今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ハヤブサ 生息地
ひときわ高い梢で獲物を探すハヤブサ
ハヤブサ160315-7811_convert_20160321185639

ハヤブサを観察していると、時として縄張り内に若いハヤブサが姿を現します。
それらは侵入者、いわゆる”よそ者”ではありますが、昨年生まれの若鳥が多いです。
それに、それらの多くは我が子なのです。

親であるハヤブサは、例年9月から10月にかけて我が子と子別れします。
子供を縄張りから追い出すのです。
それにより、子供たちは一人立ちし生きて行きます。
と、言ってもなかなか生まれた場所からは離れず、時々戻っては親にエサをねだりにやって来ます。
よそ者が侵入してきた時と、わが子が侵入してきた時の対応の仕方が極端に違います。
よそ者の場合は、縄張りから出るまで爪を立て必要に攻撃します。
一方、我が子の対応ではエサこそ与えませんがその対応には親のやさしさを感じさせます。
鳥も”家族愛”や”母性愛”といった愛情を持っているのですね。

メスの若が突然侵入してきましたが、お母さんは優しく接していました
ハヤブサの若鳥(左)/ハヤブサのメス親(右)
ハヤブサ160315-7859_convert_20160321185606

番外編 突然、巨大な飛行物体”美保基地のC-1”が飛来しました
C-1160315-_convert_20160321185544.jpg


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

一枚目、最高の雰囲気ですね。
縦構図がたまりません。(*^_^*)
[2016/03/22 20:49] URL | ともべい #- [ 編集 ]


ともべいさん、ありがとうございます。
近寄れないため何とかまとめた写真です。
被写体は小さ目ですが、その情景の雰囲気が伝われば幸せです。
[2016/03/22 21:30] URL | やっさん #- [ 編集 ]


うわぁー(@_@;) こんな場面に出会えるなんて!!
自然と猛禽ハヤブサの最高の場面じゃないですかぁー!!
[2016/03/23 21:04] URL | jijidasu #SFo5/nok [ 編集 ]


jijidasuさん、コメントありがとうございます。
ハヤブサは、このような背景がお似合いですね。
ハヤブサは数を増やしていると聞きますが、
繁殖地が減少しているように見えて
見る機会が少ないですね。
[2016/03/24 09:03] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック