今月の見出しの写真はゲンジボタル(広島県)

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ジュウイチへの給餌
口を大きく開け餌をねだるジュウイチの雛
ジュウイチへの給餌20170630-6691_convert_20170704115826

島根県西部や広島県西部、福岡県、大分県と西日本各地の集中豪雨でたいへんな状況となっています。
未だ、九州各地では予断を許さない状況ですが、被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

まだまだ続くジュウイチの托卵。

育ての親であるコルリ夫婦。
自分より大きな雛に餌をやるときもたいへんです。

巣の中では、雛はしゃがんで給餌してもらうため、
コルリたちも雛の大きなくちばしに苦労せずにエサを押し込みます。
コルリが食べられる!と思うぐらい頭を雛の大きな口の中に入れます。

巣立ちした雛はいろいろなところに止まります。
その際、コルリの体長は14cmに対しジュウイチ32cm(成鳥での大きさ)と、
約2.5倍もの大きさの差があります。

コルリは、地上でエサを採餌するため足が長い体系をしています。
その長い足をいっぱい伸ばし、こんなに首が伸びるの!と思うぐらい首も伸ばし、
大きな雛に給餌する姿は見ていて滑稽(こっけい)に見えました。
究極は、雛の背中に乗って背中側からくちばしの中に餌を押し込むといった給餌です。
話には聞いていましたが、本当にこのような給餌をするとは思ってもみませんでした。

大きな口の奥に頭を入れ給餌するコルリ
ジュウイチへの給餌20170630-7598_convert_20170704214547

首が伸び~るコルリの♂
ジュウイチへの給餌20170630-7532_convert_20170704115615

フライング給餌!!
ジュウイチへの給餌20170630-6442_convert_20170704115532

究極はちょっと失礼って雛の背中に乗って
ジュウイチへの給餌20170630-7311_convert_20170704115706

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ジュウイチの親は?
私がジュウイチの育て親の”コルリ”です
コルリ♂20170630-6303_convert_20170702215148

先日、ジュウイチの雛の巣立ちを記事にしました。
ジュウイチは、カッコウの仲間です。
カッコウの仲間というと”托卵にて子孫の残す”と、ちょっと変わった繁殖行動をしています。
托卵とは、自分では子育てをせず、違う種の鳥に自分が産んだ雛を育ててもらいます。
何故、そのような習性になったかは定かではありませんが、古来より絶滅せずに今に生き残っているということは、
この”托卵”という繁殖行動が上手く子孫を残している証でしょう。

それにしても、育て親のコルリ夫婦は自分が生んだ子供と信じ一生懸命子育てをします。
『あんたは馬鹿か?よほどのお人好しか?見ればわかりそうなもんだろう』と、誰かが言ってました。
鳥は、卵から孵化した雛の鳴き声を覚え、自分の子供と認識し育てます。
ペンギンが、何千羽という集団繁殖地で自分の雛を見分けるのも、
自分の雛の鳴き声を認識していると言われています。
馬鹿やお人好しではなく、それは鳥の持って生まれた本能からくるものなのです。

この巣に産み落とされたコルリの卵はいったいどうなったのでしょう
それは、このジュウイチの雛によってすべての卵は巣から放り出されます。
したがって、この巣にはジュウイチ一羽だけが残ります。
親であるコルリが運んで来るエサを独り占めし、日に日に大きくなれるのです。

ジュウイチは、このコルリやオオルリ、ルリビタキといった青い鳥に托卵します。
それは、それらの鳥の卵の色が青緑色で同じような色合いだからと言われています。
これまで托卵された卵を見たことがありますが、托卵による子育てシーンを撮影するのは初めてです。
しかも、このジュウイチによる托卵を観察撮影していると、
いろいろ興味深い行動も見られ非常に興味が沸く撮影でした。
   

お母さんも当然コルリです
コルリの子育て20170630-7107_convert_20170702215246

コルリのオスによるジュウイチへの給餌
コルリの子育て20170630-6131_convert_20170702215216

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


ジュウイチの巣立ち
はじめまして、僕は”ジュウイチ”といいます
ジュウイチの雛20170630-6347_convert_20170702154850

この日の広島は、昨夜から降り続く雨で各地に大雨洪水警報が発令されていました。
AM3:15、そんな中現地に向かう一人の馬鹿なカメラマン。
それは私のことです。

家を出て、峠越えの坂道を走っていてそれはそれは恐怖を感じる運転でした。
さすがに車の往来は少ないですが、凄い雨で前も見えずやっとセンターラインが見える程度。
これではスピードを出せません。
現地に近づくにつれ、雨は弱くなりましたが止むこともなく、
日の出時間になってもあたりは暗いままでした。

この日は、私がエサ運びを確認した日から数えて18日目です。
正確にはいつから親がエサ運びしたかはわかりません。
ジュウイチの巣立ちは孵化後3週間程度と言われています。
毎日、この日が巣立ちか?今日か?明日か?と、このジュウイチを撮影されるカメラマンは待ちわびたことでしょう。

辺りが少し明るくなってきたとき、遠方より一人のカメラマンが来られました。
雨も小雨になってきたので、私もカメラを出し撮影準備です。
親がせっせとエサを運んできます。
今日のジュウイチ君、少し動きが違います。
巣の周りに足をかけ、体半分は巣から出て給餌を受けます。
時折、フンの始末の際巣から転げ落ちそうになり、親に覆いかぶさるような場面も見られました。
『ひょっとしたら、今日にも巣立つかも?』そんな予感がしました。

AM7:46。
それは、メスに続いてやってきたオスが給餌した直後でした。
ジュウイチ君、巣の左下めがけてぴょこんとジャンプし巣から飛び出しました。
『あっ、出た!巣立ちした!!』
感動ものです。
しかし、私が撮影していた動画を止めたその数秒後のことでした。
その点は残念ですが、まさか本当にこんな場面に立ち会えるとは。
大きいなったとはいえ、まだ飛ぶことができません。
巣から左30cmぐらいの草の中に身を隠しました。
小雨が降る中、草が揺れます。

そうこうしている内、巣立ちしたジュウイチ君は巣から1mぐらい左の斜面を行ったり来たり
全身見える時もあり、手前に突き出した細い枝に乗ったりでサービス満点。
AM8時30分を過ぎたあたりから、カメラマンが一人、また一人と到着され皆さんのシャッターの嵐を受けてました。
がんばれ~!

斜面の下草の中を歩くジュウイチの雛
ジュウイチの雛20170630-6175_convert_20170702154814

親の姿が見えるとすぐに翼角を上げ擬態しながらエサをねだるジュウイチの雛
ジュウイチの雛20170630-6102_convert_20170702154751

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


フィールドで見つけた季節もの
ササユリ
ササユリ20170627-1527_convert_20170628090558

我がフィールドではあちらこちらにササユリが咲いています。
葉や茎が笹に似ているためこのような名前が付けられました。
花は真っ白ではなく淡いピンク色で中には濃いピンクの花や黄色い花もあるそうです。
例年ならこの梅雨の時期、雨の中の撮影ですが今年は雨が少なくいろいろな被写体を見つけることができます。

今年は雨が少なく、困っているのは農家の方々だけではなく、動物界でもこのモリアオガエルもそうでしょう。
最近になり雨が少し降るようになりました。
モリアオガエルが、この時を待ちかねたように産卵した少しの卵塊を見つけました。
卵が孵化するとき雨が降ればいいですが・・・

アザミの花とウラギンヒョウモン
アザミとウラギンヒョウモン20170627-1564_convert_20170628085044

モリアオガエルの卵塊
モリアオガエルの卵塊20170627-1545_convert_20170628085145

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真


カメラが一台増えました!
トランセンドのDrivePro220
ドライブレコーダー20170621-3981_convert_20170622131931

と、言ってもデジタル一眼のカメラではありません。
それは、”ドライブレコーダー”と装置で自動的に走行中の映像を記録するカメラの話です

先日、高速道路走行中のバスに車が飛んできた事故がありました。
その事故を克明に記録していたのがドライブレコーダーでした。
以前から、そのドライブレコーダーを車に付けたいと思っていました。
そのドライブレコーダーが付いていたとしても、事故は防げませんが、
万が一事故になった際、その映像記録が役に立つ場合があります。

先日、コストコに買い物に行った際、トランセンドのドライブレコーダーが売っていました。
最近、360°撮影するものも販売されていますが、我が愛車にはこれで十分です。
この機会にと購入しました。
ネットより安く購入出来ました。

仕様
   カメラ:130°F1.8
   画像センサー:C-MOS・300万画素 
   解像度:FHD(1920x1080/30fps)
   記録フォーマット:H264/MOV形式
   miniSDカード(16GB付属)
   背面LCD:2.4インチカラー液晶
   wi-fi機能あり

早速、取り付けです。
取り付けは、カメラの位置を決め配線を車の内張に埋め込み、シガーライターソケットに差し込むだけ。
以前、車載地デジチューナーを搭載したこともあり、30分ぐらいで取り付けられました。
エンジンキーを回し車の電源が入ると自動的に録画されます。

事故で役立てることがないよう、安全運転に心がけます。
車の前に、珍鳥が!!
と、言うときにも役立つかも・・・

フロントガラスにカメラを取り付けました
ドライブレコーダー20170622-3994_convert_20170622132010

録画中の画面です
ドライブレコーダー20170622-3988_convert_20170622131953




テーマ:写真日記 - ジャンル:写真