今月の見出しの写真はトラツグミ

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ハイイロチュウヒの個体識別
個体B:尾羽の一枚が短く少しめくれ上がっているのがわかる
ハイイロチュウヒB個体140301-7708_convert_20140309083820

2月28日、ハイイロチュウヒのねぐら入りを見て、オスが2羽飛んでいるのを確認した。
その個体識別を、先日のブログで”顔の隈取が違う”と記事にしました。

このねぐら入り、土日ともなれば地元の野鳥ファンの方も撮影に来られます。
その中に、小学3年生の小さな野鳥カメラマン”りん君”がいます。
いつもお母さんと一緒に、大人達に混じり、気に入ったシーンにカメラを向けます。
そのりん君、昨日ハイイロチュウヒのねぐら入りを観察していた時、
『もう一羽のオスは、尾羽が1枚抜けているように見える』と言う。
私は、撮影しているときは顔しか注視しないので気づかない。
撮影した画像を現像している時も、顔や両脇の模様に注目し尾羽の違いにまったく気づいていなかった。
この観察力には、頭が下がる。
早速、以前撮影した画像すべてを再度確認した。
2月28日PM15:36、珍しくまだ明るい内に、西から塩田跡に入ってきた個体の尾羽は、
一部が短く少しめくれ上がっているではないか。
この短い一枚の尾羽、抜けたあと再度伸びてきている途中のようだ。
直近の2月23日の写真や、過去の写真を確認するも、そのような個体は見当たらない。
やはり、この個体は2月末日に入って来たのではないかと思われる。

個体A:目の下の隈取がはっきり見えすべての尾羽が綺麗だ
ハイイロチュウヒA個体140308-9192_convert_20140309083033

2月28日撮影の個体B
ハイイロチュウヒB個体140228-7448_convert_20140309083049

2月28日撮影の個体B
ハイイロチュウヒB個体140228-7488_convert_20140309083127

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック