今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



修理と工作
見るからに無残なTTL調光コードSC-28
TTL調光コードSC-28-160608-2732_convert_20160614222121

友人から、使えるがコードの被覆がボロボロになった”ニコンTTL調光コードSC-28”を何とかできないかとの依頼。
現物を見ると、触れるだけでコードの被覆が剥がれていきます。

コードを新しく取り換えたら綺麗になるが、狭い箇所のハンダ付けが必要。
もし、ハンダ付けで内部を溶かしでもしたらゴミ箱行きです。
それならと、ボロボロの被覆をはがし、熱収縮チューブで被覆の代用。
中間のコードはカールコードなので切り取りコネクターを付け替えます。
そして、出来上がったのが下の写真。
中間コードは、10mのストレートコードを別途持っているとのことでこれで出来上がりです。

ついでに、自分の撮影用レンズヒーターの製作です。
ニクロムヒーター線とロッドベルトを使って、星景撮影用レンズヒーターを作りました。
レンズのフード部分に巻き付け前玉のくもりを防止します。
市販品もあり個人の方も作って販売もされていますが、自分でも簡単に作れます。
仕様は、モバイルバッテリー(5vのUSB電源)仕様です。
もちろん、アルカリ電池やエネループといった2次電池も使えます。
数年前にも、一つ作りましたが使わずじまいでどこにいったやら・・・
前回、天の川撮影の際タイムラプス用にと撮影したが、案の定レンズに夜露がつき50分ぐらいで撮影中止。
やはり、このような時にと準備しなきゃ。
反省するも”後の祭り”です。

手元にあった部品も使い、結局4つ作りました。
#1は約60℃、#2は65℃、#3は50℃、#4も50℃です。
#2は65℃とちょっと高温すぎるかも。
#3と#4は同じ50℃ですが抵抗値の違いで#4は省エネタイプになっています。
この日の室温27℃での温度での測定値です。
実際、10℃以下の自然界で使った場合、ヒーター温度は何度が最適温度なのでしょうか。
あと、もう少し低い温度の物も作って前玉がくもらない温度をテストする予定です。

修理後の”ニコンTTL調光コードSC-28”です
TTL調光コードSC-28-160613-2751_convert_20160614222138

レンズヒーター#1(60℃)
レンズヒーター#1160614-2757_convert_20160614222203

レンズヒーター#2(65℃)
レンズヒーター#2160614-2758_convert_20160614222217

レンズヒーター#3(50℃)
レンズヒーター#3160614-2764_convert_20160614222231

レンズヒーター#4(50℃) レンズに付けての温度測定
レンズヒーター#4160615-2768_convert_20160615150848

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コメント
うゎお!
やっさんさすがですね!私のぼろぼろのTTLコードをこんなにきれいに生まれ変わらせてくれるとは・・・本当に感謝いたします。今度生まれ変わったら器用になりたいです。
[2016/06/17 23:30] URL | 鳥 #OpxzSC/2 [ 編集 ]


鳥さん、どのように保管すればこんなになるか不思議な傷み方でした。
直して喜んでいただけるだけでも、やりがいを感じます。
自分では器用とは思わないですが、
昔から分解したり組み上げたりが好きなもんで・・・

[2016/06/18 09:03] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック