FC2ブログ

 今月の見出しの写真はキレンジャク(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ColorMunki Photo (カラーモンキー・フォト)の修理
ColorMunki Photo


丁度一年前、モニターキャリブレーションツール(PC用モニターの色調整機器)が壊れた。
機器内の、ダイヤルの位置が読み取れずキャリブレーションできない状態になった。

ダイヤルを回すもこの位置が検出できない
Colormunki140527-0622_convert_20140527085052.jpg

この機器は、米国B&Hから輸入購入したので日本では保証が効かない。
しかも、購入し1年以上経過しているので国内で購入しても保証切れとなっている。
そのため、急遽”i1 DISPLAY PRO"を購入。
現在、このi1 DISPLAY PROでモニター調整を行っている。

PC周りを片付けていたら、この壊れたColorMunki Photoが出てきた。
捨てようかと思ったが、捨てるのなら一度分解を試みてからと思った。
しかし、分解の仕方が分からない。
こういうケースは、無理にバラして壊すのが落ちである。
そうだ、誰か分解していないかをネット検索しよう。
すると、一人の中国の方か台湾の方のブログで”ColorMunki photo 故障排除”なるものが見つかった。
文章は、中国語でチンプンカンプン。
Google翻訳をかけても、同じ故障をしているのは分かるが分解の仕方が出てこない。
しかし、その写真を見て分解の方法がひらめいた。

注意:個人で分解すると、今後のメーカーの保証が受けられません。
    尚、このブログを見て、分解される場合は当方は一切の責任を負いません。
    あくまでも自己責任で行ってください


外装からネジも見えないため、はめ込みしかない。
何処から外すか、溝らしきところをこじ開けた。
すると、いとも簡単に周りのカバーが次々と外れた。
外装カバーを外す
Colormunki140527-0611_convert_20140527084916.jpg
ダイヤルのカバーもはめ込み式
Colormunki140527-0613_convert_20140527084934.jpg
4箇所にコ字型の爪がある。
それを取ると左右のカバーが外せる。
そのコ字型の爪、一箇所には”warranty”シールが貼ってあます。(下の写真の右上)
このシールが剥がされると、メーカー保証がされません。
Colormunki140526-_convert_20140527085007.jpg

分解完了
Colormunki140527-0619_convert_20140527085026.jpg
片側のカバーが外れ、ダイヤル位置の光センサーの反射板を見ると案の定汚れている。
この反射板を綿棒で汚れを清掃し、カバーを元に組み込んだ。
汚れていた光センサーの反射板
Colormunki140527-0621_convert_20140527085037.jpg

早速、テストです。
見事、直りました!!
センサーキャリブレーションが無事完了し、モニターのカラー/明るさ調整をすることが出来ました。

この、ColorMunki Photoはモニターの色合いや明るさを調整できるだけではなく、
プリンターのプロファイルも作成できます。
簡単に、モニターとプリンターの色合わせが行える便利なツールです。
詳しくは
colormunki_photo

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コメント

購入後2年ほどでこの症状が現れ、4万円近くを払って正規の交換修理をしてもらいました。
それからやはりおよそ2年、その交換品さえもまたしてもこの状態となり、また4万円弱を払わなきゃなんないのか…と悩んでいたところでこちらの記事に出会いました。
今エックスライトジャパンと交渉中なのですが、決裂の際にはこちらの記事を参考に挑戦してみたいと思います。
[2014/07/23 15:27] URL | 餘目 #Rg9fDNS6 [ 編集 ]



餘目さま、訪問ありがとうございます。
そうですか、皆さん結構同じ症状で壊れているようですね。
保障期間が過ぎて、もう捨てようかとお考えの方は
是非とも試みた方がいいと思います。
分解は、少し手先が器用な方なら簡単に行えます。
私は、ブログ様の写真撮影のため2回も分解しました。
中国の方は、この反射板を交換されているようですが、
清掃だけで問題なく使用できます。
餘目さまも、交渉決裂の際は是非頑張って見て下さい。
[2014/07/23 18:58] URL | やっさん #- [ 編集 ]

ありがとうございます
私もこの症状が現れ悩みに悩みました。
検索でたどり着きまして、ダメもとで試したら治りました!
全く感謝感激です。
どうも内部のグリースか、ダイヤルを動かすときに削れたプラスチックかそこら辺が原因な気がしなくもないのですが。
とにかく本当に助かりました。
[2015/02/21 02:26] URL | たか #MaYIUM5Y [ 編集 ]


たか様、コメント頂きありがとうございます。
恐らく、この”ColorMunki photo”をお持ちの多くの方がこの現象で悩み、
使われずに眠っていることが多いと思います。
少しでも、お力添えできて幸せです。
[2015/02/21 07:23] URL | やっさん #- [ 編集 ]


同様の症状で使えなくなっていましたが、この記事を参考に修理をしたら治りました。
私の場合は、位置を検出するためのマーカーの汚れが酷く拭いただけでは治りませんでした。
マーカーの上からアルミ箔を貼り付けて、機能が回復しました(ここまで来ちゃうと修理というか延命でしょうか)。
情報ありがとうございました。
[2016/08/08 17:27] URL | jiro #- [ 編集 ]


jiroさん、私の記事が参考になってよかったです。
高い商品なので、諦めるのももったいないですからね。
私は、困ったときは他の人も困っている人が居るはず。と
必ずネット検索します。
そうすることで、世界で誰かがヒントとなるネタや解決策を記事にしています。
インターネットは便利ですね。
コメントありがとうございました。
[2016/08/08 17:58] URL | やっさん #- [ 編集 ]

おかげさまで復活できました
このブログを参考に、意を決して、位置ずれを起こしたカラーモンキーを修理することにしました。
ブログの通り分解し掃除しましたが、ブログとは異なり、その途中で反射板を支える帯状の黒いプラスチックが3箇所切断されるというアクシデントに見舞われてしまいました。(もともと割れてしまいやすい素材のようです。)
一旦はカラーモンキーを捨てようとしましたが、壊れたプラスチックを自分で作れば再生できるかもと思いました。
早速、クラウン製のA4版の黒下敷き(厚さ0.8mm)をアマゾンで入手し、カッターで加工して、壊れたプラスチックと同じ大きさのものを作成しました。
この自作のものに、「セメダイン ラピーミニ キラキラ粘着テープ5mm幅×3m」の金色をオリジナルのものと同じ大きさ、同じ位置に貼り付け、カラーモンキーに取り付けたところ、無事に位置ずれが直りました。
カラーモンキーフォトの後継機種も発売されているようですが、6万円程度と高価であるため、カラーモンキが復活でき、お財布にも優しくすみました。
このブログは非常に参考になりました。ありがとうございました。
[2018/06/10 14:19] URL | 里 #- [ 編集 ]


里様、ご覧いただきありがとうございます。
少しでもお役に立ててブログをしている甲斐があります。
高価な機器ですのでゴミ箱行きはもったいないですね。
まずは、自分でトライしてダメなら諦める。
これでどれほどの機器が使えるようになったか。
うれしいコメントありがとうございました。
[2018/06/10 16:12] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック