今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



三原の海霧 Part2
雲が切れた空には星が輝き霧の中ではオーロラのごとく光輝きます
海霧20161205-1518_convert_20161207151250

この日の外気温は10℃でした。
冷えた早朝に海霧が発生するという説明に相反する状態です。
北国の寒い地方でみられる気嵐(けあらし)は、温かい海面から蒸発した水蒸気が空気中で冷やされ霧となる現象です。
しかし、ここ三原の海でみられる海霧は河口付近で霧が発生し周辺を漂っています。
しかも、私がいる場所付近まで霧はゆっくり流れ込んできますが、目の前の場所では霧は消えて行きます。
今日に限っては、筆影山の中腹からの観察では沼田川(ぬたがわ)から霧が流れ込んで漂っている感じではありません。
見ていると、河口近くの海面から次々と霧が発生しその周囲に漂っています。

外気温10℃で霧が発生する条件を考えてみました。
それは、雨上がりの空気中に含まれる水蒸気が、
沼田川に沿って流れてくる比較的冷たい空気に冷やされ霧となっているようです。
秋に発生する霧は川の水温が比較的暖かく、放射冷却で冷えた空気との温度差で霧が発生します。
これが三原の河口に流れ込んで海霧となる場合もあるでしょう。
これは、竹田城などで見られる雲海と原理は同じでしょう。

すなわち、ここ三原の海霧は秋では沼田川の温かい水が蒸発し空気中の冷たい空気に触れ霧が発生する時と、
雨上がりなど空気中に含まれる水蒸気が、内陸から河口に沿って流れ込む冷やされた空気により霧が発生する
2通りがあると思われます。
その共通ポイントは無風です。

小佐木島や佐木島付近まで霧が押し寄せ幻想的な夜景が広がっています
海霧20161205-_convert_20161207151205

私がいる場所付近から霧が消えていきます
海霧20161205--2_convert_20161207151227

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真


コメント
うわー・・・
こりゃあたまにゃあ地元から出て撮影せにゃあいけんねー。。。
[2016/12/07 23:01] URL | とうげんおっさん #- [ 編集 ]

懐かしいです。
おはようございます。
写真を始めた頃、筆景山・鞆の浦など
よく通った思い出があります。
今は芸北一辺倒ですが・・・

夜のブルーがかった世界と
町明りの映り込んだ霧、
とても幻想的ですね。
[2016/12/08 08:04] URL | masa. #GoL0fcTY [ 編集 ]


4年ぶりと、先週出かけましたが撃沈。
めげずにこの日と無理していったのがよかったかも。
しかし、濃霧過ぎました。
もう少し薄い霧を期待したのに・・・
いろいろ撮影でき楽しかったです。
[2016/12/08 09:46] URL | やっさん #- [ 編集 ]


masaさん、ありがとうございます。
早く行って仮眠しようと思っていましたが、予想に反し早くから霧が出始めい撮影に忙しかったです。
せっかく、いい海霧が近くで見られるのですから撮影しておかないとと思って4年経っていました。
芸北の冬の装いですね。
また、綺麗な写真見せてください。
[2016/12/08 09:50] URL | やっさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック