FC2ブログ

 今月の見出しの写真はオオワシ(滋賀県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



Sony-α7Ⅲの実力は?
ルリモンハナバチ(トリミングなし/ISO;1250にて撮影)
α7Ⅲ/MC11+EF100mm F2,8LマクロIS USMにて撮影
ルリモンハナバチ20180808-3082_convert_20180811184739

今年の5月からα7Ⅲをメインに撮影を行って来ました。
その撮影枚数は23000枚を超えます。

このカメラはミラーレスです。
しかも、これでフルサイズなのと思うぐらい小さく軽い。
実際、マイクロフォーサーズのGH5より小さなボデーです。
歳をとると、ますます軽いカメラが欲しくなるのです。

シャッター音がすごく静かです。
あのキャノンのフラグシップ1Dxに聞かせたいほどです。
しかも、まったくの無音撮影(電子シャッター)も可能です。
野生生物撮影にはもってこいですね。

ミラーレスの為、もちろんミラーショックなるものは発生しません。
600mm+x1.4の840mmの手持ち撮影も、手振れ防止のお陰もあり手振れせずに撮影できます。
α7Ⅲを使って、今まで結構ミラーショックによるカメラブレが発生していたことを思い知らされました。

このα7Ⅲの一番の印象は、めっぽう高感度に強いことです。
もちろん高感度になればなるほど、それなりにノイズ発生します。
しかし、そのノイズは大きさが均等で綺麗にそろっており、現像ソフトでノイズ処理が非常にやりやすいのです。
しかも、ISO3600ぐらいまではあまりノイズを感じない画像となります。
私が使用しているキャノンのEOS-7DⅡやEOS-5DⅢは輝度ノイズはいびつでノイズ処理も妥協の上成り立っていました。
それと比べると雲泥の差です。
このα7Ⅲを使って撮影すると躊躇なく高感度が使えます。
高感度撮影する星やホタル、それに薄暗い早朝や暗い林での撮影に活躍できるカメラです。

ソニーαシリーズのもう一つの特徴であるオートフォーカス性能について。
最初に驚いたのはAFスピードの速さです。
キャノンのEFレンズを着けていてもその速さは”速い!!”の一言です。
最近、ソニー純正のFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSを入手しました。
早速、AF性能のテストです。
その被写体に選んだのはツバメです。
ツバメという被写体は、飛んでいる鳥の中でも難易度が高い被写体です。
しかも、撮影距離約15mの至近距離で高速で縦横無尽に飛び回る撮影です。
撮影されたことがある方はおわかりになると思いますが、ファインダーに捉えるだけでも難しいものがあります。
しかし、このカメラはファインダーにツバメを入れさえすればあとはAFボタンを押すだけ。
画面のどこに入っても”お見事!”というほどツバメを捉えてくれます。
一旦被写体を捉えると、どこぞのカメラのように背景に引っ張られることや、途中フォーカスが逃げることなく追い続けます。
しかも、画面の端っこまでピントが合い撮影していても楽しいです。
ちょっとブログの写真ではわかりにくいとは思いますが、
α7ⅢのコンティニアスAF撮影で3コマ連写のカットを下に載せてあります。
一番手前の被写体にフォーカスするのはキャノンでもできましたが、
同じツバメが場面に入っても、最初に合わせたツバメだけを追従してくれるフォーカスには感心しました。

このα7Ⅲの価格は、決して安いものではありません。
しかし、その価格以上の性能で期待を裏切らないカメラでした。
撮影していて、”楽しい”と感じるカメラに出会えた気がします。
しかも、これがSonyでは”Basic"と呼んでいるカメラです。
今後、Sonyはデジタルカメラをどんなカメラに進化させるのでしょうか。
楽しみです。

α7Ⅲ/MC11+EF600mmF4LⅡUSM+EFx1.4による手持ち撮影
超望遠撮影においてもカメラブレを起こしているという感じがしません
左側ノートり画像/右側赤枠拡大画像(ISO;640/ss1/1000/F5.6)
手振れテスト20180811-7707_convert_20180813123850


ISO別の高感度による星の撮影(天の川中央部拡大画像)
露出さえ正確に合わせれば超高感度になってもノイズは綺麗でLightroomで綺麗に処理できます
α7Ⅲ-ISO別天の川_convert_20180811184135

MC11+EF100-400mmF4.5-F5.6Lにて手持ち撮影
フィールドではこのような撮影が多いと思いますが、気軽にEFレンズでもAF-Sでオートフォーカス出来ます。
左側ノートり画像/右側拡大画像(ISO2000/ss1/1250/F5.6)
ISO2000での撮影20180811-0766_convert_20180811184203

α9と同じ693点像面位相差検出AFセンサーで撮像領域の約93%の広いエリアをカバー
左側はノートり画像/右側は赤枠の拡大画像
広いAFエリア20180813-2331_convert_20180813110814


FEレンズによるコンティニアスAF撮影
左のコマの左のツバメにピントが合い、次のコマ(中央)でもまだ左のツバメに合致しています。
次の右のコマでは合致していたツバメが右側になってもそのツバメだけに合致してます。
ISO;2000/ss1/4000/F5.6(α7Ⅲ/FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS)
AF追従性能20180811-_convert_20180811184104

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コメント
こんにちは
いやー、ミラーレスやばすぎですね。
レンズ資産の関係でSONY行きは考えたことがないのですが、考えさせられますね。

8/23発表のニコンもこれくらいやってくれるのでしょうか?
だったら、何はさておき貯金ですねww
[2018/08/15 14:36] URL | だいざえもん #4SmXHb/A [ 編集 ]


だいざえもんさん、ご無沙汰してます。
コメントありがとうございます。
関東/関西の友人たちが次々とC→Sにされてます。
ニコンも8/23フルサイズミラーレスを発表と予告されてます。
マウントが変わりますが楽しみですね。
ミラーレスには、今まで一眼レフで出来なかった高速AFやワイドAFが出来、AFの進化には驚かされます。
今、将来を考え選んだほうがいいかも。
[2018/08/15 15:38] URL | やっさん #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/08/15 17:34] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/08/15 21:25] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/08/25 17:24] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック