影です。
本名”オジロビタキ”、英名はRed-breasted Flycatcher(咽が赤いヒタキ)となっています。
英名では、尾が白いヒタキ(White-tailed Flycatcher)とは言わないのです。
和名”オジロビタキ”の由来は、尾羽の外側4枚に半分ほど白い部分があるからです。
尾羽を閉じている時は、その白い部分は見えません。
それが見えた人は、ラッキー!!です。
英名はその名の通り、オス成鳥の咽の部分がオレンジ色だからです。
オスの成鳥は、一度もお目にかかったことがありません。
なかなか、日本にはやって来てくれません。
メスや幼鳥は、その咽の部分がオレンジ色ではなく白色です。
大きさは12cmと小さく、最近にぎわっていた”チフチャフ”と同じ大きさです。
色合いはパフ色で、地味な小鳥ですが、ヒタキ特有の大きな目に愛嬌あるしぐさ。
何処でも、皆さんの人気者です。

この日の、天気は快晴。
影や、コントラストが強く現像に苦労しました。
しかも、あちらにこちらにと飛びまくり、三脚なんぞ持っては行ったがまったく使えません。
それなら、手持ちだと久しぶりの500mm手持ち撮影。
日頃の運動不足で、腕が・・・足が・・・呼吸までも・・・

そこに、もう一種類違う小鳥が居ました。
それはメジロさん達です。
♂か♀かはわかりません。
5羽ぐらいは、居たようです。
しかし、彼らもじっとはしてくれません。
どうにか、世間で言う”ウメジロウ”を撮影出来ました。

和名の由来となっている尾羽の両脇に白い部分が少し見えます
オジロビタキ140303-8070_convert_20140305213415

尾羽を上げるしぐさがかわいい
オジロビタキ140303-8093_convert_20140305213427

ウメジロウ
メジロ140304-9073_convert_20140306083042

メジロ140304-9058_convert_20140306083106

メジロ140304-9070_convert_20140306083322



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック