今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



フードプロテクター
望遠レンズをこのように地面に立てかけることってありますよね
フードプロテクター151027-2095_convert_20151027120742



”フード・プロテクター”といっても、食べ物の話ではありません。

先日の福江島遠征の時、友人の亀さんが、”こんなのはどう?”と、
望遠レンズのレンズフード先端に着けた”ゴム”を見せてくれました。

三脚を使わないで撮影している時、望遠レンズを地面に直接立てかけることがあります。
レンズフード先端には保護用のゴムが張ってありますが、長年使っているとそのゴムが傷んだりしてきます。
その保護を兼ね、その周りにゴムを着けてやろうと言う事です。

早速、『その案、頂き!!』と、ホームセンタで”溝ゴム”を物色しました。
亀さんが使っていた溝ゴムは乳白色のゴムでしたが、
我が家近くのホームセンターでは、黒色の溝ゴムが売ってありました。
もってこいの黒の溝ゴムです。

それをはめた望遠レンズを今回の山口遠征に持参し、早速友人のMさんにも見せ付けました。
すると、早速現地のホームセンタでその溝ゴム購入となり現地で工作されていました。
彼のレンズはニコンです。
私のレンズはキャノン製で、フードの口径に余裕があるのですが、
ニコンのレンズはフード径が小さく、先端にこの溝ゴムをつけるとフードが逆に収納できなくなります。
そこは器用なMさんです。
一夜にして綺麗にカットし、逆差しでも干渉しないように工作していました。

*この工作は、オリジナルのフードを傷つけることはありませんが、
同じよう作られる方はあくまでも自己責任で製作してください。


ホームセンタで手に入る溝ゴムです(約400円/mです)
フードプロテクター151027-2100_convert_20151027120816

このように溝になったゴムです
フードプロテクター151027-2101_convert_20151027120835

それをフード径より少し短めにカットし先端を接着し輪っかにします
フードプロテクター151027-_convert_20151027120727

レンズフードと溝ゴムの完成品です
フードプロテクター151027-2096_convert_20151027120754

レンズフード先端にはめ込んで行きます
フードプロテクター151027-2111_convert_20151027120847

どうです。まるで最初から着いているように綺麗に出来上がりました
フードプロテクター151027-2114_convert_20151027120859

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック