今月の見出しの写真はルリモンハナバチ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



リアーカメラの取り付け
バックカメラ160201-_convert_20160201162227

この頃になると、『孫が風邪をひいた』と、長男宅、次男宅と手伝いに大忙しです。
共稼ぎの夫婦で子供が小さいといろいろ大変です。
この時期の恒例行事と諦めてます。

さて、前回のブログで、車のナビの地デジ化を行いました。
その次は、バックカメラ(リアーカメラ)の取り付けです。

本来、このバックカメラ(リアーカメラ)は車購入時ディラーオプションの一部でしたが、
我が愛車は、背面に大きなスペアータイヤを積んでいます。
このタイヤのおかげで、バックカメラ(リアーカメラ)は取り付けできないとのことで残念していました。
通常このバックカメラ(リアーカメラ)は、ナンバープレート上部のひさし部分に取り付けます。
しかし、私のプラドのナンバープレート部分にカメラを取り付けると、大きなスペアータイヤが邪魔し死角ができます。
そこで私は、バンパー下に取り付けることにしました。
カメラから車体内部までのケーブルは、コルゲートチューブで覆い保護しています。
カメラ位置が低くなるため、視野が少し狭まりますが、十分後方確認ができます。

近頃のトヨタの純正のオプションでは、
リアーカメラの映像でステアリングの回転角から車の後退軌道を表示させるものがあります。
私のナビの背面にも、リアーカメラ用ステアリングセンサーのコネクターがありますが、
残念ながら車にステアリングセンサーが付いていないため、その機能は使えません。
私が、この車を購入した時にそのようなオプションがあったようですが、
リアーカメラは取り付けできないことで気にも留めていませんでした。
結構な値段だったのでしょう。

今回、取り付けたカメラは単に後方の映像を映すだけのカメラです。
車後方の障害物を確認できるだけで十分なのです。
このカメラはもちろん中華製で、最低照度0.2ルクス、小型で防水構造で42万画素のカメラです。
そのお値段も¥2,000ちょっとで購入でき比較的安価なのです。
いつまで故障しないで稼働できるか楽しみですが、故障してもこのお値段ならと思っています。

私は、このカメラの電源をナビの背面コネクターにあるリバース信号から取っています。
シフトレバーをリバースに入れると、カメラの電源が入りバックカメラ(リアーカメラ)の映像が映し出されます。
ナビの画面にも、『後退時は、直接後方を確認しながら運転してください』との注意書きが表示されます。
さすが、古くてもトヨタ純正のナビですね。
あとは、車の停車位置とナビが表示するガイドラインの位置を、ナビのダイアグ機能で調整し完成です。
もちろん、暗い場所でも後退灯だけの光で十分に確認できます。
このカメラ取り付け作業のおかげで、長年使って壊れかけていた車の簡易ベッド部分の修理もできたし、
荷物室の掃除もできました。
実は、積んでいたガラクタがいっぱいありこれが一番大変でした。

このように、外から見えないバージョンアップですがこれからのドライブが楽しくなりそうです。

車のシフトレバーをバックに入れると自動的にバックカメラ(リアーカメラ)映像に切り替わりガイドラインで停止位置が確認できます
バックカメラ搭載160201-2570_convert_20160201162814

テーマ:*写真で残す日常* - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック