今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



珍客登場
オオモズ
オオモズ150305-1260564_convert_20150307235718

またもやお隣の県に珍客が・・・

今回の珍客は”オオモズ”です。
オオモズと言っても、大きさは24cm。
普通に見られるモズの大きさは20cm。
昨年、現れたオオカラモズはもっと大きく31cmもありました。
オオモズはユーラシア大陸で繁殖するが冬には南下し越冬する。
日本に飛来するのは極まれな鳥です。
一方、オオカラモズは中国北部から朝鮮半島北部などで繁殖し、冬は中国南部で越冬する
比較時、日本に渡来しやすい鳥です。
今回、この場所でオオモズが渡来したのは12年ぶりとのこと。

今回、渡来したオオモズは、成鳥の綺麗な個体です。
色合いはオオカラモズにそっくり。
大きさは、比較するものが無いと分からない。
現れた場所から、オオカラモズと思った方も少なくないだろう。

しかし、カメラマン泣かせの鳥でした。
30mぐらいは近づくことが出来るが、それ以上近寄ると飛び去る。
昨年のオオカラモズは警戒心の少ない個体でしたが、それに比べ今回のオオモズは手強かった。
真っ直ぐ横に飛ぶことはまれ。
そのほとんどが、下に降りるように葦原に消え、どこに行ったか分からない。
この出現場所は、現在工事中。
工事現場となったここは、”立ち入り禁止”の看板もあり、立ち入って自由に探すことが出来ません。

この日は、風もなく穏かな小春日和。
彼も、この陽気にさえづるシーンも見られました。
オオカラモズのさえづりに似たかわいい鳴き声でした。
このことから、どうやらこの個体はオスのようです。
残念ながら、その時EOSで静止画撮影中。
とっさに動画に切り替えるが、内蔵マイクでは微かな音しか拾えず。
しかも、決まって『さえづっている!』と、横から誰かさんの余計なナレーション。
皆と一緒の撮影では、仕方がないことと諦める。

オオモズは翼の白班が少ない(赤〇の白斑部)/<<動画切り取り画像>>
オオモズ150305-_convert_20150308073448

オオカラモズは翼の斑点が翼全体に広がっています(赤〇の白斑部)/2014年2月撮影
オオカラモズ140228-_convert_20150308073427

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック