FC2ブログ

 今月の見出しの写真はコチョウゲンボウ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



アカツクシガモ
土手で休息中のアカツクシガモ
アカツクシガモ20170221-0829_convert_20170223175346

今冬、西日本各地にアカツクシガモが飛来しているようです。
オレンジ色の綺麗な体。
日本に渡来するカモの仲間ではこのような色彩の鳥は珍しいです。
本来は、ユーラシア大陸中部に生息しており、冬にユーラシア大陸南部や中国などに南下し越冬します。
日本では、数少ない冬鳥としてごくまれに渡来します。

そんなアカツクシガモ、過去に田んぼで給餌している光景や休息する姿を撮影したことはありましたが、
水辺を泳ぐ姿を初めて撮影できました。
『そりゃ、カモの一種だから泳ぐだろう』と、言われるかもしれませんが、
出会うことも難しく、まして泳いでいる姿となるとなかなか見れません。
顔は白っぽいですが、首に不明瞭ですが首輪が出ているのでオスの個体と思われます。
聞く話によると、周りは工場、その川の河口はあまり綺麗ではありません。
『黒いヘドロのように写る風景にアカツクシガモか』と、
あまり気乗りしない撮影ですが友人と行くことにしました。

朝、撮影場所に着くと、すぐに姿を見つけることができました。
そのアカツクシガモを撮影していたら、そばに一羽のカラスが舞い降り、
そのカラスに驚き水面に逃げるように飛び出しました。
その水面には、朝陽が柔らかな光が射し、キラキラ輝く黄金に輝きます。
汚い河口を想像していた私は、『やはり現場に行かなきゃわからないものだ』と反省です。

彼は、数分後また元の土手に飛び上がり、また休息に入りました。
なかなかお目にかかれない珍しい光景でした。
ゆっくり休息し、生まれ故郷の大陸に戻ってほしいものです。

アカツクシガモ20170221-_convert_20170223175414

アカツクシガモ20170221-0594_convert_20170223191139

アカツクシガモ20170221-2_convert_20170224072847

アカツクシガモ20170221-2_convert_20170223225716

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック