今月の見出しの写真はトラツグミ

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



大瀬崎の渡り Part4
アカハラダカ幼鳥
アカハラダカ幼鳥120926-5878_convert_20121003171812

さぁ、いよいよ鷹の渡りの話題に入ります。

アカハラダカの多くは、大陸で繁殖し朝鮮半島から対馬を経由し南下します。
ここ、福江島の北部に位置する五島市鬼岳付近を多くのアカハラダカが渡ります。
時期的には9月10日前後がピークになり、その頃には成鳥が中心で見ごたえがあるようです。
今の時期は、残った幼鳥が少数ですがこの展望台でも見ることが出来きます。

ここ、大瀬山展望台ではアカハラダカとよく似た鷹でツミも少数ですが上空を通過します。
この両者の違いは、目が確認できる場合はアカハラダカにはアイリングがなく、
ツミには黄色いアイリングがあります。
しかし、飛行中のアカハラダカ幼鳥やツミ幼鳥は見分けるのも一苦労。多くは写真判定となります。
アカハラダカは、初列風切羽根が4枚、ツミは5枚が分離して見える。
下面では翼の下雨覆がアカハラダカでは無班。ツミには横班が見えます。

『どこを渡っているの?』と言いたくなるのが、ここでは珍しいサシバです。
3羽ぐらい上空を飛んでいました。
本来、サシバは九州を南下し鹿児島の佐多岬から宮古諸島を通るルートで渡ります。
ちょっと西に来すぎてしまっているようです。

他に、渡るのではないと思いますがオオタカの幼鳥やチュウヒの幼鳥も現れました。
ハチクマについてきたのでしょう。

ツミ幼鳥
ツミ幼鳥120923-2378_convert_20121003171842

翼をたたみスピードを上げるアカハラダカ
アカハラダカ幼鳥120923-3130_convert_20121003171755

ここでは珍しいサシバ
サシバ120927-7635_convert_20121003201711

オオタカ幼鳥
オオタカ幼鳥120927-7929_convert_20121003171958

チョウヒ幼鳥
チュウヒ幼鳥120927-7754_convert_20121003201442


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック