今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



Car Door Camera Support の製作
車の窓ガラス形状の問題


我が家付近は、先日降った雪も解け普段の景色に戻りました。
しかし、また24日の日曜日には今までに無い寒波が西日本にやってくるとか。
24日、広島で行われる”天皇杯全国都道府県対抗男子駅伝”が心配ですね。

前回のブログで、車からの撮影道具を作ろうと考えていることを書きました。
そして、二通りのタイプを考えました。
しかし、実際の車の窓の形状から少し問題があることが判明しました。
それは、①の窓ガラス固定のタイプの方です。
私の車を含め最近の車では、運転席や助手席側の窓の形状は結構流線形になっています。
上の写真のようにカメラを置こうとする位置(赤枠で囲んである場所)では、
ガラスの形状は曲面形状(ガラスの白い模様で塗った部分)になっています。
これでは、つかんでいる部分の面積が小さくあまり効果的ではなく、カメラ位置が制約されます。

そこで、窓カラスに固定するタイプを諦め、ガラス溝にはめ込む②の”ドア溝はめ込みタイプ”で作ることに決めま”た。
そして、1週間。
寒いですが、毎日ベランダ工作&ホームセンタ通いで作りました。
大した道具も無く、材料の加工も制限されます。
そこで、3mm厚のアルミ板で加工し、
枠にはめ込む部分はホームセンタで手に入れた”コの字型”の鉄のアングルを利用しました。
折れ曲がる部分には蝶番を使い、その蝶番の心棒にはネジで締め付けるように加工してあります。
それは、ある程度の抵抗を持たせ、折れ曲がったプレート部を少しだけ固定できるようにしてあります。
出来上がった本体は、軽量で雲台を外し折りたたむとコンパクトになります。
実際、使うときは雲台+カメラも含め6kgぐらいのレンズを乗せるため、結構安定は見込めると思います。

このように窓ガラスの溝にはめ込むようにします
Door-Support+Image16017-2510_convert_20160122135509.jpg

車内側からはこのようになります。肘置き部分で支えます
DoorMount-Support160117-2542_convert_20160122142732.jpg

これが雲台を取り付けたドア溝はめ込みタイプの完成品です
DoorMount-160121-2512_convert_20160122135531.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック