FC2ブログ

 今月の見出しの写真はコチョウゲンボウ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



Digital Photo Professional 4.0
DPP表紙140626-0_convert_20140626142629

本日、キャノンからRaw現像ソフトの『Digital  Photo  Professional 4.0』がリリースされました。
DPP4.0のダウンロードはこちらから
これは、EOS-1D X、EOS-1D C、EOS 5D Mark III、EOS 6Dの機種だけに対応されています。
PCのOSもWindows7、8、8.1の64bit版だけが対象です。
従来のDigital Photo Professional 3.14も、もちろん併用可能です。
これらのカメラ機種以外や、OSを使っておられる方は、従来通りのDPP3.14で使うことになります。
私は、この対象機種以外の古い機種をまだ使っているので、両方を切り替えて使わなければなりません。
面倒ですね。

早速、ダウンロードし操作してみました。
ユーザーインターフェースは、Lightroomとよく似た感じの作りとなっています。

私は、このDPPでRaw現像処理はしておらず、もっぱらLightroom5.5での現像を行っています。
現像に使うコマンドがDPP4.0とLr5.5では若干違います。
やはり、操作性はLr5.5の方が優れていると思います。
これは慣れから来ているのかも知れません。
使ってみて思うことは、DPP4.0は処理が遅い!!
我がPCは、CPUがcore-i7なのでCPUの能力が劣っているのではありません。
Lr5.5などは、パラメーターを変化さすとすぐに画像も変化します。
これでは不満が出ると思います。
無償ソフトウエアで、そこまで要求するのは酷なのかもしれません。
これは、更なるバージョンアップで期待しましょう。

ニコンも、本日既存の「Capture NX 2」の後継となる現像・調整ソフト『Capture NX-D』を,
7月15日から無償リリースするアナウンスがありました。
Nikon PRESS RELEASE
CaptureNX2は2万円近くした有償ソフトウエアでしたが、
今度リリースされるCapture NX-Dは、キャノンと同様に無償提供となりました。
しかも、OSはVista~Win8.1/32bit版も動作可能と。
これでは、大枚をはたいて購入された方は悲しくなりますね。

これら、いろいろRaw現像ソフトウエアがありますが使い勝手はあまり変わらないと思います。
いずれにせよ、使いこなせばそれが一番使い勝手のいいソフトとなります。
みなさん、頑張って使いこなしてください。

DPP4.0のユーザーインターフェース画面
DPP140626-4.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック