今月の見出しの写真はヒヨドリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ヒガンバナ
彼岸花120910-0040919003_convert_20120912220923
昨夜、遠征から帰宅いたしました。ブログの更新が滞り申し訳ありませんでした。
現地から、スマートフォンでの更新を予定しておりましたが、
時間的な問題もあり、タイムリーな更新も出来ずお詫びいたします。
今回の遠征での話題を載せたいのですが、撮影した写真が半端な量ではないので、
写真の確認/整理が終わり次第随時話題を載せて行きたい思います。

写真の花は、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれていますが、秋のお彼岸の頃開花するので
彼岸花との名前がついています。
遠征地の西の果てでも、滞在中に満開となり田園を彩ってました。
今年は、暑さの関係で開花がずいぶん遅れてました。
この花は有毒植物で、鱗茎(地下茎)部に毒があります。
そのため、土に穴を掘るモグラや野ネズミのような小動物を避けるため、
土手や畦にあえて植えられいるそうです。
本来、日本にはなく中国から持って来られたいわいる帰化植物です。

これらの写真は、有名な写真家”嶋田忠”さんの『カワセミ』の写真集の撮影場所である、
埼玉県日高市の巾着田で撮影したものです。
ちょうど、巾着田の中央部一面に、真っ赤なじゅうたんを敷き詰めたようにこのヒガンバナが咲き誇ります。
満開時は、多くの観光客が訪れる秋の観光名所にもなっています。
その淵を流れる川があのカワセミの撮影が行われた高麗川です。
この川は、巾着田の周囲を囲むようにゆっくり蛇行して流れており、
”あの衝撃的な写真集『カワセミ』がこの川で撮影されたのだ”と写真を思い浮かべながら
川のほとりを散歩しました。
この高麗川は、今でもたいへん綺麗な清流で、私が訪れた際もカワセミが飛んで行くのが見れました。
いつまでも、カワセミ達が棲める綺麗な清流であって欲しいですね。

一面に咲いた彼岸花
彼岸花120910-040919001_convert_20120912220837

彼岸花120821-000904_convert_20120821211104


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック