今月の見出しの写真はハギ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ジュウイチの雛の変わった行動
黄色い大きな口を開け仮親に餌をねだります
ジュウイチの擬態20170630-6422_convert_20170704215610

ジュウイチは、その体系や顔立ちは何かに似ていると思いませんか?
それは、ハイタカのような小型の鷹にそっくりな容姿をしているのです。
飛んでいる姿もハイタカか?と、勘違いするぐらい似ています。
英名も”Hodgson's Hawk Cuckoo”という名前になっています。
その容姿から、外敵から狙られるのを防いでいると言われています。

もう一つ、
ジュウイチの雛は仮親のから、より多くのエサを獲得するためしたたかな行動をとります。

野鳥の多くは、雛の大きく開けたくちばしやエサをねだる鳴き声に刺激され、巣に餌運びします。
このジュウイチの雛も、大きな口をいっぱい開け、仮親にアピールします。
しかも、その口の内部は黄色です。
この黄色い色に刺激を受けるとも、言われています。

ジュウイチの雛は、もう一つ独特な方法で仮親に餌をねだります。
左右の翼にある翼角を上げ、その内側の皮膚露出部を見せます。
それは、翼角パッチと呼ばれており、そのパッチは口内の色と同じ黄色です。
それらの翼角パッチを見せることにより、複数のくちばしがあるかのように仮親を騙すのです。
両翼の翼角と、そして中央の大きく開けたくちばしの計三羽の雛が居るよう見せかけ、
仮親に多くのエサを運ばせます。
一種の”擬態”というか”ディスプレイ”です。
それを見た仮親は、次から次へと巣にエサを運びます。
そうして、体の大きなジュウイチの雛は生育に必要な量のエサを受け取るのです。
鳥類の中でジュウイチだけが給餌の際、このようなディスプレイを行うそうです。
実に巧妙な生き方をする鳥ですね。

*これは、立教大学の研究でジュウイチ特有の行動として国内・国外における学会で報告されています。

翼角パッチ(赤丸)
<動画からの切り抜き画像>
ジュウイチ翼角パッチ20170708-1_convert_20170708094123


翼角を上げ複数の雛が居るように見せかけるジュウイチの雛
ジュウイチの擬態20170630-7492_convert_20170704215151

巣立ち後も両翼角を上げ複数の雛が居るよう見せかける雛
ジュウイチの擬態20170630-6949_convert_20170704154931

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック