今月の見出しの写真はヒヨドリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



時速27,600Km/hの動体撮影
赤〇の中にISSが(焦点距離840mmで撮影した原版です)


地球上の乗り物で最も速い。
時速27,600Km/h(秒速8Km)で飛行する物体。
それは、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)です。
地上から約400kmの上空、地球一周を約90分で周回している巨大な人工衛星です。
その大きさは横約108.5m x 幅72.8m。
サッカーコートと同じような大きさです。
7月23日、日本人宇宙飛行士の油井さんが第45次長期滞在クルーとして活躍されている人工衛星です。

7月31日、我が広島の上空を横切り北東へと消えたISS。
この日は、三脚に600mm+x1.4テレコンを付けたカメラをセットし待ち構えたが、
初めて見るISSのスピードについて行けず。
あれよあれよと言う間に過ぎ去ったISS。
その時は、仰角76度という真上に近い角度で三脚が邪魔でした。

ネットで検索すると、このISSを写真で撮影されています。
その多くは、星の撮影と同じで風景的にISSの光跡を捕えられています。
その中、500mmの超望遠レンズにx2のテレコンで見事ISSだけを捕えられている方もおられました.
400kmmも離れた被写体です。
その画像は、もちろん鮮明ではなく、なんとなくISSに見える程度。
その方は、何回か挑戦し気象条件がいいときに、綺麗なISSを捕えられていました。

8月18日、7月31日の失敗を元にISSの撮影に再チャレンジしてみました。
機材はEF600mmF4+x1.4、EOS-5D3(F5.6/ISO2000/ss400)、
今回は三脚を使わず手持ち撮影です。
広島から見えるこの日のISSは (*スマートホン・アプリGoISSWatchより)
         ・飛行方向      北西→南東
         ・最大仰角      46度
         ・見える時間     20:44:05-20:46:45
         ・ISSまでの距離   546km
        
20:44、そろそろ見えて来る頃です。
しかし、西の方角には薄っすらと雲があり、金星も瞬き状態です。
もう、見えているはずと、真正面の方角に一際明るい星を発見。
それは、肉眼で見ても動いているのがわかります。
『これだ!』とファインダーに入れる。
ピントをマニュアルで合わす(オートフォーカスは全く効きません)。
ピントが合った時、ファインダーに捕えながらひたすらシャッターを押します。
数十枚撮影した時、ISSは雲の中に消えていきました。
その間、約十数秒だったと思います。

この日は広島上空は雲が多く、その雲の合間からの撮影で条件としてはあまり良くありません。
今回は、初めて撮影したISSなのでこの程度でご容赦を。

次回、またチャレンジです。
皆さんも、挑戦しませんか。

ISSの情報はISSを見ようでご覧下さい。
スマートホン・アプリ:GoISSWatch(iPhone版無料)です。

我がマンションから840mmの超望遠レンズで撮影したISSです(等倍にトリミングした画像です)
ISS150818-2037_convert_20150818214430.jpg

こちらの方が太陽光パネルが確認できます(画像の追加です)
ISS150818-1990_convert_20150819100653.jpg

テーマ:星空 - ジャンル:写真


コメント

アストロアーツの投稿ページで出てましたので、私もいつかはと思ってましたが、僅か十数秒ですか・・・
いかに早くファインダーの中に導入するかがポイントでしょうか?
ピントは無限に合わせとくレベルでは駄目?
[2015/08/19 21:37] URL | ともべい #- [ 編集 ]


ともべいさん、この日は雲があったので見えている時間が短かったです。
快晴の星空であれば早く見つければ、1分近く追いかけられるでしょう。
無限ではダメだと思います。特に蛍石などは温度によって焦点が変わります。
金星が見えていればそれで合わせISSを捕えるのがいいと思います。
これからも、何回かチャンスはあると思います。
チャレンジ、チャレンジです。
[2015/08/19 22:17] URL | やっさん #- [ 編集 ]


こんばんは。

いやー、凄いです。
ISSの色が出てますね。
私なんか、形だけで光のかたまりでした。
[2015/08/20 22:21] URL | Kenの気の向くままに #- [ 編集 ]


kenさん、訪問ありがとうございます。
小さすぎて説明しないと分からない写真になり申し訳ありません。
初物と言うことでお許し下さい。
貴殿のブログを拝見しましたが、
私と同じような被写体を撮られているようですね。
お互いに頑張りましょう。
何処かでお会いすることがあるかと思いますが、
その時はよろしくお願いいたします。
[2015/08/20 23:08] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック