FC2ブログ

 今月の見出しの写真はカキツバタ(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



一眼レフから完全ミラーレス化へ
近日中に発売されるNikon-Z6/7とCanon EOS-R
ミラーレスカタログ20180915-5279_convert_20180915124235

この頃の秋雨前線の影響で全く撮影に出かけていない私です。
またもやカメラ機材の話です。

ニコンやキャノンがフルフレーム・ミラーレスカメラを発表しました。
未だ発売前なので、各社の初めてのフルフレームミラーレスの性能は如何なものなのでしょう。
ただ、ミラーを外しEVFを取り付けただけに見えるのは私だけでしょうか。
もう一つ、大御所メーカーのやる気が感じられません。
パナソニックもフルフレーム・ミラーレスカメラを25日に開発発表を予定しています。
いよいよ、フルフレーム・ミラーレスカメラの時代に突入となるのでしょうか。

私は、今年初め今のカメラ(キャノン製、パナソニック製)より高感度に強く、ノイズが少ないカメラが欲しくなりました。
それは、近年天の川をはじめホタル撮影と夜間の撮影が多くなりました。
その撮影には、高感度な撮影が必要とされます。
しかし、高感度になればなるほどノイズに悩まされます。
そんな時、パナソニックからGH5をベースに高感度特性をよくしたGH5sなるものが発表されました。
しかし、その価格は¥30万近い価格設定でした。
その同じころ、ソニーからα7Ⅲなるカメラが発表されました。
今まで、ソニー製のカメラは全く意識したことがありません。
そのα7Ⅲの仕様を見ると、私が今撮影している被写体すべてが撮影出来、
静止画だけではなく4k動画も撮影できます。
それだけではありません。
シグマ製MC-11というマウントアダプターを介して私が使っているキャノンのEFレンズも使えるのです。
4月末、一台目のα7Ⅲを手に入れテスト撮影です。
私は、購入した機材は数か月徹底的に使うようにしてます。
その為、キャノンのEOSカメラを使うとき操作に戸惑うときもありました。
そのα7Ⅲは、私の期待を裏切りませんでした。
前回のブログでも紹介したように、純正のEマウントレンズを使った際のオートフォーカス性能は、
今までのEOSカメラにない速さと正確性を感じました。
この価格にしてこの仕様。
このカメラこそ、長年続いた一眼レフ時代からミラーレス時代へと変革するカメラだと感じました。

その後、キャノンEOSカメラやパナソニックGH3,5を使わなくなった私はすべてを売却し、
カメラボデーはα7Ⅲ二台体制とし、一眼レフから完全ミラーレス化となりました。

以下に今まで使っていたEOS5Dmk3、7Dmk2とα7Ⅲのノイズ比較とダイナミックレンジの比較表を載せました。
Photons to Photo

EOSで使っていたすべてのリモートレリーズやインターバルタイマー、無線リモコンをソニーのα端子に改造
リモートレリーズ20180831-5271_convert_20180915095132


α7ⅢとEOS5DⅢ、7DⅡのISO別ノイズ表です(Photons to Photoより)
*ノイズの数値が低いほどノイズが少ないセンサーとなります
ISO設定のノイズ比較表20180914-_convert_20180915083034

α7ⅢとEOS5DⅢ、7DⅡのISO別ダイナミックレンジ表
(識別可能な黒から白までの階調の段数:Photons to Photoより)

*縦軸の数値が高いほど階調豊かなセンサーと言えます
ダイナミックレンジの比較表20180914-_convert_20180915083019

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック