今月の見出しの写真はゲンジボタル(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ヒヨドリの渡り パートⅡ
ヒヨドリの群れ
ヒヨドリの群れ151013-8234_convert_20151022121228

秋穂二島側から阿知須側までは約1000mあります。
ヒヨドリ達は、出来れば上空を一気に飛んで行きたいと、小高い山から上空に飛び出します。
しかし、周防大橋主塔からハヤブサ夫婦が待ち構えているのが見えます。
ハヤブサ夫婦は、ヒヨドリの群れが湾の中央付近に差し掛かったところで、
絶妙なタイミングで飛び出します。
♂のハヤブサは群れの先頭めがけ、♀のハヤブサは群れの後方へと回り込みます。

湾の中央部でハヤブサの攻撃を受けたヒヨドリ達は、
そのまま前進するか戻るかの選択をしなければなりません。
大きな群れになると、前進するグループと元に戻るグループと分かれる場合があります。
その時、少し遅れて後方からやってくるハヤブサ♀の恰好の餌食となるのです。

そこで、ヒヨドリ達が選ぶもう一つの選択は、海面スレスレまで降下し飛行することです。
これではハヤブサは上から下へ突っ込むことは出来ず、ヒヨドリ達の下にも潜りこめません。
ヒヨドリ達の持って生まれた知恵なのでしょう。

ハヤブサは、そんなヒヨドリ達のすぐ上で比較的低い高度で一緒にしばらく飛行します。
そして、ヒヨドリ達が対岸に到達した時、防波堤を越えるため必ず浮き上がることを知っています。
その時が、ハヤブサのアタックチャンスなのです。

ヒヨドリ達には悪いですが、これらのお互いの駆け引きを見ているだけでも楽しいです。

山裾を旋回する群れ
山裾を旋回するヒヨドリ151008-1320631_convert_20151022121116

朝日があたりヒヨドリが輝きます
ヒヨドリ151007-7187_convert_20151023134425

海上に逃げ込む群れ
海上に逃げ込むヒヨドリの群れ151013-8159_convert_20151022120652

ハヤブサの攻撃を避け海上に降下する群れ
海上を渡るヒヨドリの群れ151006-6317_convert_20151022120723

これほど長い列となって海上を渡る群れを見たのは初めてです
海上を渡るヒヨドリの群れ151006-6378_convert_20151022120736

湾の中央部にある岩礁に逃げ惑うヒヨドリの群れ
逃げ惑うヒヨドリの群れ151019-1541_convert_20151022120816

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント
ガッテン
当地への短期滞在の単身赴任 ご苦労さまでした なるほど 対岸での様子
まだ見たことがありません
こんど挑戦してみます。

!アムール柱! の記事 待ってます
[2015/10/24 05:32] URL | 山M #- [ 編集 ]


山Mさん、コメントありがとうございます。
この場所への短期単身赴任を始めためたきっかけは、
山Mさんのブログを見てから始まりました。
あの場所は、いろんな場所からそれぞれ撮影を楽しめます。
[2015/10/24 07:32] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック