今月の見出しの写真はゲンジボタル(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



車載のナビ不調
車購入時に装着したトヨタの純正ナビです
ナビ151223-2246_convert_20151223100224

冬至も過ぎたというのに暖かな陽が続きます。
今年は、この頃特有のクリスマス寒波が雨になりました。

宮崎から戻り中、ナビの表示がちょっとおかしいことに気付きました。
トンネルに入ると、自分の位置が動かない。
トンネルを出ると急に正常になります。

通常ナビは、GPSの電波を受けながら自分の位置を地図に表示ていますが、
トンネルや地下などGPSの電波が入らないところは車自身の自走パルスや、
ナビ自身が持っているジャイロで位置や方角を補正して表示します。

我が愛車のナビはというと、この自走パルスを認識していない状態です。
スピードメータは正常に表示しているため、車の故障ではないと思われます。
では、ナビが壊れたか?
この年金生活者に新しいナビはもう買えません。
そこで、ちょっとナビの裏側の配線を調べてみることにしました。
もちろん取り付けはディラー任せで、今までもこのナビ付近は分解したことがありません。
ネットで色々探すと、センターコンソールの分解やナビの取り付けを行っている方がおられ参考になります。

そして、センターコンソールを分解しナビの背面のコネクター確認です。
入っていないコネクタも多く、何が何さっぱりわかりません。
そこで、ネットで再びトヨタの純正ナビのコネクタ説明や形状を参考に、各コネクタの持つ信号線を調べました。
インタネット検索はこんなときに便利ですね。
そこで、車速パルスやバック信号が入っているコネクタ付近に、
エレクトロタップで信号線を何やらつないであるところを発見。
これを調べると、ハンドル横にあるスイッチにつながっています。

このスイッチは何かというと、車が走っているときはナビの操作ができません。
これは、車速パルスの信号を受け安全のためナビ自身が操作をブロックしています。
そのブロックを解除するスイッチです。
ほとんど一人で乗っているため、助手席の方がこのスイッチを使ってナビの操作をすることもありません。
これは、購入時整備の人に好意でつけていただいたものです。
そのスイッチの導通を調べるため、スイッチ部を取り外し確認すると!!
なんと、スイッチのコネクタ部に信号線がただネジって付けてあるだけで、
ビニールテープでグルグル巻きしている状態でした。
これでよく9年もの間、動いていたなと感心しました。
早速、取り外して半田付けし再びナビに取り付けると正常になりました。

センターコンソール部の分解です
ナビ151218-2221_convert_20151223100134

ナビの背面部です
ナビ151218-2229_convert_20151223100203

このスイッチの接続が悪かったのです
ナビ151223-2248_convert_20151223100240

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック