FC2ブログ

 今月の見出しの写真はコチョウゲンボウ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



イヌワシ
イヌワシ100918-1339_convert_20120918205120

この時期、何かいいことがある。
先日、広島の友人がイヌワシの山で、すばらしいショットを撮ってきた。
しかも、なんと彼はこのイヌワシ撮影が初めてだと言う。
その写真は、この中の掲示板をご覧ください。
すばらしい写真ですよ。なかなかこの様なカットは撮れません。

いつしか、私にも幸運があった。
朝から、神奈川の友人Wさんと愛知の友人Fさん3人でいつものポイントで撮影。
愛知のFさんが居る時は、外すことがないほど幸運の持ち主である。
しかし、この日はまったく飛んでくれない。
上の方におられたカメラマンも、姿がなくすでに帰られた模様である。
こんな状況では仕方がない。

午後3時半を回ったころ、友人Wさんがしきりに後ろを振り向き何かを気にしている。
すると『ねぇ、あれってイヌワシに見えない?』
双眼鏡を忘れた彼は、逆光でもあり肉眼ではそのものがイヌワシかどうかの認識ができなかった。
持っていた双眼鏡で『どれどれ、オッ!イヌワシだ!』と思わず大きな声が出た。
それが、この上の写真の光景です。
よく見ると、あのイヌワシが止まっている岩は上から見えるのではないか?
『よし、行くだけ行って見よう』と三脚と重い超望遠レンズを担ぎ坂道を登った。
日頃、運動不足の中年にはこのカメラの重量と登り坂はきつい。
すぐに息が切れてしまう。
数十メートル進んでは下をのぞき、またのぞく。『見えない、もっと上だ』
何回かこの様な確認をしたその時である、『見えた!』と眼下にイヌワシがいるのを発見!!
見えてよかった。しかも近い!
その時のイヌワシとの距離は40~50mぐらいであったと思う。
こんな近くで、岩止まりのイヌワシはなかなか撮れない。すごいチャンスである。
この距離では、このまま不用意にカメラを向けると飛ばれる恐れがある。
3人は、ひとまず見えないところまで後ろに下がり、三脚にレンズをセットし撮影体制を取ることにした。
落ち着いたところで、1、2、の3でいっせいにレンズをそーと出し、イヌワシに向けた。
ファインダーにイヌワシを捕らえた。
イヌワシは飛ぶ気配なし。
まだ息が切れた状態で、あせる気持ちと重なりなかなかフレーミングが出来ない。
『まだ、飛ばないから落ち着いて』と自分に言い聞かせどうにか1枚目をレリーズ。
そして、3人は次々とシャッターを切った。
いろいろな場所を探して撮りたかったが、こんなチャンスそうあるものではない。
このままでも十分、背景もいい。うろうろするより撮れる限りここで撮ろう。
そして、しばらくしてイヌワシはおもむろに北側に向き飛び去って行った。
撮影を終えた時、3人で思わずハイタッ~チ!!
その間、画像の時間を確認するとたったの5分間であった。
我々3人だけに与えられた幸運の5分間であった。

岩場で休息中のイヌワシ
イヌワシ100918-1393_convert_20120918205055

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック