今月の見出しの写真はトラツグミ

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ヘラサギののど元
ザリガニ君、”ピース”ポーズしている場合やあらへんで!!
ヘラサギ150410-8350_convert_20150412203929

ヘラサギの餌は、ハス田に居るザリガニ。
このハス田、良いレンコンを育てるために有機肥料が入れられており、
ハス田の泥の中にはザリガニ(アメリカザリガニ)が多く生息しています。
それを、あの独特なヘラ状のクチバシで探し獲るのです。

前回の写真で、このヘラサギの下くちばしの付け根部分が、
何やら赤くなっていることに気付かれた方は居られましたか?

これは、のどの部分が怪我をしているのではありません。
これは、”喉袋”といって、少し伸びる皮膚が露出しているのです。
袋といっても、ペリカンやグンカンドリのような大きく膨らむ様にはなっていません。
これは、餌がのどを通り易くするためのもので、この部分には羽毛は無く皮膚が露出しています。
ヘラサギの場合、この喉袋は綺麗な黄色と赤のツートンカラーでした。
この綺麗な色彩の喉袋、ディスプレイの時にでも、利用するのでしょうか。

同じ仲間のクロツラヘラサギには、このような喉袋は見られなかったが・・・

下クチバシの付け根には黄色と赤のツートンカラーの喉袋が見えます
ヘラサギ150410-8404_convert_20150412204013

ザリガニを呑み込み易くするためこの様に喉袋でのどを広げているのです
ヘラサギ150410-8450_convert_20150412204030

以前この地で撮影したクロツラヘラサギには喉袋は見られません (2012年4月撮影)
クロツラヘラサギ120424-9300_convert_20150412204104

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント
喉袋!
ヘラさんの喉が赤黒いので、私も初めは「怪我かな?」と思いました。
後で画像をよく見ると、黄色になって嘴へと続いていたので安心していました。
が、それ以上のことを調べなかったので…
やっさんさまのきれいな画像であらためて見て、勉強になりました。
ありがとうございます。
[2015/04/20 20:13] URL | dekochan #XVgCdbeE [ 編集 ]


dekochanさん、私も最初は怪我で羽毛が剝げていると思っていました。
写真で拡大しネットで調べてはじめて分かりました。
この喉袋クロツラヘラサギには見られないのか、
見えないのか今でも疑問が残っています。
[2015/04/20 20:30] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック