今月の見出しの写真はフクロウの雛

プロフィール

FalconHY

Author:FalconHY
広島県在住。
野鳥を中心に自然写真に取り組んでいるブログです。
過去に撮影した写真もおりまぜ、いろいろな話題を紹介しております。
*写真等の無断使用はお断りいたします*



**画像掲示板**

*画像掲示板の入り口*

みなさんの投稿をお待ちしてます



今日は



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



アクセスカウンター



ブログランキング

ブログランキングに参加してます。   ポチって下さい。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



今年最後の桜撮影
光芒が長沢桜に注ぎます
長沢のしだれ桜20170424-1022196_convert_20170427223126

今日で四月も終わりですね。
桜から新緑の季節となります。
しかし、今日は25℃を超える夏のような気候でした。

秋吉台の星空撮影か満開の北広島町芸北地区の桜撮影かずいぶん迷いました。
しかし、そこは初志貫徹。
結果的には、秋吉台の満天の星空撮影➡北広島町桜撮影が大正解でした。

秋吉台の天の川撮影を終え、一路北広島町芸北地区に移動です。
深夜の150KMの移動です。

AM5:00、長沢(ながぞう)のしだれ桜の場所に到着です。
一睡もせず、走ってきましたがまだ眠気を感じません。
早速カメラをセット。
昨年は、日程が合わず撮影しなかった長沢のしだれ桜。
満開のようですが、今年も花付きが悪く少し寂しい姿に見えます。
元気になって頂きたいですが、年を増すごとに衰退を感じます。

到着時の気温は0℃。
時間ともに地表には霜が降り白くなってきました。
気温も0℃を下回ったと思います。
AM6:10、朝陽が老桜を照らします。
風もなく、この感じだと地表の霜は霧となって漂うはずです。
AM6:20、あたりに薄っすらと霧が発生し、朝陽が光芒となって降りそそぎます。
AM6:30、地表からもくもくと立ち上がる霧が老桜を包みます。
こんな光景は、なかなかお目にかかりません。
しかも、その霧は30分近く発生し今季最後の桜撮影に花を添えてくれました。

その後、満開の地久院、益田市の本谷鑪鍛治屋遺跡(ほんだに・たたら・かじや・いせき)と周り、
最後に、橋山・大歳神社です。
もう、ここは盛りを過ぎて鮮やかなしだれ桜の姿はありません。
そこで、気が抜けたか急に眠気を催し、車中でちょっと仮眠。

帰途につこうと車を走らせていた時でした。
虫木トンネルを抜け、安芸太田町の板ケ谷地区の山肌を見ると、
柔らかな新緑の緑と、山桜の美しいピンク色の景色が目に飛び込んできました。
これぞ日本の春、”山萌える”の美しい光景でした。


沸き立つ霧が老桜を包み込む
長沢のしだれ桜20170424-8653_convert_20170427223111

満開の地久院のしだれ桜
地久院のしだれ桜20170424-8701_convert_20170427223218

光り輝く本谷鑪鍛治屋遺跡(ほんだに・たたら・かじや・いせき)の山桜
本谷鑪鍛治屋遺跡の山桜20170424-8780_convert_20170427223156

山萌える
山萌える20170424-8823_convert_20170427223304

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真


天の川銀河
日本のエアーズロック(長者が森/秋吉台)に横たわる天の川
(画像4枚のパノラマ合成です)
秋吉台の天の川20170424-_convert_20170428065035

この秋吉台に訪れた最大の目的は、長者が森から見た天の川銀河の撮影です。
この時期、天の川の中心が昇ってくるのはAM0:00あたりからAM3:30にかけての深夜です。

満天の秋吉台の星空を撮り、天の川の中心が見える時間まで待ちます。
3台のカメラは、すでに配置が終わってタイムラプス撮影を始めました。
残る一台は、撮影場所を自由に動ごき撮影するため手元に置いてあります。
この秋吉台といえど、周りには街明かりの光害が発生します。
しかし、0時を過ぎると街の明かりも消え光害も薄れてきました。
天の川の中心が南東の空からゆっくり昇ってきました。
中心付近に赤く輝く星はさそり座の恒星アンタレスです。
半世紀にわたり思い続けていた秋吉台の天の川銀河です。
今日、ここに実現しました。
付き合っていただいたMさん、そのお友達、そして遅くまでご一緒頂いたH夫妻、
ありがとうございました。
これから夏にかけ、天の川銀河が綺麗に見える季節となります。
また、どこかロケーションのいい場所で、大宴会とロマンチックな夜空の撮影を楽しみましょう。

天の川の中心部
天の川の中心20170424-9840_convert_20170428070203

秋吉台に昇る天の川
秋吉台の天の川20170424-8620_convert_20170428064521

テーマ:星景・星野 - ジャンル:写真


秋吉台星景
長者が森の星景
秋吉台星景20170423-8237_convert_20170425224810

この日は快晴の星空が見れる。
そういう思いで、山口県秋吉台に遠征です。
地元のカメラ仲間と合流し、夜を徹しての撮影です。

この秋吉台にある長者が森は、”山口県のエアーズロック”と呼ばれています。
正確には、山口県で天体撮影されているブロガーさん(天体写真撮影日記
)が名付け親のようですが、私も同感でここに無断で使わせてもらいます。
僕も、この場所でいつか見た”満天の星空の撮影”をと、思っていました。

夜が更けると、南東方向に比較的明るい星が見えてきました。
それは”夜半の明星”と呼ばれる木星でした。
写友のMさんが、丘に立つ一本の木を見つけてくれました。
丘に立つ一本の木。
それを飾るように照らす、光のグラデーション。
そして空には木星が輝きます。
何ともシンプルでメルヘンチックな光景です。

天の川が昇って来る頃、星空を眺めていると流れ星が・・・
しかも、一個や二個どころではありません。
この日は、すごい数の流れ星を見ることができました。
そういえば、23日の0時あたりから”こと座流星群が極大”と言っていたことを思い出しました。
そばにいた写友Hさんは、流れ星が見えると『あっ!ヨンニッパー』としきりに唱えていました。
無情にも、『あっ!』の一言で消えていく流れ星。
一方、横に立つ奥様は『一億円、一億円』と、叫んでいました。
いずれにせよ、星が消えてからでは遅いわ!!

4台のカメラで千数百枚撮影した中で、たった一枚だけ右隅のほうにかろうじてこと座の流星を捉えていました。

丘に立つ一本の木とジュピター
丘に立つ木と木星20170423-8266_convert_20170426081708

こと座流星群
こと座流星群20170424-8506_convert_20170425224748

テーマ:星景・星野 - ジャンル:写真


秋吉台
長者が森
秋吉台長者が森20170423-8121_convert_20170426074022

今回のテーマは山口県にある秋吉台です。

この地を最初に訪れたのは、かれこれ半世紀前。
高校時代、大阪から友人と3人で夏休みを利用しこの地を訪れました。
当時は新幹線もありません。
在来線を乗り継ぎ、バスに揺られここ秋吉台ユースホステルに宿泊しました。
その時見た星空は、それはそれは感激という一言では表現できないぐらいの感動でした。
生まれも育ちも大阪です。
その大阪で見る星空とは、比べ物になりません。
『宇宙にはこんなに星があるのだ』と、我ながら思いました。
”いつかはその感激を写真に”と、兼ねがね思っていましたがなかなかチャンスもなく今日に至りました。

この日は、山口の友人も集まってくれて夜遅くまで撮影に付き合ってくれました。
一人での撮影は、私の性格的に向きません。
わいわい、がやがや、ああでもない、こうでもない、馬鹿話に花が咲きます。
撮影は楽しくなきゃ。

その舞台に選んだのが、ここ”長者が森”なのです。

秋吉台カルストロード
秋吉台カルストロード20170423-8203_convert_20170426073949

ドリーネを這うようにつながるカルストロード
秋吉台20170423-8205_convert_20170426073928

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真


森林ギャップ(Forest Gap)
ぽっかり空いた樹木の空間
辻山のしだれ桜20170413-7820_convert_20170417205153

この写真を見せられた時、
曲線的な樹木とそれを取り囲む直線的な樹木との対比。
そして何とも言えないぽっかり空いたこの空間。
『こんな不思議な景色があるんだ』と、思いました。
このような空間は”Forest Gap”と呼ばれ、巨木により林床に光が届かず、
その周りの樹木が育たず、ぽっかり空いた空間を作りだすのです。
私のフィールドでも結構見かけるのですが、この様な直線と曲線のコラボはなかなかありません。

聞くと、この中心にある樹は樹齢300年の桜という。
しかも、今年は3年振りに花が咲いたとか・・・
これは是非とも行かねばと、撮影に出かけることにしました。

この一帯は昔は田畑で、遠くから山の中腹に咲く桜が見えたと言う。
現在では、その桜を取り囲むように杉が植林され、このような空間を作り出しました。
近くの住民らが長年にわたり大切に見守られた老木です。
そこらにある一本桜のような、幹が太く大きく枝を伸ばしたような見事な桜ではありません。
しかし、何か存在感のある姿を感じました。

この桜、エドヒガンのしだれ桜らしいのですが、
栄養不足なのか花弁は小さく、目立たぬようにひっそりと咲いていました。
しかもこの桜、毎年咲かず今年は3年ぶりの開花とか・・・
”ゆっくり、永~く”の、なかなかの珍桜なのです。

このぽっかり空いた空間に、満天の星をちりばめこの桜を飾るような画になる。
そう思って、暗くなるまで待って撮影に挑みました。

意気込みはよかったのですが、レンズの手振れ防止スイッチの切り忘れがあり、
撮影画像には星がニョロニョロ生き物のように泳いでいました。
初歩的なミスでがっかりです。
これからは、チェックリストと指さし確認が必要と猛反省。

ご一緒頂いた方々、ありがとうございました。
それと、そばを通られたイノシシさん、お庭にお邪魔して申し訳ありませんでした。
びっくりされたことでしょう。
こちらも、びっくりでした。
ちょっぴり怖かった撮影ですが楽しいかったです。

樹木の隙間
辻山のしだれ桜20170413-7791_convert_20170417205123

小さく白いかわいい花が満開です
辻山のしだれ桜20170413-7850_convert_20170418204047

夜空に輝く満天の星をちりばめて(3枚の比較明合成)
辻山のしだれ桜20170413-2_convert_20170417205057

150枚の星グルグル
辻山のしだれ桜20170413-1033317_convert_20170417205222

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真