今月の見出しの写真はゲンジボタル(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



侵入者?
火の鳥の季節がやってきました
赤い鳥150521-_convert_20150602065803

お山にも、待望の火の鳥と呼ばれる赤い鳥が渡来しました。

今年は、目立つところで巣穴堀りです。
もちろん、赤い鳥目当てのカメラマンが殺到しています。
朝、暗いうちから車を止めうろうろと。
私が到着すると、『止まり木はどこですか?』、『どこから撮れば撮れますか?』と質問される。
『そんなことは、聞くものではありませんよ。自分の目で確かめなさい!』と返答する。
日頃から、通っている方には色々説明したりする私ですが、
他府県から来られ、少し態度が横柄だったので私も少しきつい返答になったかも。

普段、赤い鳥の巣穴堀りでは体をむき出しで撮影するものではありません。
必ずブラインドを使います。
しかし、この場所ではそのようなことは無理。
過去に営巣した実績もあるし、高い大木でカメラマンもこれ以上近づくことも出来ない場所でもあります。
中には、林内に分け入って撮影される方もおられますが、そのような撮影はご遠慮願いたい。
マナーを守って、節度ある撮影をお願いします。

彼らも、最初は警戒してこちらを見ていましたが、
ぎりぎり許容できる距離のようで、逃げることなく頑張って穴掘りに専念してます。
日に日にメスが積極的に巣穴掘りに参加すようになりました。
撮影したこの日も、もう体の4割が入る状態でした。
無事、繁殖できることを祈ってます。

撮影した日、よそ者が侵入しました。
大きな声で鳴いて来ました。
どうも、色合いからはオスの侵入者のようです。
この時も、大胆にもカップルが止まる同じ木に止まり、同じ巣穴を掘り始めました。

続に言う”ヘルパー”かもしれませんが、
単に、ペアリングが出来なかった独身者が、本能的に繁殖行動をしたのではないかと思います。
あわよくば、先代を追い出しあとがまにありつけるケースもあるからです。
野鳥の世界では、結構見られる行動です。
ここで、カップルのオスが頑張らなければメスも縄張りも乗っ取られます。

ここの主、侵入者を気にはしていますが、追い出すこともせず不思議な光景でした。
しばらくし、林にとどろく『ケッ、ケッ、ケッ、ケッ、ケー』の叫び声。
先程の侵入者とのバトルが始まったようです。
そのけたたましい声には、皆さん何が起こったのか?と、不思議そうに聞き入っておられました。
そして、ここの主が再び止まり木に止まると、今度はメスがやってきました。
侵入者を追い払った様で、巣穴掘りの再開です。

この縄張りのカップルです
(左側の胸が白っぽい方が♀/右側の胸が濃い色の方が♂)
アカショウビンのカップル150523-1032_convert_20150525182116

赤丸の個体が侵入者(オスの個体のようです)右側がここのオスです
アカショウビン150523-_convert_20150525182135

アクビした瞬間、クチバシの中のかわいい舌が見えます(写真は♀)<<動画切り取り画像>>
アカショウビンのアクビ150525-_convert_20150525182218

オスのディスプレイです<<動画切り取り画像>>
(後方を飛ぶのは色合いから侵入者のオスなので求愛ではなく威嚇のディスプレイなのでしょう)
アカショウビンのディスプレイ150525-_convert_20150525182235

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック