今月の見出しの写真はアトリ(山口県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



大授搦の鳥たち
ハマシギたちの群れ
ハマシギ20171109-17_convert_20171110071852

あまりシギ・チドリは好きではない私が、
ここ大授搦に来た目的は、凄い群れのハマシギの飛翔を撮影したくて来ました。

潮が満ちてくると、徐々にシギ・チドリが陸地に近いところに寄ってきます。
この日の満潮は9:30頃。
この日は、動画に専念しようとPanasonic-GH5だけで4Kのビデオ撮りです。
見る見るうちに潮が上がって来て、干潟にいたシギ・チドリの居場所がなくなりました。
数百羽のハマシギ達はものすごいスピードで波打ち際を飛び、
防波堤近くの石組みの上で羽根を休め始めました。
このハマシギが飛ぶ姿を撮りたいと勇んできましたが、
この日は鳥の数も少な目でちょっと残念です。
もっとすごい数になると、現地のカメラマンが言われてました。

動画での撮影のため、三脚撮影の上マニュアルフォーカスではなかなか思ったシーンが撮れません。
その内ハマシギ達は休息に入ってしまいました。
初めての大授搦。
高い位置に陣取り、浪打際だけを撮影すればもっといい飛翔が撮れたかもしれないと反省。

その後、クロツラヘラサギが杭に止まっていると聞き、そちらに移動。
比較的近い距離でビデを撮りができました。
現地の人に聞くと、40数羽がこの辺りに居るらしく、この杭には13羽ものクロツラヘラサギを見ることができました。
車に戻ると、友人のHさんがカササギを見つけ撮影中。
枝被りでしたが、とりあえずビデオ撮り。

半日の撮影でしたが、ロケーションや雰囲気がわかり、また来春にでも挑戦です。
現地でいろいろ教えてくださった地元の方ありがとうございました。

*写真はすべてGH5/YJ19x9B4IRS/4K30P動画にて撮影した切取り画像です

石組みで休息するハマシギたち
ハマシギ20171109-36_convert_20171109111326

ハマシギ
ハマシギ20171109-36_convert_20171109111556

杭で休息するクロツラヘラサギ
クロツラヘラサギ20171109-59_convert_20171109111637

クロツラヘラサギ(幼鳥)
クロツラヘラサギ20171107-59_convert_20171109111621

ミヤコドリ
ミヤコドリ20171109-29_convert_20171109111750

ホウロクシギ
ホウロクシギ20171109-28_convert_20171109200231

カササギ
カササギ20171109-70_convert_20171109111708

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


大授搦の落日
大授搦の落日
大授搦落日20171103-7357_convert_20171107201326

バルーン撮影後、佐賀市東与賀町にある大授搦(だいじゅがらみ)に。
この大授搦は、有明海の北側に位置し、
『水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約』”ラムサール条約”に登録されているところです。

この日の夜は、シチメンソウのライトアップが行われていました。
到着すると、干潟に沈む夕陽が綺麗でした。
そして、落日後のゴールデンアワーの夕焼けも雄大で感動ものでした。
陽が沈み、あたりが暗くなると、道端には東与賀小学校の子供たちが作った手作りの灯篭が灯され、
ランプウエイの道が出来ていました。

夕焼けとシチメンソウ(iPhone7にて撮影)
シチメンソウと20171103-4515_convert_20171107201341

巨大な干潟に広がる夕焼けの空
大授搦夕焼け20171103-7381_convert_20171107201256

シチメンソウのライトアップ
夜のシチメンソウ20171103-7465_convert_20171107205655

シチメンソウを彩る手作りの灯篭と巨人の影
夜のシチメンソウ20171103-7480_convert_20171108073936

テーマ:夜景 - ジャンル:写真


2017佐賀バルーンフェスタ
2017佐賀バルーンフェスタ
佐賀バルーンフェスタ20171103-7039_convert_20171106211738

佐賀バルーンフェスタに行ってきました。
実に5年ぶりの佐賀バルーンフェスタです。

お天気には恵まれ、青空を飛ぶバルーンや川面に写るバルーン撮影も綺麗でした。
しかし、翌日に予定りていた夜間係留(ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン)は、残念ながら強風のため中止。
5年前も強風のため中止でした。
晴れ男にも、風までは効き目がないようです。
又のお楽しみに取っておきましょう。

今回は、”川面に写る熱気球”を何とか撮影することができました。
ものすごいカメラマンの中をかき分け、手を伸ばしライブビュー撮影でシャッターを切りました。
これもデジカメのなせる業。
何とか、フレーミングすることができました。
早朝、ピンクに染まるいわゆる『ビーナスベルト』のグラデーションが綺麗でした。
結局半日の撮影に終わりましたが、楽しい撮影でした。

朝焼けを背景にバルーンが飛ぶ
佐賀バルーンフェスタ20171103-6680_convert_20171106211803

早朝ビーナスベルトに染まる空にバルーンが上がります
佐賀バルーンフェスタ20171103-6653_convert_20171106211824

次々と離陸するバルーン
佐賀バルーンフェスタ20171103-6740_convert_20171106211844

嘉瀬川の川面を色とりどりのバルーンが彩ります
佐賀バルーンフェスタ20171103-6832_convert_20171106211900

川の水際は大勢のカメラマンで埋め尽くされています
佐賀バルーンフェスタ20171103-6721_convert_20171107065245

子供たちに人気のバルーンファンタジア
佐賀バルーンフェスタ20171103-6987_convert_20171106211920

こんなバルーンが実際飛びます
佐賀バルーンフェスタ20171103-7026_convert_20171106212205

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真


冬の使者 ”アトリ”
アトリの群れ
アトリ20171031-3917_convert_20171101083749
11月に入りました。
ハヤブサはいいカットが撮れず終わってしましそうです。

この時期には珍しい台風が過ぎ、日本列島に北風が吹き急に寒くなってきました。
それに伴って、アトリの大群が西日本に飛来しました。
2014年にもこのフールドにすごい数のアトリが入りました。
3年振りで、アトリの大群が飛来してきました。
しばらく楽しめそうです。

秋雨前線停滞のため、お天気が悪い日が続いたせいで遅れていた稲刈りも始まりました。
アトリたちは、稲刈りが終わった田んぼの落穂を食べます。
そこに、ハイタカやハヤブサが突っ込んできます。
少しの物音や、気配で群れは飛び上がりうねりながら田んぼを移動します。
その時の、アトリたちのうねりも綺麗です。


群れになってエサを探します
アトリ20171031-3901_convert_20171101083731

田んぼ近くの電線にびっしり集まったアトリ
アトリ20171031-4030_convert_20171101083807

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ヒヨドリの渡り 恐怖の移動
群れになって渡るヒヨドリたち
ヒヨドリの群れ20171004-1522_convert_20171016114251

今年は、秋雨前線の停滞でお天気が悪い日が続きます。
せっかく楽しみにしていたヒヨドリの渡り撮影ができません。
いい季節なのに残念です。

私が大阪で野鳥撮影していた頃、”ヒヨドリの渡り”を意識したことはなかったです。
しかし、私が山口に転勤したとき、数十羽から数百羽のといった群れで度々ヒヨドリが通過するのを見て、
『ヒヨドリが渡っているんだ。』と、実感したのを思い出します。

ヒヨドリの中には渡らずにその場にとどまり冬を迎えるものもいます。
どうして渡るものと渡らないものがいるのか?
今でも疑問です。

ヒヨドリは、全国各地で見られ、この時期には北海道から本州にも渡ります。
全国各地で西を目指す群れを見ることがあります。
そして、大きな河口や海峡を渡る際、大きな群れとなり渡っていきます。
そこには、天敵であるハヤブサやタカが待ち受けているのです。

そのヒヨドリたち、行くとろ行くところにハヤブサやタカの襲撃を受け、命からがら移動していきます。
中には命を落とす仲間もいます。
それらの犠牲の上に、彼らの”渡り”ができるのです。

撮影していて、時折目の前を必死に逃げ帰るヒヨドリたちが通過していきます。
その時の彼らは、死にもの狂いで通過していきます。
今にも命を落とすかもしれないという、切迫した状況を少しでも写真に残せたらと、撮影に挑んでいます。

行くか?戻るか?彼らの葛藤を感じる一瞬です
ヒヨドリの群れ20171004-5103_convert_20171016114335

ハヤブサに追われ一早く林に逃げ込もうとするヒヨドリたち
ヒヨドリの群れ20171008-2177_convert_20171016114427

林周辺を逃げ惑うヒヨドリたち
ヒヨドリの群れ20171008-2191_convert_20171016114515

この日のヒヨドリはすごい数でした
ヒヨドリの群れ20171008-2127_convert_20171017173302

後方より迫り来るハヤブサに急降下する群れ
ヒヨドリの群れ20171004-1453_convert_20171016114158

飛んでいる横にはハヤブサが狙っています
ヒヨドリの群れ20171008-2425_convert_20171017084533

我先にと必死で対岸を目指すヒヨドリたち
ヒヨドリの群れ20171008-2119_convert_20171017173856

椹野川河口を行くヒヨドリたち
ヒヨドリの群れ20171004-5173_convert_20171017090733

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真